味噌蔵見学

いまだに雪が舞う寒い日もありますが、
3月に入ってからは、少しずつ春らしい日が多くなってきました。
ところが、私の状況は、先月に引き続き、今月に入ってからも、
ドタバタは続いており、なかなか外出する時間が取れません。
ですが、ずっと家にいるのも、なんだか煮詰まってしまいますので、
先週末、ほんとうにひさしぶりに、MINIで遠出してみることにしました。

なんと、MINIで出掛けるのは、今年に入ってから初めてで、
久しぶりの運転に、ちょっとドキドキしたりもしました。
今回は、オイル交換後のテストドライブという意味合いもあり、
長距離を走るつもりではいましたが、とりたてて行くあてもなく、
とりあえず、三河の岡崎市方面へと向かって走ってみることにしました。

というのも、昨年、岡崎城公園に行ったさいに、歴史ガイドの方から、
この公園のすぐ近くに八丁味噌を作る味噌蔵があるから、
見学に行ってみるといいよ、と、勧められたことを思い出し、
今回、ちょっと行ってみようかな、と、思い立ったのです。

そんなわけで、MINIでまず桑名市方面に向かい、そこから、
国道23号線に乗って、まずは東の名古屋市内へと入りました。
名古屋の街中を走るとなると、渋滞も予想されるところですが、
この23号線は、片側だけで3車線もあり、
しかも、高架道路のため信号もほとんどなく、とても快適に走れます。
(とはいっても、スピードの出し過ぎは禁物です)

そのまま名古屋市を通り抜け、今度は国道1号線に乗り換えて、
さらに東へ進み、目的の岡崎市へと入ります。
件の味噌蔵は、国道1号線から国道248号線を南に少し入ったところにあります。
私のMINIにはカーナビなどはついていないので、
いつも、道路案内の看板だけがたよりです。
道順は以前調べたことがあったのですが、しっかり記憶しているわけでもなく、
ある程度迷うことも覚悟したのですが、ヨメの助けもあり、
スムーズに目的地に到着することができました。

カクキューさんの建物

こちらは、カクキューさんといい、八丁味噌醸造の老舗だそうです。
工場の手前には駐車場があります。
スペース的にそれほど広くはないのですが、案内の方もいらっしゃるので、
クルマを止めるのに、困ることはありませんでした。

MINIでドライブ

それにしても、ほんとうに久しぶりのドライブです。
この日のお天気は、雨こそ降らなかったものの、曇っていて、少し残念な感じ…。
もし、青空が広がっていたなら、もっと楽しいドライブになったかと思います。

工場見学は三十分に一度、行われるとのことで、
私たちは3時からの見学となりました。
工場見学の希望者は、思いのほか多く、中庭では、
受付を済ませた人が列を作っていました。

というわけで、定刻の三時になると、案内役を務めてくださる職員の方が、
一同を先導して、工場のなかへと入っていきます。

幕末期の建物

工場は思いのほか大規模で、古いものでは、幕末に作られた建物も残っています。
操業は、たしか1640年代だったかと思います。
となると、江戸時代の初期、三代将軍家光の時代でしょうか…。

明治期の建物

こちらは、味噌作りの行程を再現した資料館です。
建物自体は、明治期、日露戦争前後の建築されたそうです。
こうした、古い建築物を間近で見られることも、
この見学の大きな魅力かもしれません。

味噌作りの工程

資料館の内部は、味噌作りの行程を再現した展示物などが、
設置されています。
こうした、すべて人の手による味噌作りは、戦後まで行われていたそうですが、
いまでは、多くの行程が機械化されているともいいます。

ちなみに、八丁味噌の『八丁』とは距離の単位で、
現在の距離に直すと、およそ800メートル強くらいになるそうです。
この味噌蔵が岡崎城から八丁の距離にあったために、その名がついたそうです。

八丁味噌のシェアは全国レベルから見れば極めて小さいとのことですが、
この地域独自の味噌として、長い歴史と知名度を誇っています。
とはいえ、八丁味噌の味噌蔵は、このカクキューさんともうひとつがあるだけだそうで、
本場の八丁味噌と味噌蔵は、とても貴重な存在といえるかと思います。

大樽

こちらは、味噌を造る巨大な樽です。
いまでも新調することがあるらしいのですが、その価格はおよそ200万とのことです。
展示されているこの樽は、天保のものですが、
実際に蔵のなかで使用されている樽のなかにも、同時代のものがあるとのことです。

大岡越前の書状

同じ館内に展示してある、大岡越前の書状だそうです。
テレビ番組の『なんでも鑑定団』に出典したところ、本物と鑑定されたそうです。

居並ぶ樽

次に入ったのは、巨大な樽が林立する味噌蔵です。
樽のうえに載せられた石は、職人の手によってひとつひとつ積まれたもので、
この行程だけは、機械化ができないそうです。

この石積みは、地震があっても倒壊したことはないといいます。
なんだか、城の石垣みたいな感じですね。
また、この場所では『純情きらり』というNHKのドラマのロケが行われたそうです。

樽のあいだを縫って

それにしても、居並ぶ樽は圧巻です。
見学の最後は、この樽のあいだを進んで、蔵の外へと出ます。
その途中に、この蔵最古の樽も見学することができます。

空の樽

味噌蔵の外には、空の樽が置いてありました。
樽は水洗いするとカビが生えるので、味噌がついたまま置いてあるそうです。
次に使用する直前に洗うのだそうです。

というわけで、見学行程30分と、
当初予想していたより、はるかに見応えがありました。
案内をしてくださったスタッフのみなさま、ありがとうございました。

こうして、無事見学を終え、その後立ち寄った知立で、
大あんまきが有名な藤田屋というお店で、抹茶の大あんまきを買ったりと、
のんびり帰ってきました。

やっぱり、MINIに乗ってのドライブはいいですね。
今月も、お仕事でドタバタしそうですが、できるだけ時間をつくって、
出掛けたいものです。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

ちこり村エントランス

三月も半ばを過ぎ、いよいよ、山深いここ飛騨でも、
春の足音が間近に聞こえるようになってきました。
路肩や屋根のうえに残された雪の塊も、日に日に溶け、
見るたびに小さく、少なくなっていくのを感じます。
そんな季節の変わり目となった先週の日曜、久しぶりにオデカケしてみました。
といっても、今回の行く先は、私の住む同じ岐阜県内で、比較的近い場所です。

まず立ち寄ってみたのは、岐阜県東濃地方にある、馬籠宿です。
この場所は、もともとは長野県に属していたのですが、
2005年に、岐阜県に越境合併されました。
馬籠は島崎藤村の故郷であり、そのため、
この場所が岐阜県に編入されることには、長野県知事の反対などもあって、
当時、テレビのニュースなどでも、
大きく取り上げられたように記憶しています。

馬籠宿

こちらが、馬籠の町並みです。
家々は、石畳の坂道に沿って建てられており、この高低差が、
独特の雰囲気と味わいを醸し出しているように思います。
何年か前にも、こちらを訪れたことがありますが、
そのときとは、お店などが、少し変わっているように見受けられました。
いずれにしても、風情のある和の景観ですネ。
お天気がイマイチで、ちょっと残念でしたが、
多くの見物客が来ていました。

そのあとは、岐阜県中津川市の「ちこり村」というところに、行ってみました。
ちこりというのは、ヨーロッパから伝わった野菜だそうで、
彼の地ではアンディーブと呼ばれているそうです。
もやしのように冷暗所で育てられ、低カロリーなうえに、
各種のビタミンも多く含まれており、とてもヘルシーな野菜だといいます。

このちこりと、ちこりの加工食品、およびさまざまな自然食品、酒類などを、
製造販売しているところが、ちこり村だそうです。

○ ちこり村のサイトはコチラです。

ちこり村到着

こちらがそのちこり村なのですが、このほかにも、
工場、売店、レストランなどが併設されていて、思いのほか大きな施設でした。

ちこり村へ…

おりしも、観光バスが何台かやってきており、第一駐車場はほぼ満杯。
そんなわけで、第二駐車場にクルマを止めました。
(この日の出動車はヨメのプジョーでした)
そんなわけで、売店やレストランなど、場内はかなりの賑わいでした。
しかも、この施設では、時間を区切って工場見学を行っており、
予約などをせずとも、だれでも無料で参加できるというのです。

工場見学ができるのなら、ぜひ見てみたい、というわけで、
さっそく、近くにいた店員さんにその旨を申し出ると、
観光パスで来た団体客のみなさんといっしょに、
定刻よりも早く、場内を見学させてもらえることになりました。

ちこり育成の解説

なにしろ、団体客のみなさんといっしょですから、
案内役の店員さんが、各所をくわしく解説してくれます。
こちらでは、ちこりの育成過程をパネルを示しながら、説明してくれました。

その後、ちこりの育成蔵を見学しましたが、
なにしろちこりは、冷暗所で育成されていますので、
灯り用の押しボタンを押し続けながら、小窓から暗がりを覗き見る、
というかたちでの見学となりました。
ほの暗い蔵のなかに、規則正しく並べられたちこりの姿を、
垣間見ることができました。

ちこりの模型

こちらは、育成蔵のちこりの状態を、
間近で見られるよう再現した、実物大の模型です。
実際には、こうしたかたちで育成されているとのことです。

この模型のある場所からは、大型の機械が並ぶ、いかにも工場らしい部屋を、
ガラス越しに見下ろすことができました。
ですが、日曜ということで、稼働はしていませんでした。
ちょっと残念です。

その後、ちこり芋から作る焼酎の蔵を見学させていただき、
最後に、お酢や焼酎の試飲などをさせていただいて、見学を終えました。

売店では、ちこりやちこりの加工食品だけではなく、
有機黒にんにくなども、試食や販売がされていました。
このにんにくは、食べてみるとプルーンのような甘酸っぱさがあり、
とてもおいしいものでした。
にんにくって、こんな味がするものだったっけ、と、驚きもしました。
しかも、この有機黒にんにくには、血圧降下に効果があるとのことでしたので、
1パック、買ってみることにしました。
(血圧降下という言葉に、とても弱い私です)

そのほかにも、ちこりや、ちこりから作ったコーヒーなど、
いろいろ買い物もしてきました。
ちこりのコーヒーは、ノンカフェインで、苦みがほとんどなく、
独特のほのかな甘味がありました。
形体がティーバック形式になっていることもあってか、
コーヒーというより、お茶のような雰囲気もします。

というわけで、思いのほか、楽しむことができる施設でした。
近くにお住まいの方は、ぜひ、出かけてみてください。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking


どんぶり会館からの眺め

7月も半ばをすぎ、いよいよ、本格的な夏の到来となりました。
とはいえ、いまもまだ仕事がいそがしく、どこかに遊びに繰り出す、
ということもないままに、日々を過ごしています。
先週末の三連休も、ずっと仕事だったのですが、
三日目(海の日/月曜)のお昼過ぎからは、少し時間がとれることになり、
ひさしぶりに、気分転換に出掛けてみることにしました。

もっとも、出発時間がすでに遅いわけですから、さして遠くに行くこともできず、
結局、東濃方面へと向かってみることにしました。

この日、天気予報では「晴れ」とのことでしたが、
朝のうちには、JR高山線が運休となってしまうほどの豪雨が降ったようで、
(私が住んでいる周辺では、そのような大雨は降りませんでしたが)
しかも、雷注意報も出ており、なんだか、怪しい空模様です。

そんなわけで、MINIでの出動をあきらめ、
ヨメさんのクルマで出掛けることにしたのですが、
このヨメのクルマも、現在、修理で出払っており、結局、
代車の軽自動車で出掛けてみることにしました。
軽といえども、当然のことながらエアコン完備なので、MINIより、
ずっと快適です。

最初は、さしたるあてもなく、南へ、南へと走っていたのですが、
ふと、以前、案内看板で知った「どんぶり会館」というところに、
行ってみようということになりました。
代車にはカーナビも地図もないのですが、適当に走っていると、
偶然、以前見たものに似た案内看板を発見することができ、
意外とすんなりと目的地に到着することができました。

どんぶり会館外観

こちらが、そのどんぶり会館です。
UFOのようなドームを持つ建物ですが、おそらくは、どんぶりを模したものなのでしょう…。
地上二階、地下一階の三階建てで、けっこう大きな施設です。

それにしても、この日は、
県下に、突然の雷雨があるかもしれない、との予報が出ていたのに、
酷暑の晴天となり、エアコンのないMINIで出動していたら、たいへんなことに
なっていたかもしれません。

どんぶり会館は、いわゆる「道の駅」でもあるため、
広い駐車場と、屋外の公衆トイレなどを備えており、そのため、
ドライブ中に立ち寄る人も多いようでした。
UFO型の建物のなかでは、一般的なおみやげのほか、
どんぶりをはじめとする多数の陶器が販売されており、
また、地下一階では、陶芸作品の展示のほか、陶芸教室も開かれているようでした。
また、施設内のトイレは豪華で、なかなか楽しめるスポットです。

道の駅/土岐美濃焼街道 どんぶり会館

連休の最終日ということもあってか、
店内は多くのお客さんで賑わっていました。

ベランダからの眺め

しかし、私にとって、この施設の最大の魅力は、景色のすばらしさでした。
この建物は、ベランダなどの屋外に自由に出られるようになっているのですが、
ここからの眺めが、もう、最高です。

素晴らしい景観

見晴るかす緑の大地…、
手前には池、その向こうには、優美な曲線を描く橋のアーチも見えます。
先にも述べたように、この日は、雷雨の恐れをはらみつつも、天候は晴れ。
そのせいなのか、輪郭のはっきりした雲が多数出ており、
雲の群れと、抜けるような青空とのコントラストが、また、美しいものでした。

この空は、まるで、ルネ・マグリットの絵画のようです。

池のほとり

池のほとりには、ホテルなのか瀟洒な建物があり、
遊歩道のようなものも見えました。
なんだか、楽しそうな雰囲気です。
思わず、この池まで行ってみたくなりましたが、外の暑さは厳しく、
ヨメに却下されてしまいました。

歩道橋から眼下を見る。

このどんぶり会館は、道路を挟んだ向かい側にある「セラテクノ土岐」という施設と、
歩道橋で結ばれています。
その歩道からの眺めがこちら。
もう、胸のすくような光景ですネ。

セラテクノ土岐

そしてこちらが「セラテクノ土岐」です。
どんぶり会館よりもはるかに規模が大きく、とても立派な施設なのですが、
見学自由の張り紙があるにもかかわらず、施錠してあり、
内部には入れませんでした。
残念です。

遊歩道

セラテクノ土岐の裏手にも、遊歩道がありました。
なかなか素敵な小径なのですが、こちらも、強い陽射しに辟易しているヨメに、
先へと進むことを却下されてしまいました。

こうして、ひととおり、あたりを散策し、ひきあげることに…。
帰り際に気がついたのですが、どんぶり会館の駐車場には、
天野裕夫さんの作品が設置されていました。

天野裕夫さんの作品

天野さんの作品は大好きなので、炎天下の中、思わず、魅入ってしまいました。
この作品は、巨大なカエルを模しているのですが、その背には街があり、
なんらかの怪しげな装置で満たされています。
街には、そこかしこに階段や通路が伸び、家々の結んでいます。
その作りはとても精緻で、見ているだけでワクワクさせられてしまいます。

美しい道

その後、あたりを走ってみたのですが、
道がとてもきれいに整備されていて、景色の良さと相まって、
とてもいいドライブコースとなっています。

次回は、MINIで走ってみたいコースです。
これからの季節、MINIで走るのはキツいですが…。
それでも、どこかに遠出したいですね。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking


銀の森

先週末は三連休となり、金曜日、土曜日は、雲ひとつない青空が広がっていました。
ですが、我が家は三連休とはならず、結局、お休みは、
いつも通り、日曜のみとなりました。

が、連休最後のこの日曜は、雨の気配こそないものの、
前日のような快晴ではなく、少し雲の多いお天気となってしまいました。
せめてもう一日、スカッとした青空を臨みたかったのですが、
なかなか、思うようにはいきません。

しかしながらせっかくの日曜ですので、この日も、
MINIで出掛けることにしました。
今回の目的地は、土曜日の朝にやっていたテレビ番組で取り上げられていた、
恵那市の「銀の森」というところです。
(この番組は、中部地方でのみ放送されているものです)

ここは、郊外の緑豊かな場所に、レストランや専門店などが遊歩道で結ばれた施設で、
番組を見る限りでは、ちょっとオシャレでアミューズメント性も高そうな雰囲気です。
というわけで、ミーハーな私たち夫婦は、さっそく、
この「銀の森」に行ってみることにしました。

まっすぐな道

ここ飛騨高山から、同じ岐阜県内の恵那に向かうには、
進路をほぼ真南にとることとなります。
所要時間は二時間強というところでしょうか…。
ですが、まっすぐ目的地に向かっても、なんだかつまらない、と思い、
一度長野県側に出て、それから、南下するという、
大回りなコースをとることにしました。

まずは、長野県側に出るため、開田高原に向かい、そこから、
三岳村、上松町、を、経由して、国道19号に出ます。
国道19号に入った後は、そのまま南下。
連休最終日にもかかわらず、道はすいていて、とてもスムーズ。
と、思っていたら、途中、突然、渋滞に…。

この渋滞、待てど暮らせどクルマの列が動きません。
工事渋滞とも思えないので、もしかすると、
事故などの突発的な事態が起きているのかもしれません。

待っていても埒があかないので、ここでUターン。
どうせ急ぐ旅ではないので、さらに回り道をして、飯田市まで行くことにしました。

飯田の丘で

こちらが、飯田市のそばの高原です。
写真だとわかりづらいのですが、この道は下り坂になっています。
それにしても、眺めがいいですネ。
雲が多いのが難点ですが、それでも、汗ばむほどの陽射しを感じました。

その後は、国道153号線を豊田市方面に向かって南下。
途中、道の駅「信州平谷」というところに立ち寄ったのですが…。
ここはかなり規模の大きな道の駅で、どうやら、宿泊できる施設もあるようです。

木曽馬がいました。

しかも、ここには、木曽馬が何頭かいて、子供を乗せるサービスもしているようでした。
小振りな木曽馬は、かわいいです。
(これだけ小さいと、子供しか乗れないでしょう)

さて、その後は、国道418号線に乗り入れます。

国道418号線

が、この国道418号線はなかなかの酷道。
以前、豊根村に行く時にも、この道は通っていたのですが、
運転はヨメで、そのとき私は助手席で眠ってしまっていたので、
この道のことはよく憶えていませんでした。
でも、森の中を行くのは、ちょっと楽しいです。

その後、恵那の街に到着。
ここからは、とりあえず、恵那峡ワンダーランドを目指し、
その近くにあるはずの銀の森へと向かいます。

銀の森到着

こうして、ようやく到着。
それにしても、ものすごい遠回りをして、やっとの到着です。

時刻はすでに3時を回っており、夕方の気配さえ漂っていますが、
それでも、場内はかなりの人出。
(写真では人が少ないように見えますが、実際には、たくさんの人で
 賑わっていました)
ちなみに、銀の森のサイトはコチラです。

恵那 - 銀の森 Gin no Mori

オシャレなお店

ゆるやかにカーブを描く遊歩道のそこかしこに、専門店が点在しています。
南仏的な建物が、オシャレですね。
こちらは、ジャムなどを扱っているお店でした。
試食も豊富で、そのためのパンまで用意されていました。
至れり尽くせりですね。

カフェ

続いてコチラは、カフェとお店が併設された建物です。
こちらには、さきほどのお店でも売っていたジャムのほか、
さまざまな調味料や出汁などがありました。
お店の雰囲気もよく、ここで、トマトペーストを買ってきました。

遊歩道へ

この施設の裏にも、また遊歩道があり、こちらは森の中へと伸びています。
ただ、こちらには人影もまばら…。
というか、私たち以外、誰もいませんでした。
まさに、プライベート遊歩道状態です。

森の遊歩道

まだ作られて間もないらしく、コンクリートは真新しいもので、
どうも、整備途中という雰囲気です。

その後は、恵那峡にちらりと寄り、帰路に。
が、ここで、道に迷うことに…。
どうにかこうにか、帰り着きましたが、
思えば、長い長いドライブでした。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

郡上の唐辛子

水郷の里として知られる街、岐阜県郡上市。
そのすぐ北には、
ハムの産地として有名な、郡上市明宝(旧郡上郡明宝村)があります。

郡上市中心部と明宝とを結ぶ国道472号線には、
磨墨(するすみ)の里、という名の道の駅があり、
その一角には『和食ところ/おかみさん』という、小さなお店があります。

このお店は、ご飯を五穀米をするといった、
独自のこだわりがあり、私は、郡上周辺を訪れたおりには、
いつも、この店に立ち寄っています。

和食処『おかみさん』

また、このお店では、明宝の郷土料理『つぎ汁』というものを、
お味噌汁の代わりに出してくれます。
(もちろん、普通のお味噌汁を選択することもできます)

このつぎ汁、具は豆腐だけのシンプルなすまし汁なのですが、
かなりのピリ辛で、一度飲むと、けっこうクセになります。

実を言えば、この汁がいただきたくて、
私は、たびたび、ここを訪れているのです。

で、このつぎ汁がどのような材料から作られているのか、ですが…。

それは、郡上南蛮と呼ばれる唐辛子(素焼きにするらしいです)と、
干し椎茸、煮干し、昆布、などだそうです。
これらを、袋に入れて煮出し、最後に、醤油、砂糖を加えて味を整える、
とのことです。
(おかみさんのテーブルに、そう書かれたペーパーがありました)

というわけで、このつぎ汁を、我が家でも作れないか、と、思い、
昨晩、挑戦してみました。
(といっても、挑戦したのは、ヨメですが…)

つぎ汁の材料

まず、こちらが材料です。
唐辛子は、郡上で手に入れたものです。
その他は、近くのスーパーなどで買ってきました。

もっとも、材料はわかっていても、それらの分量はまったくわかりません。
というわけで、勘のみで作業を進めていきます。

つぎ汁、完成!

味見をしつつ、試行錯誤することおよそ1時間、
こちらが、できあがった、自家謹製『つぎ汁』です。

で、肝心の味ですが、味そのものは、少しばかり、薄いものとなってしまいました。
かといって、これ以上、醤油を足すと、つぎ汁とは呼べないものになってしまいそうです。
もっとだしを煮出す必要があったのかもしれません。
ただ、ピリ辛感はかなりあり、おかみさんのそれよりも若干辛いくらいです。

これはこれでおいしいのですが、おかみさんで出されているつぎ汁には、
やはりおよびません。

今後も、つぎ汁作り研究を、さらに深めてみたいと思います。




●ブログランキングに参加しました。
コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking