三式戦 飛燕

さて、ちょっと前の話になってしまいますが、今月の4日に、
岐阜県各務原市にある、航空宇宙博物館に見学に行ってきました。
今回は、その時の模様などを、いくつか写真を交えて、紹介したいと思います。
4日の日曜は、あいにくの雨になってしまい、お出かけをするには不向きな日でした。
ですが、こんな日こそ、屋内施設に出かけてみよう、ということで、
急遽、航空宇宙博物館への見学を思い立ちました。
なにしろ、この博物館では、旧陸軍の戦闘機、三式戦『飛燕』の実機展示が行われており、
私も、この機体を見学に行きたいと思いつつも、なかなかその機会がなかったのですが、
この雨の日曜日に、満を持して出かけてみることにしました。

とはいっても、ここ岐阜市から、各務原市まではとても近く、
クルマであれば、およそ三十分くらいで着いてしまいます。
もっとも、この近さゆえに『いつでも行けるから』という思いがあって、
いままで、見学をする機会がなかったといえるかもしれません。

ただ、この日も、午前中はほかのことをしていたりと、ちょっとバタバタしていて、
結局、お昼ご飯を食べてから、各務原に出かけることになりました。
ところが、途中、渋滞に引っかかるなどして、思いのほか、
現地到着までに、時間がかかってしまいました。
(国道21号線は、いつも混み合ってしまうものなのですが……)

目的地の各務原航空宇宙博物館に着いたのは、すでに午後二時過ぎ。
予定よりもちょっと遅くなりましたが、さっそくチケットを買って入場してみました。
館内は、とても多くの人で賑わっていました。
この施設の人気はとても高いようです。

じつは私は、十年以上前、この各務原航空宇宙博物館には、一度、来たことがあります。
ですが、その当時といまとでは、展示の仕方などが大きく変わっているようでした。

サルムソン2A2

こちらは、サルムソン2A2という偵察機だとのことです。
実機ではなく、復元された模型とのことですが、この機体は、かつて、
この博物館を訪れたさいにも、見学した覚えがあります。
クラシックな複葉機は、味わいがありますね。

ライトフライヤー

そのうえには、ライト兄弟が飛行に成功させたという、
ライトフライヤーが展示されていました。
ただ、天井から吊るすかたちでの展示ですので、細部を間近で見ることはできません。
展示スペースが限られているので、こうした吊るし型展示も、
やむを得ないところではありますが、できれば間近でディティールを見たいものです。

飛燕展示室

そして、次の展示室に進むと、そこにはすでに飛燕の勇姿が……。
その姿が目に飛び込んでくると、なんともいえないオーラのようなものを感じました。

胴体

機体は無塗装状態です。なので、撮影すると、モノクロ写真のような、
色彩を欠いた不思議な印象になりました。

私は、飛行機のことは詳しくないのですが、
この機体のフォルムは、やはり、ドイツ空軍のメッサーシュミットMe109に、
とてもよく似ていると思います。
とくに、エンジンの排気管の位置や、キャノピーのあたりは、
非常に類似しているのではないかと思います。
もっとも、この機体のエンジンは、メッサーシュミットと同様、
液冷V型エンジンを逆さにして搭載していますので、
どうしても、形状において、メッサーとの類似が出てしまうのかもしれません。
(イタリアのマッキも、似ていますよね)
ただ、メッサーの脚の折りたたみ方式と、飛燕の折りたたみ方式は逆になっており、
また、機体下端のラジエーターの空気取り入れ口も、メッサーと違って、
大きく張り出しており、このあたりは、この機の独自性のようなものを、
感じさせるかと思います。

機首部分

こちらは機首部アップ。鋲の位置などがよくわかります。
また、主脚格納庫はライトアップされていました。

キャノピー部分

キャノピー部は、一部、最近になって改修されたところなどもあるようです。
しかし、機体の多くの部分は、当時作られたオリジナルのようです。

上方から

施設には階段であがる中二階部分もあって、
優美な機体を上部からも見学できるようになっています。

倒立V型エンジン

こちらが、飛燕に搭載されていた、液冷のV型エンジンです。
逆さに搭載(倒立)されるので、カムカバーがしたにきています。

それにしても、なぜ、このように、逆さ状態でエンジンを搭載したのか。
そのあたりを、館内にいた職員の方に聞いたのですが、
このように、逆さ状態にすることによって、エンジン上部に、
機銃の銃座を取り付けることができるという利点があり、
また、機体の下方からエンジンの整備ができる利点もあったといいます。
しかも、被弾にさいしても、メリットがあったといいます。

さらに、張り出してしまうカムカバー部分がしたにくることで、
コクピットからの視界を確保するという利点、
加えて、排気管がしたにくるため、仮にオイルなどが漏れても、
キャノピーを汚す可能性が低くなるという利点までもあったといいます。

そうした点を考えると、倒立によるエンジン搭載は、いいことづくめのように、
思われていまします。

ただ、液冷エンジンは、当時の日本の技術力では、生産も整備も、
難しかったようで、機体の稼働率という面において、思惑通りにはいかなかったところも、
あったようです。

また、エンジンの生産は思うようにはかどらず、一方で機体だけは、
計画通り生産が進んでしまい、一部の飛燕の機体は、
空冷エンジンを積んだ『五式戦』として、生産されることになりました。

ちなみに、この飛燕を含む戦闘機には、
木製の増槽(予備燃料タンク)が搭載されていたといいますが、
その生産の多くは、私の出身地である、飛騨高山で多くが生産されたといいます。
実際、私も、高山で木製の増槽を作っていたという話は、子供の頃に聞いたことがあり、
木工製品の製造を得意とした高山らしいエピソードといれるかもしれません。

その増槽の実物の展示もされていたのですが、
職員の方とのお話に夢中になってしまって、撮影するのを忘れてしまいました。
残念です。

計器板

また、こうした計器類の展示や、飛燕に付随する展示も多くなされていました。

水上機

次の展示ブースは、大型の格納庫となっており、たくさんの機体が集められていました。
こちらは、大型の水上機のようですが、名称はわかりません。
こんな機体があったんですね。

F-104

こちらは、最後の有人戦闘機と呼ばれた、ロッキードF-104です。
すでに退役して久しい戦闘機ですが、いま見ても、直線的なフォルムはかっこいいですね。
また、機体のあちこちに書かれた注意書きも、メカ感をより高めているような、
そんな気がします。

T-2

こちらは、自衛隊の練習機T-2だったかな。
以前、浜松の航空自衛隊の基地で、コクピットに乗せてもらった機体かと思います。

飛鳥

STOL実験機の飛鳥の実機も展示してありました。
多大な研究費を投じて開発されたにもかかわらず、STOL機の需要がなくなり、
実験機の一機のみの生産で終わったという機体です。

P-51用エンジン

こちらは、アメリカ軍のP-51ムスタングなどに搭載されたという、
液冷エンジンです。こちらは、飛燕と違って、倒立にはされず、
カムカバーが上部にきています。
なんとなく、このほうが、見ていて安心しますね。

宇宙服

この時期は、宇宙関係の展示も広くされていました。
小惑星探査機のはやぶさや、宇宙実験室の展示などもありました。

というわけで、館内の見学を一通り終えて、そのあとは、屋外の展示物を、
見てみることにしました。

YS-11

こちらは、YS-11です。
ただ、屋外展示ですので、機体のコンディションは、
あまりよいものとは言えないようでした。

こうして、雨の日曜は、飛燕をはじめとする航空機見学で終わりました。
なかなかに有意義な一日でした。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

冬の大坂城

前回、当ブログで、大阪のギャラリースプーンさんで、
この年末に開催された企画展『絶滅動物展』のご紹介をさせていただきましたが、
今月の18日に、私も、遅まきながら、
参加されたみなさまの展示作品を見学するため、大阪まで行ってきました。

大阪へ行くのはちょうど二年ぶり…。
この二年前の大阪行きのときも、今回と同様、スプーンさんで行われた企画展の見学と、
(このときの企画展は、爬虫類をテーマにしたものでした)
会期のはじめに開かれたオープニングパーティー出席のためでした。

もっとも、今回の大阪への旅は、
泊まりではなく、日帰りということになってしまいました。
せっかく大阪まで出向くのであれば、観光も兼ねて、
ぜひとも泊まりがけで行きたかったのですが、年末のこの時期、
お仕事のうえで、成り行きを見守らなければならないものがいくつかあり、
泊まりがけというのは、ちょっとできない状況でした。
そんなわけで、不本意ながら、一日だけの大阪行きとなりました。

また、今回は、大阪へ行くルートも、前回とは変えてみました。
前回は、ここ岐阜市から、クルマで岐阜羽島というところまで行き、
そこから、新幹線に乗って大阪まで向かいましたが、
(岐阜羽島は新幹線の駅がある街なのです)
ですが今回は、在来線を使って大阪まで行ってみることにしました。

なにしろ、ヤフー路線検索で見てみると、在来線を使ったとしても、
それほど多大な時間がかかるわけではないようですし、
こうした新しい路線を使ってみることにも、少し興味があり、
今回は、この方法での大阪行きを決意しました。

もっとも、時間のない日帰りだからこそ、道中の時間を惜しんで、
新幹線で行くべきでは、とも考えましたが、そうしたところで、
やはり日帰りでは、どうせたいした観光はできないだろうと思い、
お楽しみはまた次回にとっておいて、とりあえず今回は、
在来線で行くのが、妥当かとも考えました。

というわけで、まず、岐阜市の隣の大垣市まで、ヨメの車で送ってもらい、
そこから、米原行きの電車に乗り、米原からは、姫路行きの快速に乗り換えます。
乗り換えの必要があるということから、待ち時間をとられそうな気がしますが、
乗る便をうまく選べば、双方の列車の連絡は、とてもスムーズです。
というわけで、難なく大阪まで行くことができました。

大阪駅到着

大阪はやっぱり大都会ですね。
もともと田舎者ですので、大きな街にくると、気持ちも高まります。
というわけで、大阪の御堂筋周辺で昼食をとり、
その後は、天満橋にあるギャラリースプーンさんへ向かおうとしました。
が、天満橋に着いたところで、ちょっとだけ大阪城に立ち寄ってみることにしました。

なにしろこの日は絶好の好天。
抜けるような青空がとても気持ちよく、
散歩がてら、街を歩きたくなってしまいました。

大坂城へ

そんな日和のせいか、平日といえども、たくさんの観光客があたりを散策していました。
とはいえ、聞こえてくるのは外国の言葉ばかりで、
日本人の観光客は、ほんのわずかといった感じでした。

私の出身地である飛騨高山もそうですが、
ここのところ、外国人の観光客が、とても多くなりました。
それは、どこの地域でも変わりはないようです。

天守

そしてこちらが、大阪城の姿です。
もっとも、時間がなかったので、城の中には入らずそのまま素通り。
城の近くには、無料ボランティアガイドさんの詰所があり、
初老と思われるガイドさんがふたりほどいましたので、
できれば、ガイドをお願いしたいところでしたが、これも今回は断念しました。
う~ん、残念です。

そうはいっても、このまま帰るのはさすがに名残惜しいので、
城の裏手にある、豊臣秀頼、淀殿、自刃の地へといってきました。

秀頼自刃の地

あたりには多数の観光客がいるにもかかわらず、
この場所に近づく人たちはおらず、ひっそりとしていました。
ですがそれがかえって、この場所にはふさわしい気がします。

この裏手の場所から城を見上げると、ふと、
大坂夏の陣で焼け落ちる大坂城を想像してしまいます。
炎に包まれる大坂城を草葉の陰から見た秀吉は、どんな思いだったでしょうか…。

そんなわけで、ひととき、豊臣政権の末路に想いを馳せつつも、
すぐにこの場をあとにして、今回の目的地である、ギャラリースプーンさんに向かいました。
ギャラリースプーンさんは、イラストレーションのマネジメント業などをされている、
株式会社スプーンさんが運営しており、私も、常日頃からお世話になっています。
というわけで、まずはスプーンさんにご挨拶をさせていただき、
それから、隣接するギャラリーを見学させていただきました。

今回は、在廊していた作家さんの方と、いろいろとお話をさせていただいたり、
また、おりしも、会場を訪れた立体作品の作家さんの方とも、
お話をさせていただきました。
私は、同業者の方のお知り合いがあまりおらず、こうして、
さまざまな作家さんとお話をさせていただけることは、
とても貴重で、有意義な時間を過ごすことができました。
(企画展 絶滅動物展は、12月21日に、好評のうちに幕を閉じました)

ちなみにこのとき、会場にカメラをもっていっておらず、
写真を撮影することはできませんでした。
ですが、今回、この場で、私の作品をご紹介したいと思います。

今回の作品

今回は新作が製作できず、過去作の出品となってしまい、
ちょっと不本意なこととなってしまいましたが、時間が許す限り、
わずかですが、手を加えています。

まず、レンダリング方法をパスとレーシングにし、
ライティングをイメージベースドライティング(IBL)方式に切り替えています。
この方法を使うと、よりリアルで、やわらかな陰影がつけられます。
ですが、このモデルに関しては、それほど大きな効果は出ませんでした。

その後は、マルチパスレンダリングにより得られた、
形状ID画像から選択範囲をつくり、ボディの錆などを、Photoshopで、
描き入れています。

とはいっても、マンモス自体は古いモデリングデータで、
現時点からみれば、とても稚拙なモデリングがされています。
すべての形状は自由曲面で作られていて、開口部は擬似ブーリアンを使っています。
いまだったら、オールポリゴンでモデリングし、擬似ブーリアンなど、
使わないのですが…。

次回、同様の機会があれば、今度こそ新作を作りたい、と、
強く思っています。

その後は、大阪の街を少しブラブラと歩いてみました。

中央公民館

こちらは、大阪の中央公民館で、たまたま行われていた、
プロジェクションマッピングのようすです。
テレビなどでは、プロジェクションマッピングを見る機会は多数あるものの、
実際に見物するのは今回がはじめてで、とても興味深かったです。

しかも、そこかしこにお店がでていたり、また、観客席が設けられていたりと、
クリスマスも近いことも手伝って、とても多くの人で賑わっていました。

イルミネーションロード

こちらはイルミネーションの通りです。
夜の闇が深まるとともに、イルミネーションの輝きは増していき、
見物客の数も多くなっていきました。

光のトンネル

こちらは、中華風の提灯がぶらさがった光のトンネルです。
幻想的な雰囲気で、気分も盛り上がります。

というわけで、短い時間でしたが、大阪の街を楽しんできました。
次回はぜひ泊まりがけで出かけたいものです。
また、スプーンさんには、今年も、たいへんお世話になりました。
ありがとうございました。
この場を借りて、厚く御礼申し上げます。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking


ギャラリースプーン 絶滅動物展

今月 (2017年12月) の4日から、大阪のギャラリースプーンさんで、
グループ企画展『Extinct Animalss - 絶滅動物展』が開催されています。
夏にも、同じギャラリースプーンさんで『Deep Sea Creatures - 深海生物展』が開かれ、
私も参加をさせていただきましたが、今回の企画展開催の折りにも、ひきつづき、
お声をかけていただきました。

今回は、私を含む24人の作家、クリエイターの方々が、
さまざまな切り口で、絶滅生物をモチーフに作品を製作しています。
その範囲は、平面作品にとどまらず、立体作品などもあり、
バラエティに富んでいるとのことです。

じつは、もっと早く、この企画展のご紹介を、当ブログでしようと思っていたのですが、
以前の記事でも申し上げたように、この秋から冬にかけて、とても忙しく、
なかなかブログを書けずにいました。
というわけで、企画展はすでにはじまってしまっており、
ちょっと『いまさら』感はありますが、ようやく、こちらでご紹介することとなりました。

会期は4日から今月21日までです。もちろん入場は無料です。
開催時間は午前11時から午後7時までとなっています。
ただ、会期中の土日は、休廊となっていますので、
おでかけのさいは、くれぐれもご注意ください。

ギャラリーの場所 (大阪・天満橋) 等、詳しい情報はコチラです。
○ 大阪 天満橋 - ギャラリースプーン

じつは、同様の企画展は、一昨年の年末から始まっており、今回は4回目となります。
今回もまた、多くのクリエイターのみなさまとごいっしょさせていただき、
とても光栄に思っています。

絶滅動物展 DM宛名面

と、いいつつ、私は、いそがしさのあまり、
今回の企画展用の新作を製作することができず、過去作の出典となってしまいました。
新たな作品を作ることができなかったことは、大変無念でしたが、
幸か不幸か、過去作のなかから、テーマに合いそうな作品があり、
(当ブログのイメージ画像にも使われているマンモスを使った作品です)
やむなく、そちらを出展することとなりました。

今回の作品は3Dによるもので、しかも、十年近く前のものです。
もし新作が製作できたなら、3Dは使わず、
夏の企画展出展作品と同じように、2Dによる作品を出したいと考えていました。

企画展出展作品

こちらが夏の企画展のさいの私の出展作品です。
エンピツと、CLIP STUDIO PAINTを使って書いてみました。
今回も同じ方法で作品作りをしたいと考えていたのですが、
それもかなわず、しかも、マンモスのモデリングデータはとても古いもので、
当時の私の技術も稚拙であり、なんともお恥ずかしいというか、
忸怩たる思いがあります。

このマンモスを作った時期は、Shade3Dも、
まだポリゴンモデリング機能が弱く、
モデリングはもっぱら自由曲面に頼らざるをえませんでした。

が、この自由曲面というのは、じつに不自由なものであり、
しかも、すぐにシワがよるなど、扱いやすいものでありません。
私としては、不自由曲面と勝手に呼んでいるほどです。
Shade3Dを開発している側でも、それがわかっているのか、
バージョンアップを繰り返しても、自由曲面に関する使い勝手は進化はせず、
新しい機能も加えられないままで、
その一方で、ポリゴン機能の充実ばかりがはかられているように思います。

最新のShade3D ver.17では、NURVS曲線が使えるようになったとのことで、
(私はまだパージョンアップしていないのですが、年内には行なう予定です)
そうなると、自由曲面の出番はますます少なくなり、
自由曲面ソフトとしてのShade3Dの価値は、さらにあやふやになるように思います。

絶滅生物展出展作品

すみません、話がちょっと脱線してしまいましたが、
いずれにしても、マンモスは、自由曲面によって作られており、
しかも、開口部などは、疑似ブーリアンを使うなどしているため、
開口部のエッジは美しいものでありません。
こんな作り方をしていたんだなあ、などと思うばかりです。

とはいえ、古い作品をそのまま出すわけにもいかず、今回は、
レンダリングや画像処理については、新たに行なってみました。
まず、レンダリング方法を、通常のレイトレーシングから、IBLレンダリングに変えて、
再レンダリングしました。

ですが、レンダリング方法を変えても、古いモデリングデータは、
見違えるほどは変わらなかったようです。
そのうえで、さらに、画像処理を加えたりするなどして、完成させました。

いずれにしても、作品については、ギャラリースプーンさんで、
直接、ご覧になる方もいらっしゃると思いますし、私としても、
そちらをお進めいたしたいところですので、このブログでの紹介は、
作品の一部部分だけにして、全景のご紹介は、もう少しあとにしたいと思います。

私自身も、いま抱えているお仕事が一段落したら、
一度、大阪まで出向きたいと思っています。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking


甲賀市でのMINI

今年の7月に、奈良へ小旅行に行ってきたと当ブログにも書きましたが、
おりしもこのとき、興福寺で行われている『阿修羅-天平乾漆群像展』は、
春と秋の展示期間のあいだの休会時期にあたっており、
残念ながら、阿修羅像を見ることができませんでした。

そんなわけで、リベンジ…というわけではないのですが、
今月のはじめに、阿修羅像を見学するために、
ふたたび、泊まりがけで奈良へと行ってきました。

前回はヨメのプジョーで奈良まで行きましたが、今回は、
私のMINIで奈良まで行ってみることにしました。
なにしろMINIは、オイル交換もしたばかりで、しかも、
夏の暑い時期はあまり乗ることもできなかったため、
MINIでの奈良行きは、いわば当然の成り行きといった感じでした。

ところが、9月末までさわやかな晴天に恵まれていたのに、
10月に入ってからは、ちょっとお天気が微妙な状態に…。
ですが、まあ、雨は降らないということで、予定通り、
ヨメとともにMINIに乗って出発しました。

今回、岐阜から奈良へ行くルートは、
前回とはまったく違うものにしてみました。
前回は三重県側から奈良県に至るルートを使いましたが、
今回は、まず国道21号線に乗って、西の滋賀県彦根市を目指し、
そこから国道306号線に乗り換えて南を目指してみました。
途中、国道307号線へと入り、信楽、滋賀県甲賀市を目指します。
その後も、そのまま国道307号線をひた走り、
京田辺市で国道24号線へとスイッチし、奈良市へと入る、というものです。

雲がちな空模様でしたが、やはり雨になることはなく、
しかも、道路も渋滞などはなく、比較的スムーズに奈良へと入ることができました。

奈良駅タイムズビエラ駐車場

ホテルには、宿泊客専用のタワーパーキングがあるのですが、
こちらにMINIを入れると、マフラーの触媒が床に接触しそうなので、
ホテルすぐそばの自走式駐車場を利用することにしました。
この駐車場は、高架化された駅のプラットホームの真下に作られており、
仮に雨になったとしても、クルマが濡れることはありません。
これは旧車乗りにとってはありがたいことです。

この日はすでに時間も夕方となっており、そのままホテルにチェックインし、
その後は、奈良の街をぶらぶらとしたりして、夕食をとることにしました。

そしていよいよ阿修羅像見学に出掛けるその日、天気は崩れ、
朝から本格的な雨になってしまいました。
これにはちょっとがっかりです。
まあ、MINIは雨に濡れていませんが…。

というわけで、気を取り直して、徒歩で出発。
いざ阿修羅見学へ、と、気持ちもはやるところですが、
まずは前回見ていなかった東大寺二月堂へと行ってみることにしました。

二月堂に向かうには、まず東大寺へと行き、そこから目指すのが、
一般的のルートかもしれません。
ですが、前回東大寺に行ったとき、
奈良名物の鹿たちが、そこかしこでフンをしていて、
それを避けて歩くことに難儀したため、今回は東大寺の裏(北側)を通って、
二月堂へと行ってみることにしました。

二月堂への道

雨といえども、休日の奈良は観光客がとてもたくさんいましたが、
このルートは、まったくといっていいほど人影もなく、それなのに、
写真のように美しく落ち着いた景観で、しかも、懸念した鹿のフンもなく、
こちらを選んで正解でした。

あいにくの空模様ですが、この景色に、雨は似合うように思います。

二月堂

そして二月堂に到着。
ここでも人影はまばらでしたが、しばらくすると、
大量の外国人観光客が入ってきました。

ここで、大和茶の茶粥をいただき、
(その茶粥の写真を撮り忘れてしまいました。残念です)
次に行ったのは正倉院です。

正倉院

こちらも、前回の奈良旅行では訪れることがなかった場所です。
ただ、この先へは行くことができませんでした。

いざ阿修羅像を見学に

というわけで、いよいよ、興福寺へと向かった見ることにしました。
さすがに、興福寺へ行くと、大勢の観光客がいました。
うえの写真では人がまばらに見えるかもしれませんが、実際には、
そんなことはなかったです。
なかでも、修学旅行生の姿を、多数見かけました。

興福寺仮講堂

そして、チケットを買って、興福寺仮講堂へ。
館内の撮影はもちろん許可されていませんので、
写真のご紹介ができるのは、この仮講堂の姿までです。
たいへん申し訳ありません。

仮講堂に足を踏み入れると、
赤みを帯びたスポットライトに照らされた、
二十体を超える仏像 (乾漆仏) と、向き合うこととなります。

まず、手前 (東側) に展示されているのが、金剛力士像です。
口を開けているこの像は、阿形(あぎょう)と呼ばれるそうです。
造形は極めてリアルで、大胸筋、三角筋、腹直筋などの、
各筋肉がはっきりと見て取れます。
それだけでなく、履いている袴状の衣類には、
強い風を示す流れるシワが表現されています。

中世から江戸時代に至る日本の絵画は、シンプルな線で対象を捉え、
ときにディフォルメも加えつつ描く、といったスタイルが多いように思いますが、
この金剛力士像は、正確に筋の隆起の描写がなされています。
憤怒の表情には、たしかに誇張的なディフォルメがありますが、
それらも、顔面の筋の動きに沿った理にかなったものとなっています。

荒々しさのなかに繊細さがあり、また、
長い時間を経てまとったのであろう体表の質感が、
像の重厚さをさらに増大させているようにも思います。
最初の展示物であるこの像で、すでに圧倒されてしまう思いでした。

次は舎利弗(しゃりほつ)像、富楼那(ふるな)像、羅睺羅(らごら)像といった、
釈迦の弟子たちの像が展示されています。
金剛力士像とは対照的に、どの像もみなおだやかな表情で、
しかも、少年のような若々しさも感じます。

その次は、畢婆迦羅(ひばから)像といった、
甲冑を身に着けているかのような像が展示されています。

さらに次は、展示物の中央となる巨大な阿弥陀如来像が鎮座しています。
両脇には梵天像、帝釈天像が配置されています。

阿修羅展リーフレット表面

その左隣に、今回の目的であった阿修羅像が置かれています。
阿修羅とは、インド神話に登場する戦いの神だそうで、
本来であれば、激しい怒りの表情をした三つの顔を持つものだそうです。
ですが、この阿修羅像は、おだやかで知的であり、
少年のような年若い顔となっています。
また、身体は細く繊細で、六つある腕に至っては、
戦いの神とはほど遠い華奢なものです。
表情は内省的で、それでいて、目には強い力が宿っているようです。
閉じた口は、ほんのわずかにゆがめられおり、
見ようによっては、微笑みのようにも、静かな怒りのようにも、
どちらにも受け取れるように思います

腕は二本を対にして同じ動作をとっており、
その不思議なフォルムは、万能感を放ち、
どれだけ眺めても見飽きないものでもあります。

この像は、いまから1300年も昔に作られてものだそうです。
興福寺は何度も火災に見舞われてきたといいますが、これらの仏像は、
内部が空洞となっているため、持ち運びが容易で、そのために、
焼失を免れてきたのだといいます。

人の命ははかないもので、寿命が延びた現在となっても、
100年も生きればたいへんな長寿でしょう。
ですが、阿修羅像は、1300年ものあいだ、この国の歴史とともに生き、
また、多くの人々の目に触れてきたのです。
そしていまから1000年の後にも、いまと変わらず、生きながらえていることでしょう。
仏像とは、永遠の命を持っているのではないか…。
そう思うと、なにかしら不思議な気持ちにもなりました。

阿修羅展リーフレット裏面

阿修羅の隣には、
五部浄(ごぶじょう)、迦楼羅(かるら)、緊那羅(きんなら)の各像があり、
さらにその隣には、
須菩提(すぼだい)、目犍連(もっけんれん)、迦旃延(かせんねん)といった、
釈迦の弟子たちの像が、配置してあります。

そして最後は、金剛力士像があります。こちらは口を閉じた、
吽形(うんぎょう)と呼ばれる像です。

しばしのあいだ、これらの像と向き合い、その造形美に酔いしれるとともに、
静謐で敬虔な心持ちにもなってきました。
奈良まで来た甲斐があったというものです。

興福寺到着

というわけで、このあとのことは、また次回、ご紹介したいと思います。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

ユーモラスなビースト

三重県津市にある三重県立美術館で、7月15日から9月18日まで開かれていた、
企画展『テオ・ヤンセン展』に行ってきました。
このエキシビションは、
オランダのアーティストであるテオ・ヤンセン氏が、創造、製作した、
チューブの集合体による歩行体『ビースト』を、多数展示する企画展で、
期間中は、展示物のいくつかを実際に歩行させる、
実動デモンストレーションも行うといいます。

かねてから、ネットの動画などで、海辺をゆっくりと歩行する、
奇妙で魅惑的なビーストの動画に魅せられていた私は、
今回の企画展に「これは絶対に見に行かねば」と、期待に胸を膨らませていました。
ただ、情報によると、夏休みの期間中は、たいへんな人出となっており、
駐車場も満杯で別の場所に臨時駐車場を用意するなど、
かなり混雑しているとのことです。
というわけで、夏休みの期間が終わるまでじっと待ち、
先々週の平日に、満を持して、ヨメとともに津へといってきました。

とはいえ、決行日は平日ということで、
いっしょに行く予定のヨメも、片付けなければらない仕事があるなど、
出発は思いのほか遅れてしまいました。
津に向かったのは、結局、お昼近くになってからでした。

というわけで、ヨメのプジョーに乗って、国道23号線を伊勢方面へとひた走り、
途中昼食をとって、午後2時半頃に津に到着しました。

駐車場は満杯か…

混雑を避けるために、あえて平日を選んで、ここまできたわけですが、
やっぱりというべきか、意外というべきか、三重県立美術館に着くと、
駐車場に入ろうとするクルマがすでに並んでいました。
平日なのにこんなに混んでいるのか、と思ったのですが、
思いのほか早く、駐車場に乗り入れることができました。
土日だったら、きっと、これほどスムーズには行かなかったと思います。

念願のテオ・ヤンセン展見学へ

津には、プラモサミット見学のため、つい数ヶ月前にきましたが、
三重県美術館を訪れるのは、今回がはじめてです。
さすがに、立派な美術館です。

入口には巨大ビースト

というわけで、早々にチケットを買って、館内へ。
広いエントランスには、見物客を出迎えるように、
巨大なビーストがドンと鎮座していて、もう興奮度はマックスです。
こうした複雑な構造物が足を使って歩行するなんて、信じられない思いです。

テオ・ヤンセン展

こちらが会場風景です。
見学客の数は、決して少なくはないのですが、混雑しているというわけでもなく、
やはり、平日を選んできてよかったと思いました。
しかも、美術展には珍しく、撮影はどこもOK。
というわけで、もう、写真を撮りまくりです。

テオ・ヤンセン氏は、当初、コンピュータを使って、
線虫のような架空の生物を創造し、それが組み合わされることで、
どのような進化を遂げていくのか、見極めようと考えたようです。

この架空の生物は、やがてコンピュータという枠を飛び出し、
プラスチックのチューブに置き換わって、現実世界に現れます。
そしてチューブは、複雑に組み合わされて、
やがては『ビースト』と呼ばれる、無生命生物へと進化していきました。
それは生物の進化の追体験であり、神である創造主の試行錯誤を、
自ら体験する試みでもありました。

プラスチックチューブは、進化をたどるビーストの最小単位であり、
いわば細胞といってもいいものです。
ヤンセンは、このチューブをいくつか組み合わせることで、
もっともシンプルで効率の良い、歩行システムを見つけます。
このシステムは、ビーストの基本的な移動方法として取り入れられ、
以後、さまざまなかたちに進化していくのです。

プロペラを持つビースト

ビーストは、風を帆で受け止めて動力とし、
移動、歩行のシステムを獲得し、やがては、プロペラによって風を得たり、
また、帆で受けた風をペットボトルに蓄えて、それを動力とするなど、
さまざまなバリエーションを展開していきます。

ビーストの進化は枝分かれし、それぞれの進化の時期を、
ヤンセンは、グルトン、ホルダ、セレブラム、などと命名し、
さながら、古代生物の進化の体系のようにまとめました。

歩行システム

こちらは、歩行システムを説明する模型です。
実際にハンドルを回して、足を動かすことができます。
たしかに、単純な構造ですが、足を前に出して、踏み出すという、
一連の動作をしてみせます。
これがもっとも完成された、黄金比率的な構造といえるのかもしれません。

装甲型ビースト

ビーストの形態はさまざまですが、
どれもチューブを組み合わせていることに変わりありません。
ですが、例外的に、装甲のような外皮をもつものもあるようです。
それがこのビーストです。
模型の展示しかありませんでしたが、館内では、
このビーストが歩行する映像が流れており、それがとても強烈な印象でした。

と、そうこうするうちに、館内アナウンスが流れ、ただいまから、
ビーストの可動実演が行われるとのこと。
さっそく見学させていただくことにしました。

可動実践1

こちらは、強風に耐えられる方法を獲得したビーストです。
地面 (砂浜) に杭を打って、身体を固定するといいます。
ビーストを動かすのは、このために日本までやってきた、専門の技師の方です。

ビーストの求愛

またこちらは、求愛するビーストです。
いうまでもなくビーストには生殖機構はなく、かたちだけの求愛ですが、
この求愛の動作は、私たち人間を魅惑しているものだ、と、
アナウンスの方がおっしゃっていました。
鼻の動きが、なんとも生物的で、ユーモラスでした。

また、歩行システムを捨て去り、体を波状に動かすことで移動する、
キャタピラー型ビーストも、進化の過程で現れました。
そのキャタピラー型ビーストの可動実演も行われました。

これら専門の技師が可動させる実演と平行して、
ビーストを見学客が動かすこともできました。

ビーストを動かしてみた

というわけで、さっそく私も動かしてみました。
動かし方は、ビーストを押して進む、という感じで、
一定程度進んだら、今度は引いて戻します。

無数の足が整然と動く姿を、間近で見ることができました。
私が実演したあとは、ヨメも動かしてみました。

可動実践2

最後は、巨大なビーストの歩行デモンストレーションです。
このビーストは、帆で風を受け、それを無数のペットボトルに圧縮空気として溜め、
それを動力として、歩行します。
いわば、ペットボトルは筋肉であり、新しい動力源を得たビーストといっても、
いいのかもしれません。

見てるこちらに、ググッと歩いてきます。
会場からは、おおっ〜という歓声があがりました。
いままで、ネットの動画でビーストの歩行は何度か見てきましたが、
やっぱり、実物が歩くのを目にするのは、圧巻で、とても迫力がありました。

というわけで、テオヤンセン展をおもいっきり満喫してきました。

会場に入るさいに買ったチケットは、他の展示室への閲覧も許されており、
この機会に、三重県立美術館が所蔵している他の美術品や、
もうひとつの企画展を見学していくことにしました。
が、閉館は五時となっており、このときすでに四時過ぎ…。
ゆっくり見て回ることもできず、駆け足での見学となってしまいました。

三重県立美術館は、ルノアール、ダリ、ルドン、シャガールなど、
名のある画家の作品を多数所蔵しているようで、とても驚きました。
ですが、今回はそれらをゆっくり見て回ることができず、ちょっと残念でした。
次回、ここにくることがもしあったら、そのときは、
時間をかけて見て回りたいものです。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking