銀の森

先週末は三連休となり、金曜日、土曜日は、雲ひとつない青空が広がっていました。
ですが、我が家は三連休とはならず、結局、お休みは、
いつも通り、日曜のみとなりました。

が、連休最後のこの日曜は、雨の気配こそないものの、
前日のような快晴ではなく、少し雲の多いお天気となってしまいました。
せめてもう一日、スカッとした青空を臨みたかったのですが、
なかなか、思うようにはいきません。

しかしながらせっかくの日曜ですので、この日も、
MINIで出掛けることにしました。
今回の目的地は、土曜日の朝にやっていたテレビ番組で取り上げられていた、
恵那市の「銀の森」というところです。
(この番組は、中部地方でのみ放送されているものです)

ここは、郊外の緑豊かな場所に、レストランや専門店などが遊歩道で結ばれた施設で、
番組を見る限りでは、ちょっとオシャレでアミューズメント性も高そうな雰囲気です。
というわけで、ミーハーな私たち夫婦は、さっそく、
この「銀の森」に行ってみることにしました。

まっすぐな道

ここ飛騨高山から、同じ岐阜県内の恵那に向かうには、
進路をほぼ真南にとることとなります。
所要時間は二時間強というところでしょうか…。
ですが、まっすぐ目的地に向かっても、なんだかつまらない、と思い、
一度長野県側に出て、それから、南下するという、
大回りなコースをとることにしました。

まずは、長野県側に出るため、開田高原に向かい、そこから、
三岳村、上松町、を、経由して、国道19号に出ます。
国道19号に入った後は、そのまま南下。
連休最終日にもかかわらず、道はすいていて、とてもスムーズ。
と、思っていたら、途中、突然、渋滞に…。

この渋滞、待てど暮らせどクルマの列が動きません。
工事渋滞とも思えないので、もしかすると、
事故などの突発的な事態が起きているのかもしれません。

待っていても埒があかないので、ここでUターン。
どうせ急ぐ旅ではないので、さらに回り道をして、飯田市まで行くことにしました。

飯田の丘で

こちらが、飯田市のそばの高原です。
写真だとわかりづらいのですが、この道は下り坂になっています。
それにしても、眺めがいいですネ。
雲が多いのが難点ですが、それでも、汗ばむほどの陽射しを感じました。

その後は、国道153号線を豊田市方面に向かって南下。
途中、道の駅「信州平谷」というところに立ち寄ったのですが…。
ここはかなり規模の大きな道の駅で、どうやら、宿泊できる施設もあるようです。

木曽馬がいました。

しかも、ここには、木曽馬が何頭かいて、子供を乗せるサービスもしているようでした。
小振りな木曽馬は、かわいいです。
(これだけ小さいと、子供しか乗れないでしょう)

さて、その後は、国道418号線に乗り入れます。

国道418号線

が、この国道418号線はなかなかの酷道。
以前、豊根村に行く時にも、この道は通っていたのですが、
運転はヨメで、そのとき私は助手席で眠ってしまっていたので、
この道のことはよく憶えていませんでした。
でも、森の中を行くのは、ちょっと楽しいです。

その後、恵那の街に到着。
ここからは、とりあえず、恵那峡ワンダーランドを目指し、
その近くにあるはずの銀の森へと向かいます。

銀の森到着

こうして、ようやく到着。
それにしても、ものすごい遠回りをして、やっとの到着です。

時刻はすでに3時を回っており、夕方の気配さえ漂っていますが、
それでも、場内はかなりの人出。
(写真では人が少ないように見えますが、実際には、たくさんの人で
 賑わっていました)
ちなみに、銀の森のサイトはコチラです。

恵那 - 銀の森 Gin no Mori

オシャレなお店

ゆるやかにカーブを描く遊歩道のそこかしこに、専門店が点在しています。
南仏的な建物が、オシャレですね。
こちらは、ジャムなどを扱っているお店でした。
試食も豊富で、そのためのパンまで用意されていました。
至れり尽くせりですね。

カフェ

続いてコチラは、カフェとお店が併設された建物です。
こちらには、さきほどのお店でも売っていたジャムのほか、
さまざまな調味料や出汁などがありました。
お店の雰囲気もよく、ここで、トマトペーストを買ってきました。

遊歩道へ

この施設の裏にも、また遊歩道があり、こちらは森の中へと伸びています。
ただ、こちらには人影もまばら…。
というか、私たち以外、誰もいませんでした。
まさに、プライベート遊歩道状態です。

森の遊歩道

まだ作られて間もないらしく、コンクリートは真新しいもので、
どうも、整備途中という雰囲気です。

その後は、恵那峡にちらりと寄り、帰路に。
が、ここで、道に迷うことに…。
どうにかこうにか、帰り着きましたが、
思えば、長い長いドライブでした。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

郡上の唐辛子

水郷の里として知られる街、岐阜県郡上市。
そのすぐ北には、
ハムの産地として有名な、郡上市明宝(旧郡上郡明宝村)があります。

郡上市中心部と明宝とを結ぶ国道472号線には、
磨墨(するすみ)の里、という名の道の駅があり、
その一角には『和食ところ/おかみさん』という、小さなお店があります。

このお店は、ご飯を五穀米をするといった、
独自のこだわりがあり、私は、郡上周辺を訪れたおりには、
いつも、この店に立ち寄っています。

和食処『おかみさん』

また、このお店では、明宝の郷土料理『つぎ汁』というものを、
お味噌汁の代わりに出してくれます。
(もちろん、普通のお味噌汁を選択することもできます)

このつぎ汁、具は豆腐だけのシンプルなすまし汁なのですが、
かなりのピリ辛で、一度飲むと、けっこうクセになります。

実を言えば、この汁がいただきたくて、
私は、たびたび、ここを訪れているのです。

で、このつぎ汁がどのような材料から作られているのか、ですが…。

それは、郡上南蛮と呼ばれる唐辛子(素焼きにするらしいです)と、
干し椎茸、煮干し、昆布、などだそうです。
これらを、袋に入れて煮出し、最後に、醤油、砂糖を加えて味を整える、
とのことです。
(おかみさんのテーブルに、そう書かれたペーパーがありました)

というわけで、このつぎ汁を、我が家でも作れないか、と、思い、
昨晩、挑戦してみました。
(といっても、挑戦したのは、ヨメですが…)

つぎ汁の材料

まず、こちらが材料です。
唐辛子は、郡上で手に入れたものです。
その他は、近くのスーパーなどで買ってきました。

もっとも、材料はわかっていても、それらの分量はまったくわかりません。
というわけで、勘のみで作業を進めていきます。

つぎ汁、完成!

味見をしつつ、試行錯誤することおよそ1時間、
こちらが、できあがった、自家謹製『つぎ汁』です。

で、肝心の味ですが、味そのものは、少しばかり、薄いものとなってしまいました。
かといって、これ以上、醤油を足すと、つぎ汁とは呼べないものになってしまいそうです。
もっとだしを煮出す必要があったのかもしれません。
ただ、ピリ辛感はかなりあり、おかみさんのそれよりも若干辛いくらいです。

これはこれでおいしいのですが、おかみさんで出されているつぎ汁には、
やはりおよびません。

今後も、つぎ汁作り研究を、さらに深めてみたいと思います。




●ブログランキングに参加しました。
コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
メトロポリスのマリア

私の住む飛騨高山には、
SF映画などの撮影に使われた、
模型やクリーチャーなどを展示しているお店があります。

先日、かねてから行ってみたいと思っていたこのお店に、
ついに行ってみました。

お店の名は留之助商店といい、店内には、
SF映画マニア垂涎の品が、溢れていました。
(もちろん、私も、そのマニアの一人です)

ロビー

まず、店内に入って最初に目を引くのが、
このロボット。
映画「禁断の惑星」に登場する、ロボット「ロビー」です。

私にとって、この「禁断の惑星」という映画は、
SFに目覚めるきっかけとなった作品で、
そのストーリー、ビジュアル、ともに、いまでも極めて印象深く脳裏に残っています。

この「ロビー」は、残念ながら、映画の撮影に使われたものではなく、
レプリカだそうですが、その巨大な姿には、圧倒されます。

しかも、このロボットは、
半世紀前にデザインされたものなのに、今でも色あせない造形美を誇っています。

ターミネーター内骨格

写真はちょっとピンぼけですが、
こちらは、ターミーネーター(1作目)に登場する、人造人間の骨格です。
(プレス工場で、しつこくサラを追いつめるヤツですネ)
実際に撮影に使用された、本物とのことでした。

店内には、そのほかにも、プレデターや、エルム街の悪夢のフレディ、
ギャラクティカのサイロンレイダーなどが、所狭しと置かれていました。

また、玩具や模型などの品揃えも充実しており、
オモチャ好きにも、たまらないものがあります。

ギーガーの造形物

こちらは、売り物として展示されていた、
HRギーガーのイラストの立体像景物です。

これはすごい!。
造形、塗装、ともに、ギーガーのイラスト、そのままですね。
ギーガー好きの私には、たまらないものがあります。
(が、お値段も、なかなかすごいです)

ちなみに、このお店のオーナーは、
SF映画の書籍を数多く出版していらっしゃる、
あの、中子真治さんだそうです。
(オーナーは、お店には、お見えになりませんでしたが)

私も、中子さんの本は、数多く持っています。

こうして、地元で、非常に貴重な品々を見学できるというのは、
とてもありがたいことであり、感激もひとしおでした。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
フェリオの中庭

先日、富山市内にある、フェリオ総曲輪という百貨店に行ってみました。
といっても、私の目的は、各フロアをショッピングして回ることではなく、
最上階にある、紀伊国屋書店に行ってみることでした。

なにしろ、私が住むここ飛騨高山には、
都市部にあるような、大きな本屋さんがありません。
資料を捜すのにも、いろいろと苦労したりします。

というわけで、富山市内に、紀伊国屋がオープンしてくれたことは、
私にとって、とてもありがたいことなのです。

富山市まではクルマでおよそ2時間。
飛騨高山から最も近い人口10万以上の街といえば、ここ富山なのです。
休日ともなれば、高山市民は、
ショッピングに、富山市内に繰り出すこともしばしばです。

フェリオのエントランス

さて、こちらが、フェリオ総曲輪。
最近は、郊外型のショッピングセンターが賑わいを見せているようですが、
このフェリオ総曲輪は、富山市中心部にある総曲輪商店街の一角にあり、
地域の活性化に多いに寄与しているようです。

そして、一路、紀伊国屋へ。
ここ富山の紀伊国屋は、
東京や名古屋の紀伊国屋と比べれば、さすがに、規模は小さいですが、
それでも、私の住む町の本屋さんに比べたら、遥かに大きく、居並ぶ本も豊富です。

さっそくここで、美術書、ソフト解説書、などなどを立ち読み。

さすがに大きな本屋さんだけあって、
いままでネットでしか見たことがなかった専門書などがあり、
それらの中身に、実際に目を通すことができました。

こうして、手に取る本を次々に買っていけたらいいのですが、
そんなことをしていたら、あっという間に散財してしまうのでガマンします。
(それでも、必要な本は、買うことになるんですが)

その後は、ヨメさんと、
フェリオ総曲輪の各階をブラブラとウインドウショッピングして、
駐車場に戻りました。

駐車場にて

すると、私のMINIのとなりに、なんと、金沢ナンバーのMINIが…。
MINIが並んでいるということで、記念に一枚撮ってしまいました。

こうして、この日は、富山市内のショッピングセンターや模型店などを巡り、
一日を過ごしました。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
ミニで行く高根、開田

先日、雪道をミニでドライブしがてら、カレーを食べにいってきました。
行った先は「高根町」という、岐阜県と長野県の県境にある場所です。

この地は、市町村合併が行われたいまでこそ、飛騨高山の市内となっていますが、
かつては「高根村」と呼ばれる、山村でした。
(すでにお気づきの方もみえるかもしれませんが、
 高根町は、私のお気に入りのドライブコースであり、
 当ブログではたびたび登場しています)

さて、そんな高根町には、いまや名物となっているうわさの調味料があります。
その名は「うま辛王」
山奥の廃トンネルの中で、唐辛子を熟成して作る、ピリ辛系の液体調味料です。

このうま辛王を使ったカレーが、高根町の道の駅レストランで出されていて、
カレー食べたさに、雪の山道にミニで挑んできました。

高根の道の駅

こちらが、その道の駅です。

うま辛王

そしてこちらが、うま辛王。
見た目にはタバスコに似ていますが、タバスコほど辛くなく、
味にコクがあります。
この他にも、うまっ辛ほっと、うまい辛かけヨ!、などの姉妹商品があります。

うま辛王カレー

そして、コレが、うま辛王カレーです。
(相方はうま辛王ラーメンを頼みました)
カレーの色は赤みを帯びていて、なんだか、食欲をそそられます。

で、カレーの味は、コクのある辛口、といった感じで、
とてもおいしかったです。
ぜひ、また食べにこなくては…。

ちなみに、うま辛王ラーメンもイケました。

雪だるまツインズ

食事が済んだ後、長野県側にドライブしてみました。
長野県開田村には、なんと、二つ並んだ雪だるまが、道路を見下ろしていました。
なんだか、かわいい、というか、妙に悲哀を感じさせる顔をしていました。

氷の柱

そして、走ることしばし…。
道の反対側に、まるで氷の壁のように見えるつららの群れを発見。
そういえば、以前にも、同じ場所で、氷の壁を見たことがありました。

氷の柱の看板

どうやら、この氷の壁は、毎年、この場所に現れるようです。
なんと、解説用の看板がすぐそばに立っていました。

それにしても、2月も下旬にさしかかったいま、
こちらでは、少しまとまった積雪がありました。

ここ飛騨高山では、春の足音は、まだわずかしか聞こえないようです。
ああ、春が待ち遠しい…。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking