オイル交換開始

またしても、ブログの更新が滞ってしまいましたが、
今回は久しぶりにMINIの話題を取り上げたいと思います。
先月(2022年3月)末、本格的な春を前に、MINIのオイル交換をしました。

といっても、コロナ禍になってから、MINIに乗ることが、
ほんとうに稀になってしまいました。
昨年秋の車検後は、路面に融雪剤を撒く冬に入ったということもあって、
さらに乗る機会がなくなり、以後、今年に入ってからも、
もう、まったくといっていいほど動かしていません。

ですので、まだまだオイルは綺麗な状態ですが、さすがにこのまま放置もできませんので、
グリスアップも含め、一気にオイル交換をやってしまうことにしました。
(きっとこの先は、ドライブに行く機会もあると思いますしね)

ちなみに、今回はオイルエレメントの交換もしなければなりません。
ところが、我が家にはもうエレメントの在庫がない……。
というわけで、近所にある外車系が得意な自動車整備工場に行き、
MINIのエレメントがないか尋ねたところ『置いてあるよ』とのことでしたので、
さっそく、そちらを手に入れました。

新しいオイルエレメント

こちらがそのオイルエレメントのパッケージです。
MINI SPARESと記されていますが、そういう名のメーカーがあるのでしょうか。

いままではルーカスやマーレoc21というドイツ製のエレメントを使っていましたが、
このエレメントを見るのは初めてです。
MINI専用のものらしいですが、どこの国の製品なのでしょうか。
ネットで調べてみるとイギリスにあるMINIのスペシャルショップが出てくるので、
made in UKなのかもしれません。
(UKは、United Kingdomの略です。ウクライナではありません)

いつものバルボリン20wー50

オイルはいつものバルボリンVR racing 20w-50鉱物系です。
このオイルはビバホームというホームセンターで売っているのですが、
大量に買う人がいるようで、ときに店頭在庫が極端に少なくなる時があります。
こんな硬いオイルは普通は使わないと思いますので、おそらく、
旧車系の人が大量購入するのではないかと思います。
今回も、予定数の入手ができなかったので、必要数を注文して手に入れました。
もう長年、このオイルばかりを使っています。

そしてあとはグリス。
以前はモリブデングリスを使っていましたが、MINI専門店のかたにお伺いしたところ、
モリブデングリスは水に弱いとのこと。
というわけで、いまではずっとリチウムグリスを使っています。

エンジン

というわけで、作業開始。
いつものように、まずエンジンをかけて暖気し、オイルを温めて流れやすくします。
そのあと、オイルパンとアンダーガードのあいだに、
キッチンペーパー、もしくは、新聞紙を丸めて突っ込んでおきます。
この作業を怠ると、アンダーガードの上の面に、抜いたオイルが落ちてしまい、
そこからオイルが四方に垂れるので、絶対にやっておかなければなりません。
この作業をするかしないかで、その後の作業の効率が、大きく左右されます。

そのあと、ボックスソケットを使ってドレンボルトを外します。
(これが固くていつも難儀するんですが)
廃オイルは、ホームセンターに売っている廃油パックに落とします。
まだきれいなオイルとはいっても、やはり色は黒くなっていました。
その黒く染まったオイルが、どっと排出されてきます。

以前のエレメントoc21

次いで、ラジエーターグリルを取り外し、オイルエレメントを交換します。
これも固くて難儀することがありますが、フィルターレンチを使って慎重に古いエレメントを外します。
手で回せる状態になったら、エレメントの周囲にポリ袋をあてがい、エレメントが下に落ちるまで、
回します。
こちらからも古いオイルが漏れてきますので、エレメントが外されたあとも、
そのまましばらくオイルが落ち切るのを待ちます。

その次の作業は、左側(助手席側)前輪のグリスアップです。
テンションロッドの付け根にジャッキを当てて車体を上げ、
タイヤを外して、三箇所のグリスニップルにグリスを注入します。
せっかくなので、スプレー式のブレーキクリーナーを使って、
ブレーキ周り(ローターやキャリパー)などを清掃しておきます。

こうした作業をしているうちに、古いオイルが抜けますので、新しいオイルを入れます。
バルボリンのオイルは、1クォート入りなので、5本使うと4.7リットルとなります。
MINIのオイル交換にはちょうどいい量です。
ただ、エレメントを交換すると4.7リットルよりさらにオイルが入りますので、
そのあたりも考慮しておかなくてはなりません。
MINIの専門書では、エレメント交換の際には、
オイルが5.2リットル入ると書いてあったかと思いますが、
私の経験から言うと、5.2まで入れると、
オイルレベルゲージの上のラインを超えるように思います。
ですので、とりあえず4.7を入れておいて、そのあとは、適度にエンジンをかけて時間を置き、
レベルゲージでチェックしつつ、足りないオイルを入れていくようにしています。

オイルが入ったら、車を動かし、右側の作業スペースを確保します。
なにしろ、ガレージはそこまで大きくないので、移動させないと、
右側(運転席側)のグリスアップができません。

左側と同じように、前輪を外し、三箇所のグリスニップルに注油。
そのあとは、後輪のラジアスアームに注油して、作業完了です。

ガレージ内のMINI

慣れた作業とはいえ、なにしろ素人ですし、作業場所も広くはないので、
結局、いつも、すべての作業を終えるのに、四時間くらいはかかってしまいます。
本当に疲れますが、作業後は、なんだかやりきった感がありますね。

というわけで、春から夏にかけての準備はこれで完了です。
天気のいい日は、どこかに出かけたいですね。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

MINICM0. TB0 TOP▲
いつもの場所で撮影

10月もいよいよ終わりですが、振り返ってみると、
今年2021年の10月は、もう、ほんとうにたいへんな月でした。
というのも、実家にひとりで住む母親が頸椎圧迫骨折を患い、
思うように身動きできなくなり、私もヨメも、
実家とここ岐阜市とのあいだを行ったり来たりすることとなってしまいました。
もともと、コロナの影響もあって、お仕事は忙しくはなかったのですが、
それでも、じっくり机に座る時間など、ありませんでした。
しかも、頸椎圧迫骨折の症状は、腰や背ではなく、膝に強く出たため、
当然のことながら、当初は膝の病気を疑うこととなったのですが、
エックス線写真にもさしたる異常は映らず、原因はわからずじまいに……。

最終的には、MRI検査によって、膝ではなく、
骨折した頸椎の一部が背後にある神経にあたっていることで、
膝に痛みが出ているらしいことが判明したのですが、
その間、あちこちの病院にいったりと、もう、とても苦労しました。
(いまは本人に合わせた専用のコルセットで背と腰をがっちり固定しています)
治療には、二ヶ月から三ヶ月程度かかるとのことでした。
ただ、さいわいにも、ご近所の方々が手助けしてくださったり、
実費ではありますが、ヘルパーさんにきていただいたりしていますので、
不自由ながらも、なんとか生活ができている状態です。
このうえ、今月末は亡くなった父の三回忌や納骨があったりと、
まだまだ、なにかとバタバタしそうです。

そんななか、前回の記事の後半でも少し触れましたが、
先日車検を受けて帰ってきた私のMINIにも問題が……。
MINIに乗って岐阜まで戻ってきた今月のはじめ、走行中にロードノイズが出るようになりました。
スタッドレスタイヤを履いているような、そんな音です。
しかも、走るうちに、ウウウウウー、という少し高めの音になってきたような気もします。
母の様子を見に実家にしょっちゅう行くことになるいまの時期、車に不安がある状況は、
放置できません。
というわけで、先週末、実家へ行くことを兼ねて、富山市のMINI専門店まで、
ふたたび行ってきました。

林林にて

というわけで、専門店の方も、まずジャッキアップをして、手を使って、
左右の前輪を回し、音の有無を確認しました。
するとやはり、助手席側からかすかな異音が出ているとのことです。

さっそく、前輪のタイヤを取り去り、ドライブフランジ中央にあるキャッスルナットを外し、
ハブベアリングを取り出してみたのですが、そうすると、
まだ大きな損耗はないようでしたが、ベアリングの回転部分が茶色く変色していました。
これは、焼けが入っている状態らしく、異常な高温に晒されていた証でもあるそうです。
ただ、この助手席側のハブベアリングは前々回の車検のときにも交換しており、
なおかつ、コロナ禍となってからは、ほとんどMINIに乗っていないため、
損耗するにはあまりに早すぎるとのことです。
そんなこともあり、今回は、ハブベアリングを固定するカラーの幅を、
コンマ数ミリ以下の単位ですが、微妙に変えて、調整してみるとのことでした。
(画像があるとよかったのですが、すみません。撮影していません)

というわけで、とても慎重な修理をしていただき、テストドライブをしてみたのですが、
もう、ウウウウという音は出なくなりました。
いやー、めでたしめでたし。ホッとしました。
ところが、実家に帰り着き、駐車場に入れるため細かな切り返しをすると、
コツコツ、ガコガコ、という音が出るようになりました。
この音は、ステアリングコラムの付け根あたりから出ているように思うのですが、
なんとも判然としません。

で、またふたたび、富山へ行き、診てもらうことに……。
当然、今回の異音発生にハブベアリングが関係しているものと推察され、
ゆえに、またしてもベアリングを留めているカラーを交換してみたのですが、
音質はいくらか変わったものの、異音が出ることに変化はありませんでした。
まさに、原因不明の異音です。

なので今度は、専門店の人といっしょにドライブに。
近くの運動公園の駐車場に行き、急な右折、左折をしてみるのですが、
そうすると、またしても、ガコガコ音が出ます。
この駐車場ではこの音だしドライブを繰り返し、また、停車してハンドルを据え切りするなど、
いろいろなケースを試してみました。

その結果、右折した後、直進状態でハンドルが少し右に回っていることがわかり、
左折した後は、直進状態でハンドルがわずかに左に回っていることが判明しました。
すなわち、ステアリングラックの固定が甘くなっていて、
ラックアンドピニオンのギアボックス系から音が出ているらしいことがわかったのです。

というわけで、運転席、助手席、それぞれの足元にあるボルトを増し締めすることに。
どうやら、左右ともかなり緩んでいたようです。
で、このボルトを締めたら、異音はピタリと止まりました。
しかも、コーナーリングがとてもクイックに、気持ちよく回るようになりました。
すなわち、異音とハブベアリングはまったくの無関係だったのです。

いやはや、原因がわかると拍子抜けするような話なのですが、
いずれにしても、大きな修理や部品交換があるような話ではなかったので、
ほんとうにホッとしました。
それにしても、専門店の方には、ハブベアリングを診てもらったりと、
余計なお手数をおかけしてしまい、なんとも申し訳ないばかりです。

その後、富山市から岐阜市までのロングドライブをほとんどノンストップで行いましたが、
異音の発生はなく、長かったトラブルとの戦いに、ようやく終止符を打つことができました。

それにしても、ここまで、長い道のりでした……。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

MINICM0. TB0 TOP▲
MINI1000

10月に入ってすでに10日が過ぎているのに、いつまでたっても、
暑い日が続いています。なんだか、まだ夏が続いているみたいですね。
秋らしい日が待ち遠しいところです。

さて、ご報告が遅れてしまいましたが、
長らく専門ショップに預けっぱなしになっていたMINIが、
今月の初め、ようやく、車検を受け、戻ってきました。
今回も、いつものように、富山市の専門店に車検整備をお願いをしていましたので、
引き取りも、富山まで行くこととなりました。
もっとも、さすがに岐阜から富山までの移動は長いので、
まずは飛騨高山の実家まで行って一泊し、翌日、富山市へと行くことにしました。
お天気も、晴天とはいかないまでも、ドライブ日和といってもよさそうな空模様でした。

というわけで、二週間以上にわたって使わせていただいた代車ピノとも、
これで、お別れすることとなりました。

代車

ただ、このピノ。なかなかよく走りました。
オートマなので、街乗りなども快適にできました。
(もっとも、私はそんなオートマが怖くて仕方ないのですが)

今回の車検は、コロナの影響もあって、ほとんどMINIに乗っていないため、
さほどに診るところはないのかな、という感じだったようです。
部品の交換も、ほんの一部で済みました。
また、ほとんど走ることもないまま、オイル交換から半年が経ち、
そろそろオイル交換が必要かと思っていたのですが、走行距離が少ないのなら、
半年経過しても、オイル交換の必要はないとのことでした。
プロの方がおっしゃるのですから、オイル交換はもう半年、先延ばしにしたいと思います。
(実際、オイルレベルゲージでオイルを見ても、まだきれいですし)

というわけで、MINIを引き取り、とりあえず、高山まで帰ろうとしたのですが、
神岡町という場所にある長い坂道を登っている途中、突然、エンジンが息つきを起こしました。
もっとも、止まることはなく、なんだかノッキングのような状態になりました。
初めての症状で、私もヨメも、超びっくりです。
仕方なく、また専門店に電話。症状を話したところ、
クリーナーエレメントが怪しいとのことです。
結局、この場からまた富山方面へと引き返し、再度、専門店の門を叩くことに。
ここで、クリーナーエレメントと、一応、念のため、燃料フィルターを交換しました。

MINI1000

クリーナーエレメントはかなり汚れが進んでいましたが、燃料フィルターはさほどでもなく、
交換の必要性は疑問なところでもありましたが、怪しいところは潰していく、
ということで、交換となりました。
(高額なパーツではないですしね)

専門店の方がおっしゃるには、エキマニ側でわずかに排気漏れが起こっており、
クリーナーエレメントがカーボンで汚れやすい状況になっているらしいとのこと。
ですので、これからはクリーナーエレメントの状態に、気を配る必要がありそうです。

クリーナーエレメントも燃料フィルターも、交換は簡単なパーツなので、
わずかな時間で対応してもらえました。
その後、ふたたび当座の目的地である高山まで行きましたが、
なんの問題もなく、快調に走ることができました。

翌日は、高山から岐阜まで帰ってきたのですが、その道中、
今後は、足回りから、ロードノイズが出るようになりました。
もっとも、このノイズはもともと出ていたのかもしれません。
ただ、車検のまえはなかったような……。

で、またしても、専門店に電話してみると、
ノイズの原因は、ハブベアリングではないかとのことでした。
試しに、MINIのフロント側をジャッキアップし、
手で左右のタイヤを勢いよく回してみることにしました。

その結果、素人判断で一概に断定はできませんが、
助手席側のほうが、回した時に若干のノイズが出るような気がします。
(気がする、といった程度ですが……)

いずれにしても、こちらもまた、手当てしなくてはなりません。
早くプロブレムと縁を切りたいものです。

それにしても、今回は写真が少なくて、ちょっと味気なかったですね。
いろいろとあったので、写真を撮る気持ちの余裕がちょっとなかったようです。
次回はまた、写真もふんだんに交えつつ、記事アップをしたいと思っています。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

MINICM0. TB0 TOP▲
まもなく富山市へ

来月(2021年10月)は、早いものでMINIの車検が満期を迎えます。
というわけで、今回は、いつもお世話になっている、
富山市にあるMINI専門店さんまで、MINIで車検の旅に出ることにしました。
折しも、コロナ禍で、県をまたぐ移動の自粛が叫ばれていますが、
ここ何年も、MINIの車検と整備は、この専門店さんにお願いをしていますので、
やむにやまれぬ必要な移動ということで、富山まで、県境を超えて行くこととなりました。

もっとも、コロナ禍になってから、もう、ほんとうに、MINIに乗っていません。
走行距離もガクッと減ってしまいましたし、仕事も凹んでしまいましたので、
金銭的にも余裕がなく、お出かけもほとんどままならないという感じです。
前回の車検があって、その二ヶ月後くらいに、コロナウイルスが出回りましたので、
この丸二年、ほぼ乗ることがない感じです。
ですので、今回は、いくらか車検費用も安く上がるのかな、などと思ったりもしています。

車検の旅

いずれにしても、車検のためのロングドライブとなりました。
乗っていないとはいえ、いつものように、MINIは軽快に走りました。
ひさしぶりのドライブは、やはり楽しいものです。

実家の前で

というわけで、いったん実家のある飛騨高山まで行き、そこで一泊し、
翌日、富山に向け、出発しました。
洗車もしたい気持ちでしたが、そんなことをしていると遅くなってしまうので、
とりあえず、このまま出発しました。
(もっとも、充分きれいだとは思います)

道の駅りんりん

こちらは、途中で立ち寄った道の駅で撮影しました。
この日は、晴天とまでは行きませんでしたが、雨が降ることもなく、
無事、富山まで走ることができました。

ちなみに、いま、前回のオイル交換からちょうど半年が経過し、
オイル交換の時期になるのですが、この半年の走行距離は、
今回のロングドライブを含めたとしても、ほんとうにごくわずか。
(なにしろ当ブログでも、MINIのドライブ日記はホントに少なくなってしまいました)

しかし、さすがに半年も経つと、ほとんど走っていなくても、やはり、
オイル交換は欠かせないのかなと思っていました。
(前回のオイル交換も、走行距離がわずかにもかかわらず、行いましたし)
ところが、専門店のかたにお話を伺ったところ、それほど乗っていないのなら、
オイル交換のインターバルは、もっと長く取ってよいとのことでした。
というわけで、この秋のオイル交換は、来年春に持ち越すこととなりました。
専門家のかたからお墨付きを得られると、たいへん安心します。

ただ、グリスアップだけは、この機会に、しっかりと行ってもらうことにしました。

また、今回、私の勘違いで、ちょっと早めに車検に出すこととなってしまい、
MINIをお預けする期間が、一週間長くなってしましまいました。
台車もそのぶん長くお借りすることとなってしまい、専門店のかたには、
ご迷惑をかけてしましまいました。すみません。
今後は、このようなことがないよう、車検の切れる日付を、しっかりと、
チェックしておきたいと思います。

2021年のMINI1000

いずれにしても、車検が完了次第、また、MINIを引き取りに、
富山までいく予定です。
せっかくの機会ですが、なにしろコロナ禍ですので、そのまま速やかに、
帰ってきたいと思っています。

コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

MINICM0. TB0 TOP▲
緑地公園にて

気がつけば、四月ももう終わりです。
コロナウイルス蔓延以降は、なんだか月日の経つ速度が急激に増したような気がします。
今年もすでに四ヶ月が過ぎたというのに、
正月を迎えたのが、ほんのちょっと前だったような気がして、
なんだか、浦島太郎にでもなったかのような気持ちです。
コロナ禍になってから、時間がジャンプしている感じがしてしまうほどです……。

そのコロナですが、大型連休を前にして、またしても、緊急事態宣言が発出されました。
我が県は、宣言が出た一都四県には含まれてはいませんが、だからといって、
安心できるはずもなく、今後も、こうした、緊張状態と自粛疲れを繰り返しつつ、
一年が過ぎていくんだろうなあ、なんて、思ったりもします。
おそらく、この一年のうちに、コロナ禍が落ち着くことはないでしょうし、
ワクチンが行き渡ることも、難しいのではないでしょう。
まだ、四月ですが、年末の忘年会も、無理なんだろうなあ、などと、思いもします。
日本の危機脱出は、もっとずっと先のことになるのではないでしょうか。

というわけで、この四月ですが、ときに大雨もあったものの、
比較的、すっきりと晴れた、好天の日が多かったように思います。
週末、このような好天になると、やっぱりどこかに出かけたくなってしまいます。
とはいっても、人と接触するのは、やはり避けなければなりません。
ですので、先週の日曜、人出のあるところでは車を降りないことを心がけつつ、
MINIでロングドライブしてみました。
しかも、いつもはヨメとふたりで出かけるのですが、
今回は、ひとりで、気ままにドライブしてみることにしました。

なにしろ、先月、オイル交換をしてから、ほとんど、MINIを動かしていません。
コロナ禍になってから、MINIの走行距離は、ほとんど伸びていません。
かつては、年間に2万キロも走っていたというのに、いまでは、
ほんとうにわずかになってしまいました。

ですが、車は走ってなんぼですし、ずっと動かさないのも、
かえって調子が悪くなりそうです。
ですので、春の日和のなか、実家まで行きつつ、緑のなかを走ってみることにしました。

そのまえに、ものすごく久しぶりに、洗車&ワックスがけしました。
一連の作業をするのは、おそらく、一年半ぶりかと思います。
ただ、こうして洗車すると、そのたびにあちこちに細かい錆が出ているのを見つけたりして、
ちょっとブルーになることもあるわけですが……。
ただ、細部に目を凝らさなければ、まだまだ充分綺麗な状態かと思います。
(なにしろ、36年落ちですからね、うちのMINIは……)

萩原にて

今回は、まず、実家の様子を見に行きつつ、岐阜県内をグルグルしてみました。
こちらは、岐阜県下呂市萩原の駐車場です。
(トイレ休憩のために、ちょっとだけ立ち寄ってみました)
朝のうちはどんよりと曇っていましたが、だんだん青空が覗くようになりました。
その後、国道41号線を南下し、郡上八幡方面へと向かってみました。

郡上に向けて

国道41号線から256号線に入り、今度は東に向かって走ります。
こちらは、その国道256号線になります。
この道は、国道でありながら、ほとんど車通りもなく、
しかも信号もなく、まさに快適な道でした。

道の駅和良にて

こちらは、国道256号線を走っている途中にある、道の駅『和良』というところです。
初夏を思わせる日差しを受け、山の緑がキラキラしていました。
MINIも快調で、もう、いうことなしです。
やっぱり、ドライブは楽しいですね。

モネの池

そのあと、郡上八幡に到着。
街並みを見学したいところでしたが、観光客の姿が見受けらましたので、
密を避けるため、スルーしました。
その後、国道156号線に入って南下し、途中、ふたたび国道256号線に入って東へ。
板取川にかかった橋を渡って再度南下します。

名もなき池

今度は、岐阜県関市板取の通称『モネの池』に立ち寄ってみました。
時間は夕暮れに近かったのですが、まだ、わずかながら見物客がいました。
ほかの人たちと距離を取りつつ、池を見学してみます。

ただ、時間が夕方に近かったので、もうちょっと陽が高いと、
もっときれいに撮影できたかもしれません。
それでも、この池はとても美しいです。

モネの池近くの渓谷

駐車場の近くには渓谷もあり、そちらにも見物客がちらほらといました。

MINIは小さい

こちらが、駐車場です。
となりにはトヨタのパッソ(でしょうか?)が駐まっていますが、
パッソがなんだか大型車に見えてしまいます。

というわけで、一日、MINIを走らせることができました。
また、こうした気ままなドライブに、行ってみたいものです。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

MINICM0. TB0 TOP▲