五老タワー

さて、前回の続きです。
なにしろ、コロナ渦の影響で、ブログにするネタが極端に少なくなっているため、
ひとつのネタを、ふたつに分けてご紹介したいと思います。
当ブログは、最低月に二回はアップしたいと考えていますので、
これで一応、自らに課した規定をクリアしたことになりますね。
(そのぶん、内容が薄くなってなければいいんですが……)
でも、来月三月からは、もう少し、ネタが増やせるんじゃないかと思います。

さて、とりあえず、西舞鶴に戻ってきて、まず行ってみたのが細川藤孝の城です。
もっとも私は、ここ西舞鶴に細川藤孝の居城があったことを知りませんでした。

しかもこの城は、関ヶ原の戦いの前夜、西国にあって東軍についた細川藤孝は、
ここ田辺城で、数のうえではるかに上回る石田三成の軍勢と退治したいいいます。
(この話を、私は詳しく知らず、今回、はじめて学びました)

が、城はなかなか陥ちず、事態は膠着状態になり、ついには、
朝廷の仲介によって、石田方は城の包囲を解いたとのことです。
(息子の忠興は関ヶ原合戦に布陣しましたしね)

田辺城

前回の大河ドラマ『麒麟がくる』でも、細川藤孝については比較的詳細な描写がありました。
ですが、当然のことながら、ドラマは本能寺の変までで終わってしまいますので、
天正十年以後の細川藤孝の動静については、語られません。
司馬遼太郎の『国盗り物語』も、本能寺の変がラストとなるため、
以後、登場人物がどうなったのか、詳しく知ることはできませんでした。
こうして、西舞鶴に来ることで、わずかですが、細川藤孝のその後を知ることができ、
また、籠城戦の現場も見学ができて、感無量です。

城跡は公園に

もっとも、城跡は公園になっていて、平和そのものです。
かつての戦いを偲ばせるものは石垣くらいでしょうか。
園内には資料館もあったのですが、今回はパスしてしまいました。
次回、もし舞鶴に来ることがあったら、見学したいです。

ひゅうが

そのあとは、東舞鶴に行き、赤れんがパークにやってきました。
駐車場がちょっとわかりにくくて、周辺をグルグルしてしまいましたが、
よくよく見れば、ちゃんと道路のうえに看板が出ています。

その駐車場からは、海上自衛隊の艦船を見ることができました。
いまは見学できませんが、通常であれば、自衛隊桟橋と呼ばれる場所から、
間近に、船を見ることができるそうです。

ただ、赤れんがパークの駐車場でも、けっこう近くに船が見られました。
向こうの空母みたいな船は、ひゅうがでしょうか……。
すみません、戦車などの車両なら、すぐ判別できるのですが、
どうにも艦船系はよくわかりません。

明治期の海軍施設

そしてこちらが、赤れんがパークにある、明治期の煉瓦造りの倉庫です。
通常の建物だと、経年劣化すると見栄えが悪くなるかと思いますが、煉瓦造りの建物は、
逆に風合いが出て、独特の美しさが生まれるような気がします。
あたりには、こうした倉庫が林立しており、一部は、
立ち入りができない自衛隊施設内にも及んでいます。

レンガ通り

とはいえ、立ち入りが許されている箇所だけでも、複数の赤煉瓦倉庫があります。
しかも、そのうちの多くが、建物内に入ることができます。
写真の建物は、立ち入りができないものになりますが、こうした建物のほうが、
昔ながらの状態を保っています。
こちらの建物は電柱まで明治期を彷彿とさせるもので、とても風情があります。

このあたりでは、映画の撮影もよく行われているそうです。

明治期のトンネル

ちなみにこちらは、赤れんがパークから十分ほどいったところにある、
明治期のトンネルです。
かつては鉄道のトンネルだったようですが、
いまでは、遊歩道のトンネルとして使われています。
こちらも、赤煉瓦がふんだんに使われた建築で、独特の風情があります。

トンネル内の照明

トンネル内の照明も当時の雰囲気を伝えています。
このオレンジがかった照明の色が、いいですね。
赤煉瓦の壁面に現れる光と陰が、ドラマチックです。

絶好の眺め

そのあとは、東舞鶴と西舞鶴の中間的な場所にある、五老スカイタワーに、
ちょっとだけ行ってみました。
とにかく、もう、すごくお天気がいいので、眺めは最高です。
(もっとも、ちょっとガスがかかっていたような感じでしたが)
眼下にはリアス式海岸が見え、海と空の青が目に痛いほどでした。
行楽客も、多数、訪れていました。

というわけで、舞鶴の名所を見て回りましたが、
目当てにしていた、自衛隊施設、旧海軍の資料館などは、
新型コロナの影響で、のきなみ、見学不可となっていました。
これはとっても残念です。

コロナが完全に収束したら、また、行ってみたいと思っています。
(というわけで、ギリギリになってしまいましたが、この二月も、
なんとか、ふたつ、ネタをアップできました。やれやれ)


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

天橋立周辺

複数の都道府県にまたがって発令されていた、緊急事態宣言も、
どうやら、一部、前倒しで解除になるとの話が出ています。
感染者の数も大きく減ってきましたし、また、日本ではいくらか遅れそうな雲行きですが、
各種のワクチンについても、世界各地で、接種が進んでいるようです。
新型コロナウイルスするとの戦いも、丸一年以上が経過し、
いま、新しい局面を迎えそうな感じですね。
それにしても、そのワクチン接種が、いつ、できるのか、
そのあたりが、まだまだ不透明な感じです。

さて、そんな今日この頃ですが、先日、好天に誘われて、
舞鶴市まで足を伸ばしてみました。
というのも、この二月は、雪が降ることが多かったものの、
晴れる日もまた、比較的あったのでないかと思います。
(なにしろ、年が明けてから、ほとんど出かけていませんでしたし……)

この舞鶴には、以前、シベリア抑留者の資料館を訪ねて、一度、
行ったことがあるのですが、今回は、2回目の舞鶴訪問となります。
とはいえ、このご時世ですから、人との接触をできるだけ避けるかたちで、
行ってみました。

舞鶴というと、なんとなく、とても遠い気がしてしまうのですが、
実際には、さほどに遠距離でもないという感じです。
直線にしたら、100キロと少しというところでしょうか。
前回の舞鶴訪問ではわからなかったのですが、
この街は、西舞鶴と東舞鶴のふたつから成り立っているようです。
しかも、そのふたつは、山に隔てられていて、まるで別の街のような感じがしました。
福井県に近いせいか、なんだか北陸のようなイメージです。

というわけで、さっそく、舞鶴周辺を散策してみます。
今回の出動車はヨメのプジョー。まずは宮津というところに向かってみます。

長い鉄橋

その道中、このようなとても長い鉄橋がありました。
由良川橋梁という名前らしいです。
鉄道マニアの方だったら、きっとその名を知っていらしゃるんじゃないかと思います。
この日は、とにかく天気がよかったので、列車が通ったりしたら、
とてもいい写真が撮れたんじゃないかと思います。

天橋立を遠くに眺め

こちらは道の途中にあるショッピングセンターから撮ったものです。
ショッピングセンターといっても、道の駅と併設されていて、館内には、
周囲の景観が楽しめる展望デッキがありました。
ここからは、遠く天橋立が垣間見えます。
でも、目を凝らしてみないと、ちょっとわかりませんでした。

そして、ふたたび車に乗ることおよそ15分。
ついに天橋立へとやってきました。
駐車場の料金はまちまちで、天橋立に近い場所は1000円、
遠い場所は300円となっていました。
ただ、このときは、思いのほか雪が多く、入るのがたいへんそうな駐車場も、
ちらほらしており、結局、民家の前にある500円の駐車場にプジョーを入れることに。
(無人の駐車場に勝手に止めて、傍のボックスにお金を入れるというシステムでした)

雪と泥道

で、さっそく、天橋立に向かってみたのですが……。
道はドロドロな感じで、すぐに靴の中に水が侵入してきました。
これはかなりツラい感じです。

雪の砂浜

でも、真っ青な空と海、白い雪が積もった砂浜はとても綺麗でした。
とはいえ、あまりにドロドログシャグシャなので、対岸まで行くことなく、
早々に引き返してきました。
以前、四月に長野県の戸隠神社に行ったさいも、かなりの雪道だったのですが、
戸隠の場合はガッツリとした踏み固められ雪道だったので踏破もできましたが、
今回はあまりに水っぽいので、断念しました。

知恩寺

そのかわりといっては語弊がありますが、近くの知恩寺に参拝してきました。
なんだか閑散としている印象がありますが、観光客の姿は、ちらほらとありました。
それでも、通常に比べれば、きっとかなり少ないんじゃないかと思います。

参道の猫

こちらの参道には、なぜかじっとして動かない猫がいました。
どれだけ参拝客が来ても、この位置を完全にキープしています。
なかなか根性があるというか、堂々としていますね。
しかも、かわいいです。

その後は、海沿いの道の眺めのいい場所で、
ときどき車を止めたりしつつ、ふたたび舞鶴方面に戻ってみましたが、
そのときの模様は、また、次回、詳しくご紹介したいと思います。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
電子辞書液晶画面

緊急事態宣言もまだ発出されている最中で、
人のいないところに出かけようにも、もはや近場ではネタも出し尽くした感があって、
ブログのネタにもホントに困っています。
しかも、模型製作の類も最近はまったく行なっておらず、
インドア系のネタにも事欠く有様です。
そんなわけで今回は、先日、実家から持ってきた、電子辞書のことでも、
ちょっと書こうかなって思っています。
(なにしろ、あまりにネタがないので)

この電子辞書、カシオのEX-wordというもので、亡くなった父の持ち物でした。
母親は使わないというので、先日、実家からこちらに持ってきました。
なので、いつ、生産されたものなのか、また、価格がどの程度のものであったのか、
よくわかりません。
ネットで調べても、生産年などがいまひとつよくわかりませんでしたが、
おそらく、4〜5年くらい前の製品なのでしょうか。
もっとも、さらに根気よく調べれば、判明したかもしれませんが、そこまで、
忍耐が持ちませんでした。

しかも、どうやら、この液晶画面に、付属のタッチペンを使わず、
ボールペンを当てて使っていたようで、
画面にはボールペンの粘性インクがあちこちについていて、
汚いことこのうえない……。
しかも、このボールペンのインクって、落とすのがたいへんです。
こちらもまた、ネットで調べたところ、
なんでも、消毒用アルコールで拭き取れるのだそうです。
消毒用アルコールといったら、いま、どこの家庭にもあるものですよね。
というわけで、さっそく、アルコールを使って液晶画面を拭いたら……。
すごい!。きれいに落ちました。
ボールペンのインクって、アルコールで落とせるんですね。

閉じた状態

電源は単三乾電池です。
最近の製品でも乾電池電源なのでしょうか。
それとも、このモデルがちょっと古いのでしょうか。
いずれにしても、使用については乾電池でもなにも問題はありません。
日々使っても、パネルの色にはなんの変化もありません。

検索画面

電子辞書というと、単に辞書として使えるだけなのかなと思っていたのですが、
古い機種と思われるにもかかわらず、思いのほか多機能です。
まず、国語系の辞書だけで、7つくらい入っていました。
もっとも、頻繁に使うのは、広辞苑ばかりですが。
古語辞典や、ことわざ辞典、などが入っています。
なのですが、いまひとつ、調べている言葉がうまく出せません。
使い方がよくわっていないということもありますが。

辞書表示画面

英語辞書、英会話などについても、さまざまな辞書、辞典が入っていますが、
こちらも、ぜんぜん使うことはない感じです。

百貨辞典なども入っています。
ただ、ネットで調べたほうが、情報としてはたくさん出るかもしれません。
ほかにも、里山の昆虫とか、里山の野鳥とか、歴史大辞典、家庭の医学、
日本の名城百選、なんてものまで入っています。

いずれも、ネットが普及している今、電子辞書がどれくらい価値があるか、
なんともいえないところはあるのですが、
(ただ、新モデルが、各メーカーから、いまも、さまざまに発売されているところを見ると、
意外と、電子辞書の需要はあるものなのだと改めて感じました)
私の場合、なにかをメモしていて、漢字が思い出せない時、書けない時に、
この電子辞書をとても重宝しています。

ペン収納部

ネットなどで見ると、高校生など、学生さんに需要があるようですね。
まあ、私が高校生の頃など、紙の辞書しかなく、重くて重くて、
引くのが大変でした。
そういう意味では、電子辞書って、引くのも簡単ですし、軽いですから、
ほんとうに便利ですね。

タッチペン

ちなみに、この電子辞書、いまだに使い方がよくわかっていないので、
正しい使用法をマスターしたら、もっと、いろいろな使い道が出てくるかもしれません。
写真のタッチペンもいまだ一度も使ったことがありません。

取説もなんとか発見できましたので、今後は、もう少し、
勉強してみようかと思っています。

それにしても、来月は、どこかに出かけたいです。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

さぼう遊学館より

年が明けてすでに2週間以上を過ぎましたが、以前にも増して、
新型コロナウイルスが猛威を振るっています。
岐阜県を含む各地に緊急事態宣言が発出されていますが、
昨年春の同宣言時とは違って、大きな緊張感、危機感はないように思います。
コロナ、コロナと、一年以上も言われ続けてきて、
誰も彼も、さすがに、ちょっと疲れてきたのではないでしょうか。
いずれにしても、おそらく、今年も、ずっとコロナの話題がついて回るのかな、
という思いがしています。
オリンピックの開催も、はたしてどうなることやら、という感じですね。

さて、そんな状況にあるため、お出かけもままならないわけですが、
かといって、ただ、じっと家にいるということも、また難しいかと思います。
というわけで、先週末の日曜、県を跨がないように、なおかつ、
人のいないところを探して、出かけてみました。

もっとも、皆さん同じことを考えるようなので、人のいないところに行くというは、
なかなか難しいものですが、そんななか、ここならだいじょうぶだろうと思って選んだのは、
岐阜県海津市にある『さぼう遊学館』という施設です。
この施設は、土砂災害の危険性や、避難の方法などについて解説したもので、
海津市の砂防堰堤が整備された一帯に、建設されています。
さぼう遊学館は、コロナの影響で休刊していたと言いますが、昨年の六月から、
ふたたび見学可能となっています。

というわけで、不安定なお天気のなか、
ヨメのプジョーで、海津市のさぼう遊学館にいってみました。
我が家からは一時間と少しという距離でしょうか……。
かなりの近場です。

さぼう遊学館駐車場

なにしろ、土砂災害に関する展示施設なので、
見学客は、誰もいないんじゃないかと思っていましたが、さにあらず、
駐車場には、何台か車が止まっていました。
といっても、その数は、わずかなんですけど……。

もっとも、この駐車場は、公園と共有になっているようなので、
止まっている車に乗っていた人たちが、すべて、
さぼう遊学館に見学に行ったわけではないのかもしれませんが……。

岩と川

さぼう遊学県に行く途中に、川がありました。
なにしろ、周辺は、砂防対策を取った地域ということもあってか、
小さな川でも、きれいに整備されています。

さぼう遊学館エントラス

そしてこちらが、さぼう遊学館の建物です。
非常に重厚な、しかも、テーマに対して、規模が大きいと感じました。
(このときだけ、わずかに青空が顔を出してくれました)

館内に入ると、まず、感染対策として、住所氏名をプリントに記さなければなりません。
最近は、この方式がどこでもとられているようですね。
昨年の緊急事態宣言後に行った、一乗谷の歴史資料館も、同様のシステムを採っていました。

美しい室内

館内もとってもきれいです。
しかも、ほんとうに人もまばらで、まさに、密を避けるお出かけスポットとして、
最適なのではないかと思います。

展示風景

こちらが、館内展示の様子です。
外観の重厚さに比べると、屋内の展示は、う~ん、ちょっと展示が淡白な感じでしょうか。
基本の展示は、このようなパネルのものだけで、しかも、詳しい解説は、
意外と少ないという印象を受けました。

建物はとても立派なので、展示も、たとえば、もっと、
ジオラマ展示を行うとか、工夫できそうな気もします。
それに、もっと詳細な科学データの紹介、実際の危険な地形、
土石流発生のメカニズムなどの解説も、もっとほしかったところです。

立体映像

館内では、土石流災害の恐ろしさを伝える映像も流されていました。
この映像は立体で、専用の3Dメガネをかけて鑑賞します。
(3Dメガネは、受付に申請して借りることになっています)

私が子供の頃、赤と青のセロハンを貼った立体メガネで、
映画を見るというのがありましたが、
(話がめっちゃ古いですね)
立体に見えたという記憶がありません。
この3Dメガネはサングラス状になっていて、ちゃんと立体に見えますね。

模型展示

また、ジオラマ展示がないわけではありません。
模型を使った海津市の砂防施設の紹介は、行われていました。
ですが、解説用の模型は、この一点のみでした。

広々とした公園

というわけで、展示をじっくり見学した後は、近くの公園へ。
こちらは、とても広い公園となっていて、しかも、川にはまったく水がありませんでした。
この川は、大雨が降った時にだけ、水が流れるようになっているのかもしれません。

それにしても、密を避けられるすばらしい場所。
というか、ちょっとさみしいですね。

木のアーチ

こうした、木のアーチが続く遊歩道もありました。
春になったら、もっときれいなのかもしれません。

水のない川

こちらは、川の真ん中と思しき場所です。
とても広い川なのですが、ご覧の通り、水の流れはまったくありません。
水たまりもなく、長期間にわたって、干上がっているように見えます。

大雨の時だけ、水を流すようになっているのかもしれません。
上流側には、いくつもの砂防ダムが設けてありました。

……と、ここまできたところで、ポツリポツリと雨が降ってきました。
というわけで、ここからは駆け足で、まずさぼう遊学館まで戻り、いったん、
雨宿りをしました。

が、雨は、さほどの降りではないものの、やむ気配もなく、
結局、車に戻ることにしました。

関ヶ原に寄って

そのあとは、関ヶ原に新設された『関ヶ原古戦場記念館』に行ってみました。
もっとも、こちらは、現在、コロナ対策ということで、
入場は予約制であると聞いています。
すでに時刻は夕方でしたし、とりあえず、外観とショップだけを見学してきました。

○ 関ヶ原古戦場記念館の情報はコチラヘ ~

記念館は思ったより大規模です。
しかも、ショップも、各武将の旗指物のミニチュアがあったりと、
みているだけで、楽しかったです。
関ヶ原とまったく関係がないのですが、風林火山の旗指物があったり、
明智光秀のコーナーがあったりと、いろいろ盛り沢山でした。

次回は、予約を入れて、記念館を見学したいものです。

というわけで、コロナ禍の雨の日曜を、満喫してきました。
今後も、とにかく、人のいないところを探して、出掛けたいと思います。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

天空とMINI

2020年は、いまさらいうまでもなく、新型コロナに明け暮れた一年でした。
年明けからまずクルーズ船乗客の感染拡大にはじまり、その後の緊急事態宣言、
オリンピック中止、などなど、もうこのニュース一色でした。
全世界的な領域で同一のニュースが席巻するなど、いままで経験がないことかと思います。
それにしても、2019年の年末は、翌年がまさかこんなことになるなんて、
まったく思いもしませんでしたね。
(そんなわけで、今年は忘年会もありません)
おそらく、この新型コロナの蔓延は、来年も収束することなく続くかと思われます。
もしかすると、来年一年で収束することもないのかもしれません。
いずれにしても、かなりの長期戦になるだろうと思われます。
私たち市井の人間にとっては、マスクをつけ、人との接触を避け、手洗いを励行する、
ぐらいしか、防衛策はありませんが、それでも、気を緩めず、
感染対策をしていきたいものです。

さて、そんな今年一年でしたが、今回も恒例の、一年の振り返りを行ってみたいと思います。
なにしろ、今年は、コロナのせいなのか、ものすごく一年が早かったです。
しかも、仕事については、昨年から売上が下がっていましたが、
今年はもうガタガタ状態になってしまい、かつてこのブログで、
忙しい、忙しい、と頻繁に書いていたことが、まるで嘘のような状況になってしまいました。
そんな極めて厳しい一年でしたが、おかげさまで、大病することもなく、
無事、過ごすことができました。
還暦近い歳になると、なにより健康が大切ですから、災厄に見舞われた年とはいえ、
その点については、まあ、よかったかなと思っています。

天守閣

まず一月ですが、近場でありながら、なかなか行けなかった、
愛知県犬山市の国宝犬山城に行ってきました。
この当時、中国の武漢で新型ウイルスが発生したとの報道があったかと思いますが、
まだ、さほどの危機感はなく、犬山市内もいつものように多くの観光客で賑わっていました。
マスクをした人もほとんどいなかったのではないかと思います。
とはいえ、コロナの影は、この時期からじわりと忍び寄っていたかと思います。

モザイクタイルミュージアムを側面から

二月になると、いよいよコロナウイルスの脅威を間近に感じるようになりました。
多治見市のモザイクタイルミュージアムに行った時には、すでに、
コロナ関連の報道が多くなり、マスクをするなどの自己防衛措置を、
多くの人が取るようになっていました。

絶好の好天

そして三月、緊急事態宣言が出される前、夫婦で二泊三日の越前旅行に行ってきました。
が、このときはもう、コロナ危機が叫ばれている頃で、
行った先のホテルはガラガラ状態。
でも、ホテル内のカラオケボックスはすぐとれましたし、また、
宿泊客が少ないにも関わらず、ホテルではイルミネーションが行われるなど、
今思い出すと、とても楽しい旅行になりました。

が、お出かけの投稿もここまで。
緊急事態宣言が出され、あとはひたすら家に引きこもるようになりました。
当ブログも、お出かけネタは影を潜め、
プラモデルと本の話題ばかり書いていたように思います。

復元町並

というわけで、緊急事態宣言が解除された後、もう、ほんとうにひさしぶりに、
MINIでドライブに行ったりもしました。
行き先は福井県の一乗谷朝倉遺跡です。
折しも今年の大河ドラマでは、ここ一乗谷の登場場面が多く、
そのせいか、多くの見物客で賑わっていました。
資料館にも足を運んでみましたが、クラスターが発生した場合に迅速に連絡ができるように、
入場者は住所と電話番号を用紙に記入するようになっていました。
ちょっとお出かけをしても、常に感染対策がついてまわるようになりました。

久しぶりのMINI

このコロナのせいもあって、今年は、ほんとうにMINIに乗れませんでした。
来年になったら、もう少しドライブしたいなあ、などと思っていますが、
年が明けても、急に感染が収まるわけではないでしょうし、
先行きは不透明ですね。
(ただ、たまのドライブでも、MINIは調子よく走っています)

いずれにしも、今年は、ブログに書くネタにも本当に困ってしまって、
読んだ本のネタなんかがとても多かったと思います。
(年が明けても、この傾向は続きそうな感じですね)

本堂3

夏には、岐阜県関市にある古刹「日龍峰寺」に行ったりもしました。
といっても、すごく近場です。
今年は、たとえ出かけたとしても、目的地は近距離ばかりでした。
とはいえ、近場にも、思わぬ発見があったりしました。
それにしても、夏の出来事が、ついこのあいだのことのようで……。

冒頭でも述べましたが、今年一年はヤバイほど、時の流れが早く感じられました。
というわけで、あっという間の一年でしたが、来年は少しでも良い年になればと、
願わずにはいられません。

みなさまも、良いお年をお迎えください。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking