上三之町の家並み

三連休の初日となった22日の土曜日、私の住む街である「飛騨高山」の観光名所を、
ひさしぶりに、散歩してみました。

高山の街で、つとに有名な観光スポットといえば、まず、古い町並みがあげられます。
もっとも、この界隈は、いつも多くの観光客で賑わうものの、
地元の人間は、特に用がない限り、脚を踏み入れることはありません。

ですが今回は、晩秋のわが町の姿を写真に収めてみようということで、
あえて、この古い町並みに、観光客を装って、行ってみることにしました。

賑やかな古い町並み

今回は、市の中心部にある目抜き通り「安川通り」から、
古い町並みに入ってみました。
まずまずのお天気に恵まれた土曜のこの日は、
予想以上に、多くの観光客で賑わっていました。

冬の高山の街はとても風情があって美しいのですが、
雪のために足下も悪くなり、観光には不向きとなります。
その前に、高山の街を見ておきたいという方々が、11月のこの時期、数多く、
この街を訪れるようです。

通りには人力車も繰り出し、賑わいに拍車をかけています。

さらに観光客が増えて…

そうこうするうちに、さらに観光客は増え、
せまい通りは、人でいっぱいになってしまいました。

ここ最近、高山では、日本人ばかりではなく、
外国人の観光客をとても多く見かけるようになり、
なかでも、中国、韓国、台湾、から来たと思われる人たちは、
かなりの数に上るようです。

高山は山の中の小さな街ですが、
グローバルな知名度を持つ観光地になりつつあるのかもしれません。

陣屋前

古い町並みを抜けて、中橋という橋を渡ると、
かつて幕府の代官所だった「高山陣屋」に、辿り着きます。

幕府の代官所が昔のままの姿で残されていることは希で、
ここ高山陣屋は、貴重な歴史文化遺産といえると思います。

こちらにも、多くの観光客が、訪れていました。

というわけで、高山の街を、ぶらりと散歩してきました。
また、機会があれば、ここ高山の観光名所を、ご紹介したいと思います。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
夜祭りの屋台

私の住む飛騨高山では、10月の9日から10日にかけて、
秋の飛騨高山祭が行われます。

以前は、10月10日が、祭日(体育の日)であったために、
多くの観光客が高山の町を訪れました。
が、体育の日が、10月の第二月曜日に移動することとなってしまい、
残念なことに、秋祭の日は、平日ということになってしまいました。

観光で成り立つ高山にとって、これは歓迎できない事態であったかもしれませんが、
それでもなお、祭の日には、やはり多くの観光客で賑わいます。

というわけで、私も、昼間は無理でしたが、9日夜の夜祭に出かけてきました。

古い町並み

こちらは、祭を見に行く途中で通った、
飛騨高山屈指の観光スポットである「上三之町」です。

昼間はかなりの人出があるのですが、夜は、かなり閑散としています。
でも、ぼんやりとした明かりの中に浮かび上がる古い町並みは、
なかなか、風情がありますネ。

そして、いよいよ、祭の行われている場所へ。
ほどなくすると、壮麗な山車(地元では屋台と呼びますが)の姿が、見えてきました。

屋台が間近に

が、やはりというべきか、かなりの人出で、これ以上、近づけません。
デジカメによる自然光での夜間撮影はなかなか難しく、
どうしても、ブレてしまいます。
望遠をかけると、さらに難しさが増してしまいます。
フラッシュを焚けば、ブレは防げますが、画質がなんとも味気なくなってしまいます。

屋台を臨む

というわけで、場所を変えて、山車に迫ろうと思ったのですが、
さらに人出が増し、これがせいいっぱいでした。

それにしても、
夜の帳が降りた高山の町を提灯の明かりを灯しながら、
ゆっくりと進む山車の姿は、幻想的で、思わず見とれてしまいます。
すばらしい眺めです。

賑やかな出店

そしてこちらは、出店が並ぶ、川沿いの一角。
道が狭いうえに、地元の高校生などですごい賑わいになっています。
進むうちに、ほとんど身動きができなくなってきたので、
やむなく、途中で、この道から逸れて歩くことにしました。

その後は、中華料理屋で食事をして、家に帰ってきました。
祭見物が充分にできたとはいえませんでしたが、
秋の夜のひとときを、楽しんできました。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
節分の二月三日、
私は、飛騨高山にある「国分寺」という、
お寺にいってきました。

この寺は、飛騨高山のほぼ中心にあり、
三重の塔や、大イチョウといった観光資産にも恵まれているため、
季節を問わず、多くの人々で賑わう場所でもあります。

国分寺の三重塔

▲この画像は、三重塔です。

国分寺の鐘楼堂

▲こちらの画像に映っているのは、鐘楼堂。
その背後に見えるのが、大イチョウです。
季節柄、枯れていますが、秋には、
鮮やかな黄色に染められます。

ここでは、毎年、二月三日になると「節分星祭り」という、
厄除の祈願祭が行われるのです。

私は三年前から、この祭事にいっており、
今年は、ヨメさんと一緒に、出掛けることになりました。

例年であれば、二月初旬のこの時期は、
かなりまとまった積雪があるのですが、
今年は暖冬の影響で雪はナシ。

でも、かなりの冷え込みです。

午前十時を少し回った頃、
大師堂で、護摩供が行われます。

読経が響き渡る中、護摩が焚かれ、室内には煙が充満します。
荘厳な雰囲気で、身が引き締まる思いがします。

その後、節分恒例の豆まきをして、
お開きとなりました。

国分寺の豆

明日は立春。
昔の暦で言えば、新しい年のはじまりです。
この一年も、無病息災を願うばかりです。


氷点下の森-1

飛騨高山のはずれにある、朝日町というところには、
「氷点下の森」と名付けられた、冬の名所があります。

その場所は、奥深い山の中にあります。

ここでは、毎年、冷え込みの厳しい季節になると、
複数のスプリンクラーを使って、木々に水を吹き付け、
さながら、「氷の森」といった巨大なオブジェを作ります。

白く凍った森の眺めは、幻想的です。

氷点下の森-2

私がこの場を訪れたのは、昼間でしたが、
夜ともなれば、この一帯の氷はライトアップされ、
また、違った雰囲気となります。

できれば、次回は、
陽の沈んだ時間に、この場所を訪れたいと思っています。

氷点下の森のミニ

今回のドライブも、また、ミニで行きました。
雪の中でも健気に走るミニの姿も、
アップしました。