館内展示室

4月24日の日曜はあいにくの雨となってしまいました。
こんな日は、ドライブに出かけても、気持ちが晴れません。
というわけで、どこかの屋内施設に行ってみようということになり、
かねてから見学してみたいと思っていた、
岐阜県美濃加茂市にある工作機械メーカー「マザック」の博物館に行ってみました。

岐阜県美濃加茂市は、ここ岐阜市の東にある人口10万ほどの都市です。
マザックの本社は愛知県大口町にあるとのことですが、美濃加茂市の郊外には、
巨大な工場があり、旋盤やマシニングセンタ、レーザー加工機といった、
工作機械を生産しています。

もともと工作機械にも興味がありましたし、なにせ美濃加茂は距離的にも近く、
こんな雨の日を楽しく過ごすためには、こうした企業博物館は、絶好の施設です。

構造物はこれだけ

というわけで、ヨメのプジョーで走ること一時間弱、
ヤマザキマザック工作機械博物館に到着しました。
もっとも、広大な敷地は駐車場ばかりで、建物が見当たりません。
あるのは、ガラス製のピラミッド型建造物と、商談用の建物くらいです。
ですが、このピラミッド型の建物の地下に、広大な施設が入っています。
なんだかちょっと、ルーブル美術館っぽい感じがしないこともないですが……。

入り口で検温や手の消毒を済ませたあと、受付で入場料を支払い、
エレベーターで地下3階に降ります。
JAFの会員証があれば、一人100円割引となりますので、会員証をお持ちの方は、
提示するとお得になります。
館内は基本的にどこでも撮影オーケーですが、地下2階のみ、不可とのことでした。
施設はまだ新しく、とても清潔な感じがしました。

最初の部屋

エレベーターを降りると、順路に沿って、
工作機械について説明するパネルが展示してある部屋に、まず入ります。
そのあと、展示スペースへと移ります。

地下3階入り口部分

ここには、工作機械によって製造される製品のミニチュアが展示されていました。
なんと、ウクライナのICM製の1/24T型フォードが展示されていました。
現場にいた説明の担当者の方も、これ、ウクライナのプラモデルです、と、
おっしゃっていました。
ええ、もちろん、知ってますとも。

初期の旋盤

エントランスとも言えるこのミニチュアコーナーを抜けると、
工作機械の歴史を紹介するコーナーになります。
旋盤の原型となる工具の発明は、なんと、紀元前になります。
いくつかの木製のパーツを組み合わせ、それに紐をかけて引くことで、
回転力を与え、パーツを削るというものです。
もちろん、金属の加工などはできませんが、木の加工はこれでも可能なようですし、
原理としては、現在の旋盤と同じかと思います。
古代エジプトの壁画にも、こうした旋盤が描かれているとのことです。
人類の歴史とは、任意の形にモノを作るというところから、出発したともいえるようです。

以後、精密な金属加工が行えるようになると、工作機械も飛躍的な進歩を遂げ、
それがまた、さらに精密な金属加工を可能にするという状態になっていきます。
こうして、科学技術は、加速度的に進むことになるわけですね。

D51

館内でまず人目をひくのが、この蒸気機関車D51です。
昭和15年製造と言いますから、アジア・太平洋戦争のはじまる一年前、
ヨーロッパではすでに第二次世界大戦が始まっていた時代になります。
蒸気機関車を間近で見る機会は久しぶりだったのですが、思いのほか巨大で、
驚きます。

D51運転席

説明をしてくださるスタッフの方とともに機関車の運転席に乗り込みます。
機関車と後続の客車のブレーキ、線路に砂を落とすレバー、など、ひととおり、
運転の方法を教わりました。

機関車の速度はおおよそ時速80キロ程度だったと言います。
もちろん、走行中は常に後方の石炭車から石炭を炉にくべなくてはならないので、
給炭係はかなりの重労働だったと思われます。
なんにしても、このレトロ感はたまらないですね。
すべてのパーツは、昭和15年当時のものだそうです。
金色に見えるパーツは真鍮製で、少し赤みがかって見えるパイプ類は銅製です。
この機関車は汽笛を鳴らすこともできました。
運転席のクラッチペダルのようなペダルを踏むと、汽笛がなります。

往復型の工作機械

こちらは、バイト(金属を切除する硬質の金具)を、往復運動させることによって、
より高速の金属切除加工を可能としたフライス盤です。
ベルトが二種のプーリーの間を移動することで、逆回転を可能にしています。
写真ではモーターが後方についていますが、実際には、蒸気機関等の別の動力を、
ベルトを介して得て、作動するようになっています。
往復運動ができる機械は画期的発明だったそうです。

人力旋盤

こちらは、足踏み式の旋盤です。ミシンにも似たレトロな形状です。
プーリーが段付きになっているのは、速度を変速させるための機構です。

プーリー変速装置

こちらも、画面向かって左側にあるシルバーの段付きの円筒がプーリーです。
あっ、ところで、いまさらですが、
ヤマザキマザック工作機械博物館のサイトは、以下をご覧ください。

○ ヤマザキマザック工作機械博物館のサイトはコチラ。 ~

昔の工場風景

こちらは、昔の向上を再現したセットです。
複数の工作機械は、ひとつの動力源から、天井部分にあるプーリーとベルトを介して、
作動するようになっています。

歯車を作る旋盤

こちらは、ギアを製造するための特殊な旋盤です。
だんだんと、複雑な機械になっていきますね。

輸入工作機械

精密工作機械は、昭和に入っても輸入に頼っていました。
日本は戦前、戦中にかけて、多くの航空機、またエンジンなどを作りましたが、
それらは、こうした輸入工作機械によって製造されていたのです。
とくに航空機のエンジンを作るための海外製工作機械は、とても大切にされたそうです。
しかし、そうした状態では、経済をされたら、軍需産業はただちに立ち行かなくなります。
日本は、脆弱な工業体制のままで、対米英戦争に突入したことになりますね。

T型フォード

工作機械を使って作られた製品の代表格として、自動車は展示されていました。
こちらは大ヒット商品であるT型フォードです。
けっこう大きいな、という印象です。
見たところ、前輪にブレーキはないようで、前照灯も、電気ではなく、
ガス灯方式だったそうです。
前照灯を点けるためのガス発生装置が助手席のあたりにあるのですが、
カーバイトのような、ガスを発生させる鉱石を使っていたのではないかとのことでした。

手前にデファレンシャルギアが展示されていますが、
この当時のT型フォードには、デフは搭載されていなかったのではないか、とのことでした。
(一見すると、デフがあるように見えるのですが、
デフを搭載するには、ギアボックスが小さすぎるとのことでした)
でも、デフがないと、カーブを回るのがかなりたいへんな気がするのですが。

テキサン

また、飛行機も展示されていました。テキサンです。
たしか、映画トラ・トラ・トラで、零戦に仕立てられていた期待ですね。
キャノピーのあたりが、零戦に似ていなくもないのですが、零戦ほど、
美しくないような気もします。

時計用旋盤

こちらは時計用の旋盤などの工具です。
こういう工具なども見ているとおもしろいですね。

大型の工作機械

ちなみに、戦後になっても、工作機械は輸入が多かったようです。
とくに歯車を正確に研磨するような機械となると、海外製品の独擅場だったようです。
そんななか、日本製品も品質をどんどん上げ、ついには海外に輸出できるようなるまで、
成長しました。

大型の工作機械

こちらは最新の工作機械で作られた製品群です。
非常に複雑な形状を自動で製作できるまでになりました。

続いて順路に従って地下二階の展示室に上がります。
こちらは撮影禁止なので写真がありませんが、工場のラインを見ることができました。
また、工作機械を製造する過程のビデオ映像が上映されていました。

ヤマザキマザック工作機械館

こうして、ヤマザキマザック博物館を堪能してきました。
スタッフの方に、とても詳細な説明をいただきましたので、思いのほか、
時間がかかりましたが、そのぶん、とても勉強になりましたし、楽しかったです。

そのあと、近くのお菓子工場直売店に行き、ワッフルなどを買って帰ってきました。
終日雨の日曜でしたが、とても有意義に過ごすことができました。

今後も、企業博物館にぜひ行ってみたいと思います。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

俺のロボ展フライヤー表面

先月も当ブログでご紹介をさせていただいた、ゆけ!! 俺のロボ展 : 〜ジパング編〜 が、
いよいよ10月1日より、東京渋谷の東急ハンズで開催されます。
本来であれば、昨年2020年に開催予定でしたが、新型コロナウイルス蔓延のため、
一年間延期となり、この秋、満を持しての開催となりました。

なにしろ、私もロボ好きですので、前回に引き続き、
こうしたエキシビションに参加させていただけるのは、
ほんとうにもう、たいへん光栄の至りです。

ゆけ!! 俺のロボ展 : 〜ジパング編〜 : 開催決定!!
10月1日から10月27日まで、渋谷東急ハンズで開催!!

● 会場:東急ハンズ渋谷店 7F 元ハンズカフェフロア
● 会期:2021年(令和3年)10月1日(金)~27日(水)

GO!! MY ROBOT EXHIBITION VOL.4
RETRO AND MODERN IMAGENED THE FUTURE

なにしろ、今回のテーマはジパングということで、なにかしら、日本にちなんだロボ、
というかたちで、総勢21名のクリエイターの作品が展示されることとなります。

前回同様、平面作品、立体作品、ともに展示され、また、販売も行われます。
すでに、東急ハンズ渋谷店のサイトでも、告知がされておりますので、
そちらもまた、ご覧いただけると、さいわいに存じます。

○ ゆけ!! 俺のロボ展 : 〜ジパング編〜 の情報はコチラ。東急ハンズ渋谷店 ~

この告知を見ているだけで、もうワクワクしてきますね。
ただコロナウイルス感染を防ぐために、グッズエリアの入場制限を行なっています。
デジタル入場券の配布が行われるそうなので、くわしくは、上記サイトを、ぜひ、
ご覧いただければと思っています。

俺のロボ展フライヤー裏面

フライヤーも完成し、また、会場では、ガイドブックの販売もされるそうですので、
興味をお持ちの方は、ぜひ、会場で、手に取っていただけたらと思っております。

私は遠方ゆえ、在廊等はできませんが、できるだけ多くの方に、
見ていただけたらと思っております。
コロナ禍のなか、こうしてロボ展が開催できることを、出品者のひとりとして、
とてもうれしく思っています。
(ちなみに、作品は、宅急便さんにて、すでにお送りしました)

詳細な情報は、当ブログで、追ってお知らせしたいと思いますので、
ぜひ、ご期待ください。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

モザイクタイルミュージアムを側面から

新型コロナウイルスの脅威が間近に迫っていることもあって、
ここのところ、人の多いところに出かけることに、ちょっとためらいを感じてしまいます。
とはいっても、天気のいい休日に家でじっとしているのは、なんとももったいないです。
そんなわけで、先々週の日曜 (9日)、
岐阜県多治見市にある『モザイクタイルミュージアム』という施設に行ってみました。
ここならば、それほどひどく混雑しているわけでもなさそうですし、
かといって、人気がなく寂しいという感じでもないようです。
同じ岐阜県内ゆえ、距離的にもさほど遠くありません。
ふだんなら、家から近すぎて、ちょっと物足りなく感じるのですが、
遠出をするとスタッドレスタイヤをひどく消耗してしまう今の時期は、
近場を選んでおいたほうがよさそうです。
県内にあるモザイクタイルミュージアムは、そんな冬場のお出かけのスポットとして、
最適かもしれません。

岐阜県多治見市といえば、日本一暑い街として、全国に名を馳せています。
今年も御多分に洩れず猛暑になるでしょうから、おそらく、夏場になれば、
一度や二度は、マスコミで取り上げられるのではないかと思います。
そんな多治見の観光スポットといえば、虎渓山永保寺、と、多治見修道院くらいでしょうか。
観光できる場所が多い街とはいえないようです。
ですが、四年前、多治見市の笠原町(旧土岐郡笠原町)というところに、
モザイクタイルを展示した博物館が造られ、
地域の新たな観光名所となっているというのです。

○ モザイクタイルミュージアムの情報はコチラヘどうぞ ~

なにしろ、建物のデザインが、とても目を引きます。
この建物を見るだけでも、ちょっと行ってみる価値がありそうな気がしてしまいます。
しかも、先にも述べましたように、このモザイクタイルミュージアムは比較的近場。
ここ岐阜市からは車で一時間半くらい走れば行くことができます。
お出かけにはいつも片道二時間以上のドライブをしていた私達からすると、
このくらいの所要時間であれば、かなりの近場といっていい感じです。
というわけで、絶好の好天に恵まれたこの日、いつものように遅がけに出かけました。

プジョーに乗って

今回もまた、出動者はヨメのプジョーです。
駐車場は思いのほか混んでいて、やっと駐められたという感じでした。

モザイクタイルミュージアム外観

そして、建物を間近に臨むことに……。
山の稜線のような曲線を描くこの建物は、やはりとても印象的です。

公民館

ミュージアムは、多治見市笠原町公民館に隣接しています。
駐車場はこの公民館と共用になっているようで、そのため、
公民館でイベントなどがあると、駐車はかなりしづらくなるようです。
この日も公民館でなんらかの催しがあったようで、車が止めづらかったようです。

入り口

建物の玄関は、すり鉢状になったいちばん下の部分にあります。
建物の規模に比べて、入口も、窓も、極めて小さく、このアンバランスな状態が、
デザイン上のおもしろさともなっています。

玄関を入ると、まずは受付があり、その向かって左手には、
タイルをメインに扱ったショップがあります。
このショップだけの利用であれば、料金はかかりません。
(ですが、ショップ利用の場合でも、受付だけはしておかなくてはなりません)
当初はショップだけの利用といって建物内に入り、のちに、上階を見学したい、
ということになっても、受付では対応してくれますので、
まずはショップを見学してみるのが、よいかと思います。
実際、私たちも、当初は、ショップ見学ということで無料入場し、そのあと、
入場料を支払って、上階に行ってみました。

階段を登って

見学の順路は、まず最上階に行き、そのあと、順に下の階へ下がって行くかたちになります。
こちらは、最上階に行く階段です。
仄暗い照明で、ピラミッドの通路を思わせるような雰囲気になっています。

切り取られた空

最上階 (4階) はワンフロアのみの広い部屋で、空を丸く切り取った開口部があります。
最初、この開口部にはガラスが嵌まっているのかと思いましたが、
そうしたものはなく、完全に穴状態になっていました。
天気がよかったので、青空が見えて、気持ちよかったです。

モザイク壁画

また、ここには、さまざまなモザイク画が展示されていました。
なんとなく、銭湯みたいな感じで、懐かしい雰囲気ですね。

3階展示室

続いて三階を見学です。
こちらのフロアでは、タイルの製造方法などの展示がありました。
また『世界のモザイク 今』という、企画展も行われていました。
この企画展は、海外の作家の作品も多数展示した、見応えのあるものでした。

なつかしいガラスケース

また、タイルを多用した懐かしいショーケースの展示もありました。
実際に使われていたものだそうで、私などは、子供の頃を思い出してしまいます。

二階展示室

こちらは二階展示室です。
とはいっても、こちらは、単なる企業ショールームで、
展示品と呼べるようなものはまったくありません。
ここは無料ゾーンでもいいのではないかと、ふと思ってしまいました。

とはいいつつも、モザイクタイルミュージアムを、思いっきり堪能してきました。
とにかく、建物のデザインがユニークで、それだけでも見応えがあります。
また、岐阜や名古屋に住んでいる方にとっては、
日帰りのお出かけスポットとして、ちょうどいい場所だと思います。

こうして、帰路についたのですが、あまりに天気がいいので、
そのまま家に帰るのはなんだかもったいないということになり、
ちょっとだけ寄り道してみることにしました。

絶好の好天

こちらは、河川環境楽園という公園です。
写真で見ると人がぜんぜんいないように見えますが、こちらは公園の最奥エリアなので、
人が少ないだけで、実際には、家族づれなど、かなりの人でありました。
(でも、時節柄、人混みは避けたいので、この最奥エリアにきてしまいました)

河川環境楽園

それにしても、雲ひとつない絶好の好天。
こんな日は、もっと遠くに出かけてもいいのかも、などと、
思ってしまいました。
(でも、どこかに行くとしても、やっぱり、人混みは避けたいですが……)


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

俺のロボ展2019ガイドブック

気がつけば12月。しかもクリスマスも過ぎてしまいました。
2019年ももう終わりですね。
毎年、いつも思うことですが、時が過ぎるのはほんとうに早いものです。
今年は、11月に父が亡くなったりと、年の後半はほんとうにたいへんで、
そのために、ブログに書くネタについても、ほとんどなくなってしまい、
以後は更新もあまりできませんでした。
ですが、今月の21日に、ようやく四十九日法要も無事終えることができ、
いまは、一段落がついたというか、気持ちのうえでも、少し落ち着きがでてきました。
(もっとも、これから先もいろいろとたいへんだとは思うのですが)

そんな事情なので、土日は飛騨高山の実家に帰っていることが多く、
お出かけなどもほとんどできませんでしたが、年が明けたら、折を見て、
MINIでどこかに行ってみたいと思っています。

というわけで、今回は、去る11月に行われた、
ゆけ¡¡ 俺のロボ展 レトロフューチャー編の作品を掲載したガイドブックについて、
ご紹介したいと思います。

ガイドブック表面

なんだかんだで結局見に行くことができなかた本企画展ですが、
このガイドブックのおかげで、参加されたみなさんの作品を拝見することができました。
ほんとうに力作ぞろいで、しかも、立体作家さんがとても多いので、
私のような平面作品を手掛ける作家は、少しインパクトが薄くなってしまうように思います。

もっとも、私も、模型好き、プラモ好き、ですので、立体作品には心惹かれますし、
プラ板工作やパテ盛りなどは大いに経験していますので、いつかは、
立体作品に挑戦したいなあ、などとも、思っています。

立体作品

それにしても、みなさんの作品にかける熱量というのは、ほんとうにすごいもので、
このガイドブックをはじめて見たときは、たいへんな衝撃を受けました。

これだけのオブジェクトを作るのに、いったいどれだけの時間と手間がかかるのでしょうか……。
こうして緻密に作られているからこそ、じっくり見ているうちにも新たな発見が次々とあり、
作品世界に引き込まれていきます。
やっぱり、立体は楽しいですね。

平面作品

こちらは、私と同じ平面作品を手がけていらっしゃる方の作品です。
夕焼けの色や逆光状態の陰影のつけ方、また構図も素晴らしく、思わず見入ってしまいます。

立体作品

こちらも立体作品です。
作者の方は著名な作家さんで、クオリティもものすごく高いです。
しかも細部のきめ細かな仕上がりなど、メカ好きにはたまらないものがあります。
実物をぜひ、拝見したかったです。

私の作品

ちなみにこちらは私の作品ですが、ちょっと色が浅めというか、明るく印刷されていました。
(濃くダークなほうが、私の好みなのですが)

バリエーション

ガイドブック用に製作した補助作品についても、掲載していただきました。
3Dだと、アングルを変更したり一部のパーツを外したりすることが容易にできるので、
こうしたバリエーション作品を作るときには、極めて都合がいいです。

とにかく作品点数が多いので、このブログではすべて紹介しきれないのですが、
ほんとうに、とても見ごたえのあるガイドブックに仕上がっています。
こうしたガイドブックは、過去二回の『俺のロボ展』でも発行されていますが、
今回のものが、ボリューム的には、段違いに増えている印象です。

さて、話は変わりますが、
先月の終わりの好天の日に、少しだけですが、
久しぶりにMINIを走らせてみました。
(なにしろ、ここのところ、ぜんぜんMINIに乗れてないですから……)

MINIで走ってみた

この日は美濃加茂アピタに買い物に行き、そのあとで、
清流里山公園にちょっと寄ってみました。
この公園は、かつては有料でしたが、現在では無料で入園できます。
ポカポカ陽気で家族連れなどでたいへん賑わっていました。
MINIも快調で楽しいドラブでしたが、遠乗りには程遠く、
ちょっと物足りない気持ちもありました。

年が明けたら、今度こそ、遠乗りしたいですね。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

俺のロボ展フライヤー表面

気がつけば11月ももう終わりです。今年もあと一ヶ月を残すのみとなりました。
いつも思うことですが、月日が経つのはほんとうに早いものです。
ついこのまえ、2019年になったばかりのように思ったんですけどネ。

というわけで、渋谷東急ハンズB2Cフロアで開催されていた、
『ゆけ!! 俺のロボ展2019 レトロフューチャー編』が、昨日11月29日をもって、
無事、好評のうちに終了となりました。
本来であれば、私も会場に行って、現場の雰囲気や、来場者の様子、
また、差し支えがなければ、みなさんの力作などを、
このブログにアップしたいところでしたが、
前回も申しましたように、今月は、父が突然、亡くなったために、
もはや、上京するなど、夢のまた夢といった状態になってしまいました。
(一時は、展示作品の納品も、危ぶまれたほどです)
なにしろ父は、高齢になったとはいえ、
健康面においては、血圧が少し高いほかは、とくに問題をかかえていなかったですから、
突然の事態に、もう驚くやら戸惑うやらで、ほんとうに、たいへんでした。
もっとも、このあともなにかとやっかいで面倒な事柄がずいぶんありそうですので、
先が思いやられる感じです。
(とりあえず、いまは、無事四十九日法要を済ませなければと思っています)

まあとにかく、こんな状況の11月でしたので、お出かけやドライブも、
当然のことですが、まったくできるはずもなく、ゆえに、ブログに書くようなネタも、
まったくない状態です。
しいていえば、先月の末に、MINIの車検があったことが、
俺ロボ展の話題を除く、ここ最近の唯一の話題だといえるかもしれません。
ただ、これも先月のことなんで、いまさらアップにするのはさすがに気が引けますよね。

いずれにしましても、今回は、予期しない突発的な緊急事態の余波により、
ブログ記事も、ごくごく短い、しかも、
ほとんど内容のない、いささかさみしい記事投稿となってしまいましたが、
いまはしだいに日常を取り戻していますので、
来月からは、また、今までと変わりなく、写真を交えて、
記事をアップできるかなと思っています。

ちなみに、今回の『ゆけ!! 俺のロボ展 レトロフューチャー展』は、
渋谷東急ハンズでの展示は終了しましたが、来年2020年に、巡回展が予定されています。
そちらについても、また本ブログにて、詳細をお伝えしていきたいと思いますので、
今回、会場に足を運ぶことができなかった方は、
ぜひ、次の機会に、ご高覧いただければと思っております。

今後も当ブログ『K'sBAR』をよろしくお願いいたします。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking