明智城への道

今年の大河ドラマは『明智光秀』が主人公ということで、
光秀ゆかりの地が多数ある我が岐阜県は、放送がはじまるまえから、
さまざまなPR活動を展開しています。
市内のアーケードには、明智家の桔梗紋や、織田木瓜、二頭波頭などが、
垂れ幕として掲げられ、また、無数の小冊子、チラシなども発行しています。
ドラマは、出演女優の不祥事などで、開始が二週間も遅れるという、
前代未聞の事態になってしまいましたが、視聴率のほうは、好調だとも聞いています。
(まあ、前年のいだてんが極めて低かったので、高く感じるだけなのかもしれませんが)

そんな県下の光秀ブームにあやかって、私たちも、先々週の日曜(1月26日)、
明智光秀も居城したという可児市の明智長山城跡に行ってきました。
この城址は、麒麟が来る第一話の終わりの、旧跡案内でも取り上げられていました。

明智長山城も、犬山城同様、岐阜市からはさほど遠くなく、
一時間と少しで到着できました。
岐阜市のあたりは、西に走れば彦根城をはじめ、長浜城、小谷城址、などがあり、
また市内には岐阜城があり、東に行けば、今回の明智長山城をはじめ、美濃金山城、
岩村城があるという、まさに城に恵まれたところです。
(岩村城には、まだいったことはないんですが……)

曇り予報のはずが好天に

というわけで、明智長山城のための無料駐車場に車を止めます。
この駐車場、明智長山城からはちょっと離れていますが、城のあるあたりは、
閑静な住宅街になっていますので、かならずここか、もしくは、
花フェスタ記念公園駐車場に車を止めるようにしていただきたいです。
城の近くの路上に車を止めると、近隣住民の迷惑になりますので……。

いざ登城

そして歩くこと十分弱。城の入り口に到達しました。
(もっとも、この道は、城の大手門側ではなく、裏手になるようです)
この日の天気予報は曇りだったのですが、青空が見える行楽日和となりました。

記念の碑

明智長山城の築城は、1300年代の半ばごろだったようです。
応仁の乱よりも100年以上もまえですね。
城は200年以上も存続したそうですが、斎藤道三と斎藤義竜とのあいだでおきた、
長良川合戦の後、義龍軍の攻撃を受け、落城したといいます。
(明智勢は道三側に与したためです)
この落城後、光秀は、越前に逃れたかと思います。
(たしか、国盗り物語ではそういう展開になっていたんじゃないかと思います)

じつは大にぎわいです

大河の影響のおかげで、城址はかなりの賑わい。
写真ではあまり人が多く写っていないように見えるかと思いますが、
実際には、非常に多くの観光客が訪れていました。
テレビの影響ってすごいですね。やっぱり……。

本丸跡

こちらは、本丸跡だそうです。
山城というほど、険しい山のうえにあるわけではないので、
城巡りは比較的、容易にできるかと思います。
そのぶん、長時間の山歩きを覚悟していると、ちょっと拍子抜けするかもしれません

高低差が激しい

とはいうものの、各曲輪への行き来には、谷を登ったり降りたりしなくてはなりません。
こちらは、そのための道ですが、高低差が結構あります。

古い石垣跡

その道すがら、古い石垣跡を発見。
これは、光秀や、光秀の叔父の光安の時代の遺構なのでしょうか。
そう思うと、ちょっとワクワクするんですが。
そのあと、いったん下山し、今度は、大手門側から、再度、登城してみることにしました。

大手門

こちらが、城の大手門です。
路面は石畳城になっていて、とてもきれいに整備されています。
ただ、登るには、ちょっと息が切れるかも。
(ヨメはハアハアゼエゼエいっていました)
夫婦共々、もういい年ですしネ。

郭跡

こうしてふたたび登城。
今度は、さきほどは行くことのなかった、別の曲輪などを見て回りました。

そのあと、またふたたび下山。
城を出ると、今度は、近隣にある『天龍寺』という、
曹洞宗のお寺へといってみました。

明智光秀の位牌がある寺

こちらには、明智光秀公像、また、とても大きな位牌があります。
また、寺の裏手側には、明智家代々の墓があります。
この墓が、苔むしたとても古い雰囲気で、独特の印象があるのですが、
カメラのレンズを向けるのが、なんとなく不謹慎な気がしてためらわれてしまいました。
ですので、写真がありません。すみません。

光秀ゆかりの地

その後は、そのまま東に歩き、
花フェスタ記念公園の脇を通る県道381号線に出て南進。
最初に車を止めた駐車場まで戻ってきました。
ぐるっと一周したようなかたちになります。

花フェスタ記念公園には、大河ドラマ館が設置されているとのこですが、
今回は時間がなくなってしまったので、今度もし、機会があれば、
いってみたいです。

というわけで、二回連続でお城の話題を続けてしまいましたが、
これからもまた、県内の城巡りをしてみたいと思っています。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

犬山城

1月半ばの三連休最終日。
ヨメの車で、愛知県の犬山まで、ドライブがてら行ってみたのですが、
予想以上の混雑のため、空いてる駐車場をうまく見つけ出すことができず、
やむなく、そのまま帰ってきてしまいました。
(前回の投稿記事でも、この話を少し書きましたが)
でも、やっぱり、犬山にいってみたい……。
というわけで、その翌週にあたる19日の日曜、再度、犬山行きにチャレンジしてみました。
今回は、そのときの模様を、写真を交えつつ、ご紹介したいと思います。

犬山は、現存十二天守である『犬山城』がある街で、
ここ岐阜市から、さほど遠くはありません。
ですが、私が岐阜市に拠点を移して以後、すでに数年経つにもかかわらず、
いままで、犬山に行く機会が一度もありませんでした。
(あまりに近場過ぎて、スルーしてしまっていたって感じでしょうか)

というわけで、今回は、あらかじめ車を止められそうな駐車場のアタリを、
つけておいてから出かけてみました。
そのおかげで、現地で時間を浪費することなく、難なく駐車できました。
よかった、よかった。
しかも、お天気も、晴天とまでは行かないまでも、
まあまあの好天で、気温もさほど低くなく、ちょうどいい具合でした。
(なにしろ今年は、昨年末に引き続き、暖冬傾向が続いていますから)

私は、子供の時に、両親に連れられ、この犬山城にきたことがあるはずなのですが、
当時は、当然のことながら、お城にはまったく興味がなく、なんの記憶もありません。
城の周辺を眺めても、城下町を見ても、まったくなにも思い出せません。
ですので、とても新鮮な気持ちで犬山観光することができました。

いざ登城

こちらは、城にあがる道の手前にある、稲荷神社です。
当初は、この神社を通って行かないと、城に行けないのかと思ったのですが、
どうもそうではないようですね。
でも、せっかくですので、きちんとお参りさせていただきました。

道を登る

そして、城への道を上がります。
この日は、三連休などではなく、ごく普通の日曜だったのですが、
それでも、見物客の人たちは、かなり多いように見受けられました。

料金はひとり550円です。
大河ドラマ館より安いです。
同じお金を使うなら、犬山城のほうが断然いいかも!。
なにしろ、本物のお城ですし……。

天守閣

そしてついに、国宝犬山城の天守閣前に到着。
いつか来ようと思いつつもなかなか犬山行きがかなわったわけですが、
ここにようやく念願達成です。感激です。

この城は、天文六年に信長の叔父に当たる織田信康が築城したと言います。
天文六年といえば、甲斐の武田晴信が、父信虎を駿河に追放して、
実権を握った年ではなかったかと思います。
その後、城主は織田信清に変わりますが、信清は、信長とは対立したため、
城攻めに逢い、以後、池田恒興が城主になったといいます。

信長が本能寺の変で横死すると、今度は、信長の家臣であった羽柴秀吉が台頭します。
そんな秀吉を快く思わなかった織田信長の三男、織田信雄が、
徳川家康とタッグを組み、秀吉と対決します。
これが世に言う『小牧長久手の戦い』となるのですが、
犬山城は、この戦いにおいて、秀吉側の陣となりました。
天正の昔の、しかも戦を経た城が、いまもこうして残っていることに、
ちょっと感動してしまいます。
(城の外観は、小牧長久手の戦いの当時と、違うのかもしれませんが)

内部の石垣

というわけで、さっそく城の中にはいってみます。
こちらは、はいってすぐのところにある石垣です。
これも当時のものなのでしょうか……。

彦根城などの現存十二天守はどれもそうなのでしょうが、とにかく、
城は階段の傾斜が急で、手すりを掴んでないとかなり危険。
しかも、入場者が多いので、転んだりしようものなら、将棋倒しになりそうです。
というわけで、一歩一歩、慎重に登ります。

それにしても、この古い建物に、こんなに観光客が入っても、大丈夫なのでしょうか。
補強工事とか、してあるのかな。

最上階到着

各階を見物するのはあとまわしにして、まずは、最上階へといってみました。
ここは、それほど広くはありません。
まあ、天守閣って、飾りみたいなものですしね。

小牧山城が見える

外に出ると、街の風景が一望できます。
この先には、小牧山城と思われる小山が見えました。
当時も、こんな感じで、家康が陣とした城が見えたんでしょうね。
(すみません。この写真だとちょっとわかりにくいですね)

美しい風景

反対側に回ると、木曽川が一望できます。
犬山城は、この木曽川を自然の堀として活用し、背後の防御を図っています。
まさに天然の要害といったところでしょうか。

この城は、大坂夏の陣のあと、元和になってから、
家康の重臣である成瀬政成が入場し、以後、世代交代を繰り返しながら、
明治期まで城主を勤めます。
ごく最近まで、この城は、成瀬家の個人所有でもあったそうです。

城郭

というわけで、城をたっぷりと堪能してきました。

空堀

また、城の外には、こうした空堀と思われる遺構もありますので、
周辺散策もしっかりしておきたいものです。

城下のにぎわい

そのあとは、犬山の城下町へと足を運んでみました。
このあたりは、とにかく、たいへんな賑わいです。
犬山の街って、こんなに賑やかなところだったんでしょうか……。
あまりの観光客の多さに、びっくりです。

古い邸宅

こちらは、街中にある古い家です。
旧磯部家住宅というそうで、無料で見学できます。
邸内にいた案内の方によると、この家屋が建てられたのは、幕末の慶應らしいです。
大政奉還のほんの少し前くらいなのでしょうか。
こういう建物がタダで見ることができるのが、なんともふとっぱらというか、
ありがたいです。

こうして、思う存分、犬山を満喫してきました。
次回、また機会があれば、ぜひいってみたいです。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
岐阜大仏1

早いもので、年が明けてすでに半月以上が経ってしまいました。
年末年始は、実家のある飛騨高山に帰省したりしていましたが、驚くことに、
雪国であるはずの高山でも、まったく雪を見ることがまったくありませんでした。
日陰に残るわずかな雪さえも見当たらないのです。まったくの積雪ゼロ。
まあ、雪がないということは、当然のことながら、
雪かきの手間もなく、車の運転などもいたって楽なのですが、
白く染まっていない冬の飛騨は、かなり珍しく、なんだか不気味に思ってしまいます。
ということは、今年も猛暑、そして巨大台風の到来があるのでしょうか……。
年明けの直後ながら、戦々恐々としてしまいます。

また今年も、ヨメさんの実家にお邪魔させてもらったりと、
いつものように、正月は、慌ただしくしつつも、とくに何事もないまま過ごしました。
考えてみれば、ここのところ、あまりよくない年ばかりが続いていましたから、
今年こそは、少しは良い年になればいいなと思っています。

さて、正月も過ぎた三連休の最終日、久しぶりに出かけてみることにしました。
とはいえ、行った先は近場。
かねてから行きたいと思っていた愛知県の犬山市の犬山城に行ってみることにしました。
というわけで、ヨメといっしょに出かけてみたのですが、
いざ、犬山に到着してみると、好天の三連休最終日とあってか、街中は大混雑。
結局、クルマでグルグルと駐車場を探し回っただけで、帰ってきてしまいました。

でも、せっかくのお休みですので、このまま帰宅というのも、なんだかもったいないです。
なので、犬山よりさらにググッと近場の、岐阜市内の『岐阜公園』に、
ちょっと行ってみることにしました。
ところが、この岐阜公園もまた大混雑。駐車場に入るための車が、長蛇の列を成していました。
折しも、岐阜公園内には、今年の大河ドラマ『麒麟がくる』の衣装などを展示した、
大河ドラマ館がオープンしたとこのことで、思いのほか、園内は賑わっているようです。
(麒麟がくる、の主人公、明智光秀は、美濃の出身ということで、ご当地である岐阜県は、
いろいろと盛り上がっているようです)

もともと辛抱強くない私たちは、またしても半ば『諦めモード』に入ってしまいましたが、
もはや駐車場へと続く長い車列から脱出もできず、結局、そのままノロノロと進むことに……。
やっとの思いで駐車場に入っても、まったく空きが見当たりません。
というわけで、もう帰ろうかとしたそのとき、どうにか運良く駐車できたので、
当初の予定通り、公園まで歩いて行ってみることにしました。

もっとも、車を止めることができたその頃は、混雑もピークを過ぎたようで、
駐車場へ入る車列も、すっかりなくなっていました。
なんだか無駄な時間を過ごしたみたいで、がっかりです。
しかも、お天気が少しづつ微妙になってきて、上空には雲が張り出してきてしまいました。
これもまた残念なのですが、気を取り直して、公園まで歩くことにしました。

岐阜市歴史博物館

こちらは、岐阜公園内にある岐阜市歴史博物館です。
話題の大河ドラマ館は、この建物の二階にあるとのことでした。
もっとも私は、大河ドラマ館というのは、番組PRのための施設であるため、
無料で入れるものかと思っていたのですが、なんと、入場料が600円がかかるんですね。
知りませんでした。

いずれにしても、大河ドラマ館は今年中やっているということなので、
見学はパスして、またいずれ、したいと思います。

光秀横丁

ちなみに、この歴史博物館のあるあたりは、いま、大河ドラマにちなんで、
光秀横丁などと呼ばれているそうで、おみやげ物屋や、
フードコート的な店が並んでいました。

というわけで、岐阜公園からさらに足を伸ばして、少し周辺を歩いてみることにしました。

常在寺

そしてこちらは、公園の近くにある日蓮正宗のお寺『常在寺』です。
このお寺は、斎藤道三にゆかりのある寺として、
歴史マニアの方たちには、広く知られているのではないかと思います。
なにしろ、ここ常在寺は、司馬遼太郎の『国取り物語』のなかでも、
京で油売りをしていた松浪庄九郎が、美濃にきて最初に訪ねるお寺として登場しています。

京の妙覚寺で、智慧随一の法連房と呼ばれた松浪庄九郎は、
いつかは国主になりたい、という野望を持って還俗します。
その国盗りの標的に選んだのが、豊穣な美濃国でした。
油商人として成功を納めた庄九郎は、同じ妙覚寺の学僧だった常在寺の日護上人を訪ね、
美濃守護職の実弟である土岐頼芸に取り入るべく、日護上人の計らいで、
頼芸の家臣、長井氏に渡りをつけてもらうのです。

この常在寺には、有名な斎藤道三の肖像画もあるそうですし、
おそらくは今年の大河でも、登場するのではないでしょうか。

そんなわけで、常在寺をじっくり見学したかったのですが、その機会はまた次回に譲るとして、
今度は、常在寺のすぐ北にある正法寺という寺に行ってみることにしました。
この寺には、岐阜大仏と呼ばれる巨大な仏堂があるそうです。

正方寺正面

こちらがその正法寺です。
建立は江戸時代の中期から後期ということで、前出の常在寺に比べると、
はるかに新しいお寺かと思いますが、見た目の雰囲気は、とても古色蒼然としていました。
(今度は、大規模な修復の必要があるように見受けられます)
入場料は一人200円と極めてリーズナブルです。

岐阜大仏2

そして屋内に足を踏み入れると、すぐさま、
目のまえにそびえる大仏様と対面することになります。
大仏は頭部から胸部にかけて、金箔を貼ってあるようで、
明かりとりの窓から射し込む陽光を受けて輝いていました。

岐阜大仏3

写真ではわからないかと思いますが、思いのほか巨大で、ちょっと驚きます。
(なにしろ、寺の外観がさほど大きく感じなかったので、なかにはいってびっくりです)
お顔も少し独特な印象があり、なんだかやさしい雰囲気です。

思えば、大仏を見学するのはこれで三回目。
まずは奈良東大寺の大仏を見学し、また、石川県にある越前大仏も見学しました。
(あっ、そういえば、これほど大きなものではありませんでしたが、富山県高岡市にある、
高岡大仏も見に行きましたっけ……)

寺のなかに入った当初は、周囲にほとんど人がいなかったのですが、
そのうちに、見学のお客さんがどんどん入ってきました。
岐阜市内の観光スポットは、あまり多いとはいえないと思うのですが、
ここ岐阜大仏は、そのなかの貴重なひとつかもしれません。

2020_01_13i.jpg

その後はふたたび岐阜公園に戻り、駐車場まで歩いて帰ることに……。
まだ日は高かったのですが、公園内はすでに人もまばらとなっていて、さみしい雰囲気でした。
次回は大河ドラマ館の見学もさることながら、岐阜城に登りたいです。

満蒙開拓青少年義勇軍の碑

ちなみに、岐阜公園内には、満蒙開拓青少年義勇軍の碑がいくつも残されています。
満州への開拓移民を最も多く送り出したのは、長野県とのことですが、
ここ岐阜からも、青少年義勇軍をはじめ、多数の県民を、満州の地に送り出したようです。
これらの碑についても、今後、調べて思っています。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
講演会会場

先週の土曜 (9月7日)、岐阜市の西隣にある瑞穂市という街で
朝日大学公開講座2019 2020放送予定大河ドラマ『麒麟がくる - 明智光秀を学ぶ』
と題された、講演会が行われました。
場所は、瑞穂市の瑞穂市総合センターで、講師を勤めるのは、
テレビなどでおなじみの、東京大学史料編纂所教授の本郷和人先生です。
本郷先生は、歴史系のバラエティ番組にも広く出演しており、
また、NHK BSの『偉人たちの健康診断』では司会も勤めていますので、
歴史に興味がない方でも、お顔を拝見したことがあるのではないかと思います。
(歴史の先生というと、この本郷先生をはじめ、磯田先生、小和田先生、
そして城郭研究家の千田先生が有名かなと思います)

この公開講座は、受講は無料ですが、会場のキャパシティの関係で、
入場希望者は事前に申し込みが必要で、受講者にはハガキで通知するとのことでした。
申し込みがちょっと遅かったので、受講できるかどうか、ちょっと不安だったのですが、
八月末、無事、受講者通知が届き、晴れて会場に入れることとなりました。
(ただ、300人余りが抽選に漏れたそうです)

というわけで、7日当日、ヨメに会場まで送ってもらいましたが、
開演30分前にも関わらず、会場はすでに人でいっぱい。
一階の席はもうほとんどが埋まっている状態でした。

というわけで、講座資料をいただいたあと、仕方なく二階へ。
二階席があるのならさほど困らないのでは、と思われるかもしれませんが、
上階の席というのは、ステージからちょっと距離があるんですよね。

会場風景

でもまあ、仕方がないのでこちらでガマンします。
……と思っていた矢先、それまで封鎖されていた、
同じ二階にある左右の席が解放されたので、急遽、そちらに移ることにしました。

会場内移動

この席は、桟敷席のような状態で、なかなかに見晴らしがいいです。
ただ、講演者が手前の側 (向かって左側) に立つと、あまり見えないんですが……。
いずれにしても、席が一列しかなく、前後に人がいないので、けっこう楽な感じですね。

そうこうするうちに、開演時間となり、まずは朝日大学の学長が挨拶に立ちました。
講演が始まると、撮影は禁止となっていますので、
この先は、画像はありません。すみません。
学長の挨拶は、簡潔ながらもユーモアを交えていて、とてもよかったです。

そのあと、いよいよ本郷先生が登壇し、講演が始まりました。
(ただ、席の場所が影響したのか、ちょっと音声が聞き取りづらい部分がありました)
とはいえ先生は、壇上に立っても、すぐ本題に入るわけではなく、
まずはツカミにあたる小話をして、会場の笑いを大いにとって、
充分に場を和ませたところで、講義に入りました。
(さすが先生、お話することにとても慣れている感じです)

先生は、まず『歴史的事実とフィックションとは分けて考える必要がある」と、
おっしゃっていました。
明智光秀は、誰もが知るたいへんな有名人ですが、
じつは、多くの部分がまだわかっていないとのことです。
年齢ひとつをとっても、正確なところは、いまだに不明だそうです。
もちろん、本能寺の変をなぜ起こしたか、などということは、わかるわけがありません。

ただ、先生のおっしゃるお話のなかで、とくに興味深かったのは、
信長と光秀の関係が、ある女性を介することで良好な状態を保っていた、というくだりです。
この女性は、当時の文献によると『御ツマキ』と称されていて、
光秀の義理の妹と推察されています。
(光秀の正室である妻木煕子の妹か……)
同時に、この御ツマキは、信長の側室ではなかったかというのです。

この『ふたりの実力者がひとりの女性を調整役として良好な関係を維持する』というのは、
平清盛と後白河法皇の関係を彷彿とさせます。
平清盛は、後白河法皇と昵懇で、後白河の庇護を受けるかたちで、位人臣を極めます。
後白河は平氏一門の滋子を女御としており、この滋子を調整役とすることで、
清盛は、後白河との良好な関係を維持していたといいます。

信長と光秀も、おそらくこの清盛と後白河のように、
御ツマキを調整役として、良好な関係を築いていたのではないか……、
そう考えられなくもないというのです。

ところが、御ツマキは、天正九年八月に亡くなります。
天正九年といえば、本能寺の変が起こる前年です。

滋子が亡くなったことで、清盛と後白河の関係が悪化したように、
(このあたりのいきさつは、大河ドラマ『平清盛』でも描かれていましたが)
御ツマキが亡くなることで、信長と光秀の関係も、
しだいにぎくしゃくしていったのではないか、というのです。

もしかすると、来年の大河ドラマ『麒麟がくる』でも、
このあたりのいきさつが、描かれるのかもしれません。

また、明智光秀は極めて優秀な人物であったと、本郷先生は考えているようです。
なにしろ、丹波をわずか四年で攻略した、という一点からも、
その優秀さは明らかだといいます。

武田信玄は信濃を攻略するのにかなりの時間を要しました。
なにしろ、この攻略の過程で、信玄は、北の上杉謙信を刺激することとなってしまい、
結局、謙信とは十年にも渡って戦うこととなりました。
戦の神様のように称される信玄ですが、そんな信玄であっても、
信濃攻略は、決して容易ではなかったわけです。
ゆえに、光秀が行なった『四年で丹波攻略』という功績は、
光秀の並外れた力量を示していると言わざるを得ないというのです。

資料冊子

本郷先生の講演の後は、巽昌子先生による、
古文書からみる分国支配という講演が行われました。
こちらは、とくに光秀とは関係なく、武田信玄の甲州法度や、
今川家の今川仮名目録などについて、お話しされていました。

その後は、高校生による作文コンクールの表彰などが行われ、
特に優秀と判断された三つの作文が、作者本人によって朗読されました。
私は、高校生の頃は、歴史にまるで興味がなかったですから、
ただただ感心するばかりでした。

受講証明書

ちなみに、この講演の資料の中に、受講修了証が入っていました。
しかも名前入りです。
こんなの、もらえるんですね。

というわけで、土曜の午後を有意義に過ごすことができました。
今後も、同様の講演会や催しがあれば、また、出かけてみたいと思っています。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

美濃金山城

前回、岐阜県東濃地方にある山城『苗木城』に行ったことを紹介しましたが、
今回も、同じ岐阜県東濃地方にある山城について、少し書いてみたいと思います。
2回目の今回、行ってみた城は、美濃金山城という山城です。
この城は、信長に仕えた『森長可』の居城で、現在の岐阜県可児市に、
その跡が残っているといいます。
おりしもいま、これら山城で、スタンプラリーをやっており、先日行った苗木城で、
スタンプラリー用の用紙をもらってきたので、今回、
新たなスタンプを入手するためにも、この美濃金山城に行ってみることにしました。

もっとも、とてもアップが遅い当ブログですので、じつは、
美濃金山城に行ったのは、一週間以上前の、今月17日のことになります。
(なかなか迅速なアップができず、反省しています。すみません)
この日は、天候もよく、前回の苗木城同様、最高のお出かけ日和となりました。
目指す美濃金山城は、ここ岐阜市からは、方向としては、
苗木城とほぼ同じ、東になります。

ただ、距離としては、苗木城よりもずっと近く、
まさに、ちょっとお出かけ……、近場へのドライブという感じでした。
もっとも、出発が昼過ぎと遅かったので、
このあたりが、ちょうどよかった、といえるかもしれません。

ところが、道がよくわからず、結局、いくらか大回りをすることとなってしまい、
予定していた時間よりも、少し多めにかかってしまいました。
同じ岐阜県といえども、美濃金山城がある可児市のあたりは、地理がよくわからず、
なんだか無駄に走ってしまったようです。

交流館

と、いろいろありましたが、無事、美濃金山城の周辺地域へと到着。
まず最初に行ってみたのは、可児市観光交流館です。
こちらには、無料で入ることができます。

具足がいっぱい

室内には、具足を身につけた武将の姿が……。
大きな施設ではないですが、なかには、お客さんも多数いました。

この施設の隣には、可児市戦国山城ミュージアムという施設があります。
こちらは、入場料が必要となります。
というわけで、こちらにもさっそく入ってみることにしました。

たいへんお恥ずかしい話で恐縮ですが、美濃金山城というのは、
信長に仕えた、あの森長可の居城だったんですね。ぜんぜん知りませんでした。
森長可といえばビッグネームですよね。
信長に仕えた、というだけでなく、小牧長久手の戦いでは、
秀吉に与し、最後には、討ち取られたのではなかったかと思います。
たしか、大河ドラマ『真田丸』でも、本能寺の変のあと、
滝川一益などと同様、信濃で足止めされてしまう、森長可の姿が、
描かれていたように思います。

美濃金山城ジオラマ

ちなみにこちらが、館内にある美濃金山城のジオラマ模型です。
苗木城の資料館にも同様のものがありましたが、やっぱり、ジオラマは、
みていて楽しいですね。
というか、ジオラマ、作りたい……。

森蘭丸具足

そして、こちらが、信長に近習として仕えた美少年、森蘭丸の具足です。
この兜とか、みたことがあるんですが、森蘭丸のものだとは、
いままで、知りませんでした。ああ、不勉強。

そのほかにも、この施設には、鉄道にまつわる展示などもされていました。
歴史マニアだけでなく、鉄道マニアも楽しめる施設かと思います。

というわけで、ひととおり施設を見学したあと、いよいよ、
美濃金山城に登城してみることにしました。

絶好の好天

まず、金山城登山客のための駐車場に、プジョーを移動させ、そこから、
歩いて向かうことにしましたが、このとき、どうせ、道を歩けば、
案内看板などがあって、城の場所はわかるだろう、
と、たかをくくり、ガイドマップをクルマのなかに置いて行くことにしました。
そしてまずは、案内板にしたがって、米蔵跡へと進みます。

年貢米を収めた蔵跡

こちらがその米蔵跡です。
城があった当時、ここには、年貢米が保管されていたといいます。
残る石垣はかなり立派で、米蔵はとても規模の大きなものだったと推察できます。
また、この場所は、明治から戦後の時期まで、製氷池として使われていたそうです。
そのことからも、この場所は、意外と低温だったようです。

さみしい看板

そして、米蔵を過ぎると、このうらじろの径という看板が現れるのですが……。
あるのはこの看板のみで、どこにも、天守跡、とか、
美濃金山城、といった表記がありません。
しかも、なんだかさみしい雰囲気ですし、さっきまで戦国山城ミュージアムにいた、
ほかのお客さんの姿も見えず、あたりには、だれもいません。

この道でほんとうにあっているのか、不安になりましたが、
ガイドマップはクルマのなかに置いてきてしまいましたし、とりあえず、
このうらじろの径を、登ってみることにしました。

山道へ

まあ、道自体は、適度な幅もあり、それほど通行に支障のあるものではありません。
ただ、あたりは鬱蒼とした森の中で、なんとなく薄暗く、しかも、
看板はなく、登るにつれ、不安感が増してきました。
でも、気を取り直して進みます。
ところが、歩けども歩けども、なかなか着きません。
これならば、もっと山城然としていた、苗木城のほうが、はるかに登城が楽です。

やっとで看板が

そうこうするうちに、やっと、森の中の広場のような場所に行き当たりました。
ここで道が分かれており、ようやくにして、金山城跡という表記に行き当たりました。

階段状の道

その矢印看板の先は、延々と伸びる階段状の道のようです。
でも、間違いない道だと思うと、士気も上がり、木材を組んだ道を登り始めたのですが……。

これが、行けども行けども着きません。
もう、どこまで登るんだろう、という感じです。
ヨメは無口になり、どんどん遅れ気味になっていきます。
それでも、ひたすらに登り続けました。
ちなみにこの道は、途中あった看板によると、杉ヶ洞搦手道というそうです。

やっと到着

こうして、ようやくにして、金山城跡に着きました。
ほんとうにここまで長かった。
石垣は、苗木城にあった美しい石組みではありませんが、このほうが、
戦国の山城の気分がでますよね。

抜群の眺め

しかも、この場所からの眺めは最高です。
こうした、下界の景色を楽しむことができるのも、山城の醍醐味です。

美濃金山城は、天文六年に、斎藤道三の猶子であった、
斎藤正義という人物の名で、築城されたといいます。
(もっと古いものでは、と思っていました)

ちなみに、この場所には、見物客の姿がちらほらとあります。
とはいえ、うらじろの径から、杉ヶ洞搦手道では、人影は全くありませんでした。
いったいどういうことだろう、と思ったら……。

なんと、杉ヶ洞搦手道のちょうど反対側にも登山道があり、
そのすぐしたには、なんと、駐車場があるではないですか!。
ということは、こちらが、美濃金山城の、正式な登山ルートだったようです。

うらじろの径は、その名の通り、うらの道だったんですね。
それにしても、長くて苦しい道でした。
(でも、関ヶ原の松尾山登山道よりはマシですよ)

日露戦争戦没者の碑

ちなみに、駐車場に降りる道は、日露戦争の戦没者を祀る碑があったりしました。
なぜ、この場所に建てたんでしょうか。
いずれにしても、城とは別に、これも興味深いです。

破城の痕跡

また、こちらは、破城の痕跡と呼ばれる部分だということです。
一度築いた城を、故意に破壊して、新しい城が築かれることを防ぐことを、
破城というそうですが、こちらが、その破城のあった石垣のようです。

石垣自体は、野面積みのもので、こちらも、戦国時代のものではないかと、
思います。

こうして、いろいろありましたが、美濃金山城を満喫してきました。
山城は、ハイキング気分も味わえ、なかなかに楽しいものですね。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking