Mac mini late 2012

八月も下旬になりましたが、返す返すも、今年の夏は異常に暑かったですね。
しかも今年は、我が岐阜県内にある、
多治見市、揖斐川町、下呂市金山町、などの町が、のきなみ、
40度という大台を超えて、日本一の暑さを記録したということで、
良くも悪くも、何度となく、全国区のニュースになりました。

もちろんここ岐阜市も、40度までには届かなかったものの、
日々酷暑に見舞われ、ただ普通に暮らすだけでも、非常に苦しいものとなりました。
ないしろ、仕事部屋にはエアコンはなく、リビングにあるエアコンの冷気は遠く、
Macも冷却ファンが悲鳴をあげるなど、こうした機器にとっても、たいへんな夏でした。

そんなわけで、ここ最近は、MINIに乗ることもめっきり少なくなってしまい、
(なにしろ、我がMINIには、エアコンはついておらず、それどころか、
夏場は、オーバーヒート対策のため、ヒーターをつけるくらいですから)
夕方になってから少しばかり走ることが、一回あったくらいで、
どこかに遠出などすることもなく、漫然と過ごしていました。
秋になったら、MINIに乗ってまた出かけたいものです。

そんなお出かけネタのないこの八月は、ブログの更新もないままでしたが、
つい先日、Mac miniのメモリーを増設しましたので、今回は、
そのさいの作業などについて、画像も交え、取り上げたいと思います。

私が使っているMac miniは、2014年の春に購入したもので、
モデルとしては、Mac mini late 2012と呼ばれるものにあたるはずです。

この事実を知った当初は『2年も前のモデルなの』と、ちょっとショックでしたが、
Mac mini late 2014というモデルになると、メモリの増設ができないそうなので、
結果的に言えば、late 2012モデルで、よかったのかもしれません。

そして昨年、このMac miniに、最新のOSであるHigh Sierraを入れてみたのですが、
それから以後、どうにも調子が悪い…。
挙動がもっさりしているし、日本語の表記も極端に遅い。
というわけで、ここは一発、OSをクリーンインストールしてみようということで、
ネットからの情報をたよりに、クリーンインストールを実行してみたのですが、
それでも、目に見えるほど症状は改善しませんでした。

こんなことなら、High Sierraを入れなければよかったのですが、
昨年秋に出たShade 3D のニューバージョン『Ver.17』を走らせるには、
Sierra以上のOSが必要となっており、かといって、
Shadeをバージョンアップした時点では、すでにSierraはなく、
High Sierraのダウンロードしかできず、
やむなく、High Sierraを使うこととなったわけです。

が、そうこうするうちに、さらに挙動が悪くなり、
これではもう耐えられない、ということで、ふたたび、
クリーンインストールを敢行したのですが、最初の数ヶ月は、
重いながらもなんとか使えるのですが、その後は、どんどん動作が鈍くなっていきます。

で、ある日ふと、もしかしてメモリ(RAM)が不足しているのでは、と思って、
アップルメニューからメモリを見ると、なんと、私のMac miniには、
2GB x 2GB の、計4GBしかありませんでした。
自分ではなんとなく、8GBあるだろうと思い込んでいたのですが、
さすがに4GBでは、少なすぎますよね。
おそらく、High Sierraにしてから、Macが不調なのは、
このメモリ不足が、大きく関係しているのではないかと思います。

そんなわけで、すぐ近くにある、
Macもおまかせと謳っているパソコン修理業者さんに、
メモリの増設をお願いしたのですが、にべもなく断られてしまい、
結局、メモリを買って自分で増設することにしました。

というのも、私は、MINIのようなアナログな機械をいじるのは好きなのですが、
Macのようなデジタル機器を触るのはどうも苦手で…。
しかも、知識も非常に乏しいのです。
でも、このさい、そんなことはいってられません。

トランセンドの8GBメモリ

メモリは、どこから、どの銘柄のものを買うべきか、で、いろいろ迷ったのですが、
結局、Macといえば秋葉館さん、ということで、
こちらのネットショップから、トランセンドの8GBのメモリを購入しました。
価格は、一枚が9,000円ほど。二枚で2万弱でした。
amazonを使えば、同様の商品が、もっと安く手に入ったのかもしれませんが、
ここは、秋葉館さんを頼ることにしました。

作業完了

というわけで、さっそくメモリ増設です。
まず、アップルの公式サイトに載っているメモリ増設の手順を確認し、
その後、Macのシステムを落とし、すべてのUSBケーブルを抜き、
電源ケーブルも抜いておきます。

Mac miniの裏側

そして本体を裏返し、蓋を確認します。
この黒い円盤部分が蓋になっており、回転させて外すらしいです。
アップルの公式サイトには、本体が傷つかないように、
タオルを敷くよう書かれていたので、このあと、タオルを机に敷いて作業しました。

蓋を回転させる目安

この丸い印があるところまで、円形の蓋を回転させて外すのですが、
とにかく、固くて回りません。
ほんとうに、チョー固いです。
結果からいうと、この蓋外しが、メモリ増設の、最大の難関かもしれません。
それくらい、固いです。

で、悪戦苦闘すること十数分。
やっとで外すことができました。

すごい埃

が、2014年に購入して以来、初めて蓋を外したせいで、
内部にはしこたま埃が溜まっています。
今年は猛暑だったのに、よくこれで耐えてくれたものです。

というわけで、スプレー缶式のエアダスターと、掃除機を併用し、
内部を丹念に掃除していきます。
そうそうこの場面を見ることもないでしょうから、ここはひとつ、
綺麗にしておきたいものです。

そして、古いメモリを外します。
メモリは二枚ひと組となっており、手前と奥に、
重なるようにセットされています。
というわけで、まずは手前側のメモリから作業に入ります。

古い2GBメモリを外します

メモリの両側には、メモリを固定している金具があるのですが、
それを指で左右に押し開くようにします。
そうすると、メモリが解放され、
斜めに起き上がってくるかのようなかたちになります。

一枚目が外れたら、同じ手順を繰り返し、奥にあるメモリも、
外していきます。

二枚とも外れたら、ここでまた、エアダスターを使い、
念入りに細かい埃を排除します。

新しいメモリをセット

そして、新しいメモリを、まずは奥側にセット。
メモリを斜めにスロット部分に差し込み、奥まで差し込めたと判断したら、
今度はメモリを寝かせるように、押し倒していきます。
カチッと固定される感覚があるので、そうなれば、OKのようです。

セットするとツメが固定

一枚目が終わったら、同じ手順で、二枚目を取り付けます。
固定の感触が伝わってきたなら、作業は完了です。

最後に、目視で、メモリが歪みなくきちんと収まっているか、
を、しっかり確認し、蓋を閉めます。
開けるときにはあれほど苦労した蓋ですが、閉めるときには、
意外と簡単に回転してくれました。

そして、電源ケーブル、USB類を接続して起動し、
まずはアップルメニューから『このMacについて』を選び、
メモリーの項目を見てみます。

16ギガになっていることを確認

ちゃんと8GB x 8GBの16GBになっていますね。
これで一安心ですが、そのあとも、いろいろやってみます。
まず、PRAMクリアをしておきます。
一旦システムを終了し、起動ボタンを押し、
コマンド、オプション、P、R、のキーを押します。
起動音が2度鳴りますので、それが終わったら、キーから指を離します。

で、起動させてから、ちょっとさわってみたのですが、
やっぱり、すべての挙動が早くなっています。快適ですね。
ということは、挙動の遅い原因は、このメモリ不足にあったようです。

でもって、そのあと、さらに念を入れて、
Remberというソフトを使って、メモリテストをしてみることにしました。
というのも、ネットで、このようなソフトを使って、
メモリテストをすることが、推奨されていたからです。

で、まずはRemberをダウンロードするのですが…。
このソフト、mac OS 10.5以降、とのことですが、10.5って、かなり古いですよね。
High Sierra (10.13) でもだいじょうなのでしょうか。

認識していないのか…!?

ちょっと不安に思いつつも、ダウンロードし、無事、開くこともできましたが…。
メモリの認識がされていない。う〜ん、どうしましょう。
ただ、メイン画面は表示されており、テストを実行することはできるようなので、
とりあえず、実行ボタンをクリックしてみます。

すると、テストが始まりますが、結構時間がかかります。

テストにはパス

テストが終わると、この画面が出てきました。
テストにはパスということなので、ちょっと判然としないところもありますが、
まあ、これでよしとしましょう。

いずれにしろ、Macの挙動は、格段に早くなり、操作性は圧倒的に向上しました。
Shade 3Dも、気持ちよく使えます。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

望郷の地

気がつけば、今年2017年も、あとほんのわずかとなりました。
いつものことですが、一年というのは、ほんとうにあっという間で、
この時期になると、今年は何をやっていたんだ、と思ってしまいます。
私ももう若くはないですし、そうなると、今後の時間というのは、
貴重さの度合いを増していくかと思います。
そのなかで、できることとできないことを峻別して、
事にあてっていかないと、と、思うばかりです。

と、まあ、そんな話はさておき、今年も、
いつものように、一年の振り返りをしてみたいと思います。
2016年はいろいろと体調の不良がありましたが、今年はそれらも回復に向かい、
いま考えてみれば、悪い年ではなかったかと思います。
いずれにしても、大病もなく、無事故無違反で、
何事もなく、夫婦円満で暮らせたことは、
たいへんありがたいことだったと思っています。

来年もこうして穏やかに過ごせれば、ありがたい限りです。
もちろん、それだけでなく、さらなる飛躍もしなければなりませんが…。

ちなみに、今年のクリスマスイブは日曜日ということで、
午後からですが、久しぶりにヨメと名古屋まで出かけてみました。
できれば名古屋で、イルミネーションを見たり、
賛美歌のコーラスを聞いたりと、クリスマス気分を味わおうとしたのですが、
今年のイブの夜はあいにくの雨で、なんとも残念なことになってしまいました。

イルミネーションもさほど見ることができず、
栄で毎年行われるコーラスも、雨のため中止になったのか、
撤収された椅子が会場の隅に並ぶばかり…。
この雨が、夜が更けるにつれて雪に変われば、それはそれでまた、
クリスマスらしさもでるというものですが、
そんなこともなく、なんとも残念な感じになってしまいました。
昨年のイブは、浜松で楽しく過ごしたのに、
今年はちょっと不発だったかなという感じです。

雨のクリスマスイブ

とにかく、けっこうな量の雨が降っていたので、
屋外での撮影は、帰り際に撮ったこの一枚のみ。
気が早いですが、来年のイブは、ちゃんと楽しみたいですね。

…と、ちょっと話が脱線してしまいましたが、
今年2017年の思い出に話を戻したいと思います。
さて、今年の思い出を順に辿ると、まず思い出されるのが、
春に美濃市で開催された、クラシックカーフェスティバルの見学でしょうか…。

コスモ・スポーツ

この日は天候にも恵まれ、絶好のイベント日和。
参加車両も、日本の旧車、ヨーロッパやアメリカの旧車など、
多岐にわたっていました。

クラシックカーオーナーのみなさまとも、
いろいろとお話をさせていただき、とても楽しく過ごすことができました。
クルマにおける苦労話、私も旧車オーナーゆえ、おおいにうなずくところがありました。

駅前のビッグバンド

また、そのすこしあとには、
滋賀県の東近江市で開かれたジャズフェスティバルにも、行ってきました。
この日も好天で、野外での演奏にはうってつけの日だったかと思います。
できれば、今年もまた、いってみたいです。

引揚記念館

梅雨にはいる直前の晴天の日に、
舞鶴の引揚記念館に行ったことも、思い出されます。

旧満州の防衛を担当していた日本の出先軍隊『関東軍』は、
終戦の間際に起こったソ連軍侵攻により、早々に壊滅状態となり、
その後、捕虜となった関東軍兵士は、ソ連軍によりシベリアへと連行され、
数年に渡り、過酷な労働を強いられ、少なからぬ元兵士が、厳寒の地で、
帰らぬ人となりました。

舞鶴は、これらシベリア抑留からの帰還者や、満州からの引揚者が、
数多く引き上げてきた地でもあります。

当ブログで何回か触れたかと思いますが、
私の母方の祖母は満州からの引揚者であり、そんなこともあって、
この施設には以前からぜひともきてみたいと思っていました。

そういえば、我が岐阜県の高鷲村というところにも、
満州からの引き上げに関する資料展示施設『たかす記念館』があるそうですが、
結局、現時点で、まだ行くことがまだできていません。
来年、雪の季節が過ぎたら、ぜひ、行ってみたいと思っています。

唐招提寺

そして、今年は、奈良の旅行へ二回行ってきました。
最初はヨメのプジョーで、2回目は私のMINIでのドライブでした。

甲賀市でのMINI

奈良といえば定番の春日大社、東大寺、などを巡り、
秋には、興福寺の阿修羅像を見学してきました。
とくに阿修羅像は、かねてから見てみたいと願っていたので、
今回、ようやく念願がかないました。

阿修羅との対面は、いまでも、私にとって貴重な体験となっています。

また、今年は、大阪のギャラリースプーンさんで、
夏と、この年末に、計2回、企画展に参加をさせていただきました。
飛騨高山に住んでいたころは、グループ展などを行うことはあまりなく、
(ずいぶんまえに、飛騨高山で、グループ展は何度か行ったのですが)
とりたてて活動はしていなかったのですが、
ここ岐阜市にきてから、大阪での企画展に、これで4回も参加させていただき、
たいへん光栄に思っています。

会場風景3

年末の企画展は、前回も申したように、多忙のため、
新作を制作をすることができず、心残りな気持ちもありましたが、
もし、また次回、こうした催しに参加をさせていただけたら、そのときは、
新たな作品を作りたいと考えています。

余呉湖の古戦場を見渡して

そうそう、歴史探訪もしましたね。
今年は、羽柴秀吉と柴田勝家が、織田信長亡きあとの覇権を巡って争った、
賤ヶ岳古戦場へ行きました。

陣場野

もちろん、今年も関ヶ原に行ってきました。
ただ、このときはお天気がいまひとつで、昨年のように、
各武将の陣をめぐる、というわけには、いきませんでしたが…。
それでも、松尾山には登ってきました。

というわけで、思い返すと、今年もいろいろありました。
来年もまた、さまざまな思い出を作っていけたらと思っています。
当ブログをお読みくださっているみなさまも、よいお年をお迎えください。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

大石公園

早いもので、2016年も残すところ、数日となりました。
やっとで、ほとんどの年賀状も出し終わりましたが、
まだまだ、年の瀬のバタバタは続きそうです。
そんな慌ただしいときではありますが、今年も、当ブログ恒例の、
一年の振り返りを、またしてもやってみたいと思います。

今年は、時の経つのがいままでになく早く感じられ、
ほんとうにあっという間でした。
とはいえ『よい年』であったかというと、とてもそうとはいいがたく、
とくに体調面では、いろいろと不安の噴出する年でもありました。
まあ私も、すでに齢五十を超えており、身体にいろいろと不調が出るのも、
ある程度は、いたしかたのないところなのかもしれません。
いずれにしろ、健康が第一と、あらためて思うこの一年でした。
(といっても、寝込むような大病はすることなかったわけで、
 それだけでも、もう、とてもありがたいことなのだと思います)

今年一年を遡るうえで、まず思い出されるのは、
岐阜県文芸祭において、私の書いた小説「慟哭を埋めた土地』が、
最高賞である『文芸大賞』をいただき、
表彰式に招いていただいたことでしょうか。
作品自体は、昨年に書いて応募し、その年のうちに賞は決まっていたのですが、
表彰式については、今年の2月の終わりに行われました。

トップバッターとして

岐阜県文芸祭には、はじめての応募だったにもかかわらず、
いきなり大賞を受賞でき、たいへん驚くとともに、
とてもうれしい出来事でした。
また、審査員の方々と、作品について論じる『講評会』にも参加させていただき、
私にとっては、おおいに意義のあるものでした。

ですが、今年は、なかなか小説を書く時間が取れず、
応募がかなわぬまま終わってしまいました。
来年こそはまた、と、いま、決意を新たにしているところです。

また、今年は、MINIやプジョーで、甲府市、富士山方面に旅行にも行きました。
最初の旅行のさいには、天候に恵まれず、富士の姿を拝むことが、
なかなかできませんでしたが、五月の二回目のリベンジ旅行のときには、
バッチリと富士山を眺めることができました。

河口湖でMINIをパチリ

このときはMINIで行ったのですが、甲府市から富士五湖へと向かう道が、
思いのほか勾配がきつく、1000ccのキャブMINIにとっては、
少々ハードな行程となりました。

そうはいいながらも、勾配にも、長距離にも、
MINIはしっかりと耐えてくれました。

大垣城

また今年は、多くの史蹟、旧跡を訪れました。
甲府では、武田信玄の居城である躑躅ヶ崎館や、
(いまでは、武田神社となっています)
また、武田勝頼の築いた新府城跡にも行ってきました。
そのほか、岡崎城や、地元の大垣城、などのお城系にも、足を運び、
石田三成ゆかりの地にも、何度も出掛けたりしました。

決戦地

極めつけは、秋の関ヶ原巡りでしょうか…。
このときは、二日間に渡って、もう、足を棒にして、
各武将の陣跡を巡りました。
また、関ヶ原合戦祭り2016の笹尾山会場では、
石田三成、大谷吉継のコスプレ隊の登場に、おおいに盛り上がりました。

その大谷吉継の陣跡と墓にも、
そして、裏切り者である小早川秀秋の陣跡にも、念願かなって行くことができました。
来年もぜひ、行ってみたいと思います。

伊勢神宮内宮

そうそう、MINIで伊勢旅行にも行きましたね。
ですが、旅のあいだ、ほぼほぼ雨にたたられるということになってしまいました。
これはもう、私の日頃の行いの悪さというしか、ないかと思います。
それでも、二見興玉神社、伊勢神宮下宮、月夜宮、伊勢神宮内宮、伊雑宮、など、
無事にお参りすることができ、たいへん感激しました。

そして、一年の締めくくりのクリスマスは、
先日もこのブログに書きましたが、浜松で楽しく過ごしました。
翌日には浜松城を巡り、まさに、今年最後のオデカケを、
史蹟探訪にて終えることができました。

そんなこんなで、また新しい年がやってきます。
来る2017年も、まずは私たち夫婦ともども、またそれぞれの両親や兄弟が、
健康に過ごせるようにと、
また、このブログを読んでくださっている皆様の健康としあわせを、願うばかりです。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

正面からの眺め

岐阜市に事務所を移して以後、近いうちに行ってみよう、と思いつつも、
なかなかその機会がなかった『岐阜市立図書館』に、
先日、ようやく行ってきました。

この図書館は、最近リニューアルオープンされたのか、
とても新しい建物で、また、モダンな建築がなされています。
たしか昨年、この図書館では、本にもっと親しんでもらうためのイベントとして、
本のドミノ倒しが行なわれ、話題や賛否を巻き起こした、
ということもあったかと思います。

いままで、県図書館には、資料探しなどで、足しげく通っていましたが、
この市立図書館には、なぜか縁がなく、岐阜市に来て半年がすぎたいま、
いまさらという感じですが、ヨメといっしょに訪ねてみました。

○ みんなの森 / 岐阜市立中央図書館のサイトはコチラ

岐阜市立図書館は、みんなの森、という別名が付けられているようで、
他のいくつかの施設と合わせて、ぎふメディアコスモスというそうです。
場所は、我が家からは真東。岐阜市の駅の真北といったところで、
周囲には市の賑わいもありつつ、駐車場も含めた広大な敷地を誇っています。

広い駐車場

こちらがその駐車場です。
平日ということで難無く駐車できましたが、土日や祝日となると、
クルマを止めるのに、少し時間がかかるのかな、とも思いました。
(土日に行ったことがないので、わからないのですが)

駐車場を抜けたところに、市立図書館がありますが、
一階にはスターバックスやローソンが入っており、図書館というよりも、
ちょっとオシャレなショッピングモールのような雰囲気があります。

この時は気づかなかったのですが、一階のスターバックスは、
ちょうどオープンの日に当たっており、そのため、行列ができていました。

図書館の蔵書スペースは、二階になっており、
エントランスからエスカレーターに乗って入るかたちになっています。
このあたりは、ふだん行っている県図書館とは、かなり趣が違います。

図書館内部

こちらが、図書館の内部です。
図書館というと、整然と本棚が並んでいる、というイメージがありますが、
こちらは、ブロックごとに、円を描くように放射状に本棚があり、
また、かなりゆとりを持った配置となっています。
しかも、天井からは、巨大なアンプレラ型のオブジェクトが吊るしてあり、
とてもモダンな雰囲気です。

というわけで、さっそく受付に行き、
図書借り出し用のカードを作ってもらいました。
市立図書館ですが、岐阜市民でなくとも、県内に住んでいれば登録ができます。
(そのさいには、運転免許証などの身分証明書が必要です)

借り出し用カード

カードも、デザインとカラーが違う二種があり、このあたりも、
なかなか手が込んでいると思わせます。
(私は、グリーンのカードを選びました)

図書の貸し出し期限は二週間。延長は一回のみしか利かず、
このあたりは、県図書館などよりは制約が厳しいという感じです。

また、蔵書スペースは、このフロアだけでなく、
一階に「本の蔵」というスペースもあります。
こちらは、閲覧可能な閉架書庫といった雰囲気で、立ち入りは自由です。
(ただ、こちらに所蔵の本はちょっと古いものが多いようです)

今回、私が借りたかった本は、すべて貸し出し中で、
目的を達することはできませんでしたが、
ボーンデジタル社のデジタルペインティングテクニック3を、
ヨメが偶然見つけたので、とりあえず、この本も含め、
何冊か借りてみました。
蔵書の総数は、さすがに県図書館に及ばないとは思いますが、
県図書館にはない書籍もあり、今後は、この市立図書館も、
大いに利用することになりそうです。

なにより、モダンなスペースで、とりたてて図書館に用事がない時でも、
くつろぎや気分転換のために、寄ってみようと思うかもしれません。

このときは気がつかなったのですが、二階にはテラスがふたつもあるようで、
今度は、そちらにも足を踏み入れてみたいと思います。

ジャズがかかる部屋

その後は一階へ。
こちらには、ジャズが流れるスペースがあり、
壁に貼られた曲目を指定用紙に書けば、リクエストもできるようです。
また、コンサートも行われているようです。

広い館内

一階にもさまざまな施設があるようです。
この日は、時間がなかったのであまり詳しく見回っていませんが、
今度、詳しく探検してみます。

窓も広く大きくとってあり、館内はどこもとても明るい印象があります。

いままでは、図書館というと、
ひたすらに本を揃える無味乾燥な施設、というイメージが、
ともすればあったかと思いますが、
最近は、DVDレンタルのツタヤと組んだ図書館が現れるなど、
その様相は様変わりしつつあるかと思います。

また来たいです。

この市立図書館も、
そうした新しいコンセプトのもとに作られた図書館という感じで、
アミューズメント性に溢れていると思います。
ただ、図書館とは、あくまでも豊富な資料の宝庫であるべきで、
多くの人を集めたいがために、蔵書スペースが犠牲になる、
といったことがあってはならないと思います。

図書館の使命が失われることがないよう、
切に願うばかりです。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking



琵琶の海

いよいよ、2015年も終わりです。
というわけで、当ブログ恒例の、一年の振り返りを、
いつものように、今回も行なってみることにしました。

我が家にとって、今年の最も重要な出来事は、
飛騨高山から岐阜市への事務所移転だったわけですが、
そんなことがあったせいでしょうか、今年一年は、いま振り返って考えてみると、
とても長い一年だったように思います。
いままで『年を経るに従って時間が短く感じられる…』などと、
当ブログでも何回か書いてきましたが、
今年は、それがまったくあてはまらなかったなあ、と、感じています。

というわけで、移転の話はまたあとでするとして、
まずは、今年の最初に遡って、思い出深い出来事などを、
順を追って紹介していきたいと思います。

まず最初に思いだされるのが、2月に行った、浜名湖、鷲津への小旅行です。
このときは、浜名湖の航空自衛隊広報施設『エアパーク』に、
行ってみたりしました。

パイロット気分

ここでさまざまな飛行機を見学したり、また、
案内の方に写真を撮ってもらったりと、とても楽しく過ごしました。

ですが、このエアパークに行ったことが、
今年のことだとは、とても思えません。
なんだか、もっともっと前の出来事のように感じてしまいます。
その思いはヨメも同じなようで、ふたりで、今年一年は長かったね、などと、
いま、よく話したりしています。

善光寺ふたたび

そういえば、今年は、長野市にある善光寺の御開帳だったんですね。
これも、なぜだかずっと昔のような気がして、
とても今年のことのようには思えません。

それにしても、岐阜市にいるいま、長野市はとても遠くなってしまいました。
それがたいへん残念に思ってしまいます。
長野県って、ドライブには、ほんとうに最適の場所で、また、
北の長野市や戸隠神社、中部の美ヶ原やビーナスライン、
南には遠野などがあって、見どころもいっぱいです。
今後、飛騨高山に帰ったおりに、また、長野方面にも、
足を伸ばしたいと思うばかりです。

ロケ現場

GWには、近江の浅井長政の居城『小谷城跡』にも行ってみました。
ガイドさんの説明を聞きながら、当時の小谷城に思いを馳せつつの、
小登山となりました。
しかも、この帰りには、関ヶ原古戦場の、
石田三成の陣『笹尾山』に寄ってみたりもしました。

六畳間を仕事部屋に

そして、夏には、先にも述べたように、今年最大の出来事である、
岐阜市への事務所移転を行ないました。
不動産探しから荷造り、移転案内の送付など、ホントにたいへんでした。
しかも、引っ越し後は、どういうわけか仕事が滞ってしまい、
まったくヒマになってしまいました。
こんなことは、いままでなかったかもしれません。

新しい土地に来て、また、さまざまな面で、
また一から築いていかなくてはならない、ということなのだと思います。

京都タワー2015

が、今年も残すところわずかとなったところで、
京都や大阪に出張に行くこととなり、飛騨高山に住んでいれば無理だったことが、
ようやく、できるようになりました。
今後も、このように、遠方に出掛けることも多くなるかなと思っています。

というわけで、2015年は、私にとって、
いろいろたいへんなことがあったにもかかわらず、
実りはとても少ない、かなりキビシい年となってしまいました。

来年もまた、実り多いというわけにはいかないかもしれませんが、
この岐阜市を拠点として、奮励努力していかなければと、思う次第です。

また、本ブログを見てくださっている方々、
今年もたいへんお世話になりました。ありがとうございました。
また来年も、さまざまな出来事などを綴っていきたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

よいお年をお迎えください。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking