田植機による田植え体験

今週の月曜日、高山市上宝町見座にある「和仁農園」さんで、
初夏の農業体験(田植え体験)が行われました。

和仁農園さんは、おいしいお米を作ると評判の農園で、そのお米の味は、
権威あるお米のコンクールである「米・食味分析鑑定コンクール」で、
史上最多の得票数を得て、金賞を獲得するという、
輝かしい快挙を達成しています。

私は、この和仁農園さんが発行する、
情報紙「奥飛騨農園だより」の記事を担当させていただいており、
今回は、取材のため、この田植え体験を、
見学させていただくこととなりました。

もともと、この田植え体験は、
今月11日の土曜日に行われる予定だったのですが、
なにぶんにも梅雨時ゆえ、天気の予報が思わしくなく、
結局、大事をとって、翌週の月曜(13日)の開催へと変更されました。

とはいえ、当日の13日の天候は曇り…。
決して晴天ではないのですが、逆に雲ひとつない晴天だと、暑さが身に堪え、
かえって作業はしづらいものとなります。
ですので、このくらいの薄曇りが、田植えには最適といえるかもしれません。
(汗だくでの労働は、きついですから…)

朝十時を回る頃、参加者のみなさんが、田の回りに集まりました。
今回は、奥飛騨温泉郷にある旅館「槍見館」さんに、
お泊まりのお客さんも参加してくださり、
若い方からお年寄りの方まで、多くの方がいらっしゃっていました。
どの方も、奥飛騨の水をたたえた美しい田を目の前に、
作業への意欲も満々という雰囲気でした。

手作業による田植え体験

今回、手作業による田植えで使われる品種は、
通常のものとは違うとのことで、その特性を生かすため、
一回の植え込みに使うのは、苗一本のみとすることとなりました。
というわけで、一同で田に入り、身を屈めて、丁寧に苗を植えていきます。
(私自身は田のなかには入りませんでしたが…)

一本植え

一本づつ植えられた苗は、やはりというべきか、
見た目にはかなり弱々しく、かなり頼りなげな印象です。
ですが、今後はたくましく成長するとのことで、秋の実りがいっそう楽しみです。

作業をすすめていくなかで、
みなさん、しだいに手つきも慣れ、思いのほかテンポよく進んでいきます。
結局、一時間ほどで、予定していた手植えによる田植え作業は、
あらかた終わってしまいました。
きっと、炎天下のなかだったら、こうはいかなかったかもしれません。

田植機スタンバイ

その後は、別の田に移り、機械による田植え体験を行ってみることとなりました。
この機械による田植えには、手植えの時に使ったものとは違う、
通常の苗を使うこととなります。

真新しい田植機が広い水田のなかに下ろされると、
次々に苗がセットされ、準備が整いました。
参加者のみなさんは、ひとりづつ、和仁農園さんのスタッフの手ほどきを受けて、
運転席へと座り、田植機を発進させます。

発進後、レバーを倒して、車体後方の田植え機構部分を田の水面に下ろします。
そのまま、アクセルを踏むと、自動的に、複数の回転アームによって、
粛々と田植えがなされていきます。
それにしても、田植機って、うまく作られていますね。
その動きには、思わず、じっと見入ってしまいます。

この田植機運転は、私も体験してみました。
もっとも、昨年も一度体験させていただきましたので、
これで二度目のトライとなります。
前回は、まっすぐ進むのがうまくできなかったのですが、
(田のなかに大きな石があると、車体が傾き、それに驚いて、
 思わずハンドルを大きく切りすぎてしまいました)
今回は、前回よりはまだマシだったようです。

そしてこの作業が終わると、ちょうどお昼に…。
参加者のみなさん、そして和仁農園スタッフのみなさん、ともに、
すぐ近くの建物へと移動し、そこで、
和仁農園さんの誇るおいしいお米をいただくことに。

うどの天ぷら

おかずは、うどのてんぷら、つけもの、お味噌汁といった素朴なものですが、
どれも、どれもとてもおいしく、その素朴さゆえか、
ごはんのほのかな甘みや食感が、より引き立っていました。

このおいしさは、むやみに「味を足す」のではなく、
逆に無駄なものを削ぎ落とす、いわゆる「味を引く」ことによって、
生み出されるものかもしれません。
自然素材の持つ、ほんとうの味、本来の味が、身にしみてわかる食事でした。

また、けいちゃんの鉄板焼きも振る舞われ、
大自然のなかで、みなさんと談笑しつつ、楽しいひとときを満喫することができました。

和仁農園のみなさま、
今回も、貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。
また、おいしい昼食をいただき、ほんとうに感謝しております。
この場を借りて、厚く御礼申し上げます。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
夜祭の屋台

今月の14日、15日の両日、春の高山祭りが、例年通り行われました。
どちらの日も、終日、天候に恵まれ、まさに絶好の祭り日和となりました。

初日の14日の夜には、幻想的な雰囲気に包まれた「夜祭り」も行われるのですが、
今回、この夜祭りに、少し時間を割いて、出掛けてみることにしました。

というわけで、仕事を終えてから、まずは、高山の町中までクルマで行くことに…。
(私がいま住んでいるこの家も、同じ飛騨高山市内にあるのですが、
 市の中心に行くには、クルマで15分ほど走らなくてはなりません)
ところが、今回、ヨメは、外出するのが面倒なのか、留守番をするといいだし、
結局、私ひとりで、カメラ片手に出掛けることにしました。

クルマを、市街地にある実家に置き、そこから、
曵き出される山車(地元では屋台と呼んでいますが)の、絶好の見物場所となる、
陣屋前広場へと行ってみました。

震災後、日本を訪れる外国人観光客の数は、大きく減少しており、
また、自粛ムードの影響もあって、今回の祭りは、
かなり客足が鈍っているのではないかと予想していました。
ですが、いざ、現場に行ってみると、あたりは、大勢の観光客で埋め尽くされていました。
そのなかには、外国人観光客の姿も、そこかしこに見受けられ、
観光都市高山の底力を、あらためて知る思いがしました。

中橋を渡って…

あたりがしだいに宵闇につつまれるころ、無数の提灯を吊るした屋台が、
一台、また一台と、高山市のランドマークともいうべき「中橋」を渡って、
陣屋前広場へと現れました。

ゆらゆらと揺れる提灯の灯りが、きらびやかな屋台をほんのりと照らし、
まだ肌寒さの残る飛騨の夜を、美しく染めていました。

陣屋前広場

この時間になると、陣屋前広場は、
いよいよたいへんな混み具合になってきました。
居並ぶ見物客のみなさんは、みないっせいに、カメラを屋台に向けていました。

それにしても、夜祭りというのは、独特の雰囲気がありますね。
暖かみのある橙色の提灯の灯りは、人の心を揺さぶる、
何かを秘めているのかもしれません。

幻想的な夜祭り

ただ、この夜祭りの光景を写真に収めるのは、なかなか難しいです。
普通にカメラを手で持って撮影すれば、その多くが手ぶれしてしまいます。
とはいえ、フラッシュを焚くと、雰囲気がまるで違ってしまい、夜祭りらしさが出ません。
いちばんいいのは、三脚を立てて撮影することなのでしょうが、
この人混みの中では、それもままなりません。

もっとも、それでも、三脚を立てている人がいましたが、
なんと、私のつま先のうえに、三脚をたてていました。

その後は、場所を変え再度撮影にトライ。

中橋を行く屋台

こちらは、中橋を遠くから写したものです。
高山祭のポスターなどには、この中橋の上を行く屋台の姿を写したものが、
数多く使われています。

それにしても、もう少し、ズームを効かせて撮ればよかったですね。反省です。

古い町並み

いつもは、夜ともなれば、ぱたりと人通りの絶えてしまう古い町並みですが、
夜祭りの行われているこの日ばかりは、観光客の姿を、多数見かけました。
夜の帳のなかで賑わう「古い町並み」も、なんだか、活気があっていいですね。

こうして、ひとり高山の夜祭りを堪能してきました。

その翌日の15日も、チラリと高山祭を見てきました。
とはいっても、仕事のキリをつけて出掛けたのは、すでに3時近くで、
祭りも終わりかけでした。

15日の祭り

しかも、このときに、カメラのレンズにゴミがついていることに気づかず、
撮った写真すべてに、中央に灰色のかすみがついてしまいました。
(画像中央のモヤが、そのゴミです)

これにはちょっとショックで…。
また、来年、写真を撮り直さねば、と、思ってしまいました。

この祭がすむと、高山にも、いよいよ本格的な春の到来となります。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

生きびなまつり2011

この記事は、じつは今月三日にアップする予定でした。
ですが、このFC2ブログに、長時間に渡って障害が発生しており、
ずっとログインが出来ない、ブログがきちんと表示されない、
といった状態が続いていました。
(とはいえ、すべてのFC2ブログでこの症状が出ていたわけではなく、
 一部のサーバーだとのことです)

とにかく、何度ログインしようとしても、そのたびに、
アクセスが集中しています、いう表示が出るばかり…。

その後、ようやく、ログインはできるようになったものの、
表示はについては、問題が残ったまま。
現時点でも、プロフィールのテキストの後半がなくなっており、
また、カテゴリ、リンクは表示されなくなってしまいました。
(ただ、その後、カテゴリは現れるようになりましたが、
 すべてが、名称未設定になってしまっています)

FC2が発表している障害情報ブログによると、
障害は、今月二日からすでに発生していたとのことで、
そうなると、なんと、一週間近くも、不具合が続いているわけです。
しかも、同じ障害情報ブログには、不具合が発生しているあいだは、
新規記事の投稿などは控えるようにとの、記載もありました。

このFC2ブログを使い始めて五年…。
FC2は使い勝手もよく、とても気に入っているのですが、
このようなことが起こると、そして、事後の対応の遅さを見ていると、
他のブログサービスに引っ越したほうがいいのでは、と、思ってしまいます。

障害発生

まあ、無料で使っているのですから、文句を言えた義理ではないのですが、
何日もずっと障害が解消されず、解決の目処も知らされないとなると、
FC2に対する不信感が、どうしても芽生えてしまいます。
サポートセンターにメールも出しましたが、返事はいまもないままです。

もっとも、このまま、回復をじっと待ってもいられないので、
結局、プロフィール欄やカテゴリ、リンク欄は自力で復旧させることに。
また、実験をする意味で、この記事をアップすることにしました。
(いつも私は、ブログ投稿記事は、ブログ画面に直接書き入れるのではなく、
 あらかじめ、ワープロソフトで書き、それをコピペしてアップしています)

もっとも、この状況下ですから、新しい記事が正しく表記されなかったり、
あとで記事そのものが消えてしまうことも、あるかもしれません。
そのときは、再アップしてみます。

古式ゆかしい衣装

さて、では、本題に…。
私の住むここ飛騨地方は、一ヶ月遅れの4月3日がひなまつりとなります。
そんなこの日「生きびな祭」というお祭りが、
我が家のすぐ近くにある「水無神社 - みなしじんじゃ」という神社で、
行われることとなりました。
このお祭りは、この地域が、飛騨高山に合併される以前の、
宮村と呼ばれていた時期から行われており、この村の名物行事でした。

私の住む家から、
生きびな祭の会場である水無神社までは、歩いてほんの五分ほど。
ほんとうに目と鼻の先です。
というわけで、このお祭りに、散歩がてら(といっては失礼かもしれませんが)、
出掛けてみることにしました。

四月になったとはいえ、この日は、少し曇りがちのせいか、
ちょっと肌寒く感じられました。
それでも、朝十時を過ぎる頃から、次第に見物客がちらほら集まり始めました。
我が家の前は、ふだん、人通りはあまりありませんが、この日ばかりは、
家族連れやカップルの姿が、見受けられました。

ちなみに、このお祭りには、去年も見物にきたのですが、
神社に行った時間が少し遅かったために、いきびなさまの行列を見ることが出来ず、
餅撒きの場面にしか立ち会うことができませんでした。

ですが、生きびな祭といえば、メインの行事はやはり行列。
というわけで、今年は、行列が始まる前の時間に、
カメラを片手に、水無神社で待機していました。
(散歩がてらにしては、気合いが入っているかも…)

生きびなまつりの模様

こちらは、出発前の行列の様子です。
かわいい稚児たちが、おかあさんとおぼしき女性たちといっしょに、
待機していました。

いきびなさまたち

こちらは、いきびなさまたちです。
このいきびなさまは、飛騨一円から、
公募によって集められた未婚女性だと、聞いたことがあります。
古式ゆかしい衣装が、春の日差しに映えていました。

こうして、午後一時、いよいよ行列が出発します。
このときになると、あたりはもうかなりの人出。
生きびな祭は、飛騨高山の「高山祭」に比べれば、
とても素朴で規模も小さなお祭りなのですが、
それでも、こんなに見物の人がくることに、少し驚いてしまいました。
九人のいきびなさまは衣装もさまざまで、水無神社のたたずまいと、
見事にマッチしています。

行列のコースは至って短いものです。
(以前はもっと長いものだったと聞いていますが…)
神社を出て、あたりを一回りしてまたもとに戻るというものですが、
普通に歩けば、十五分とかからないでしょう。

ただ、そのコースには、我が家の前も入っていました。
というわけで、今度は、家の下の駐車場で、一行を待ち伏せました。

鬼も参加

まず最初にやってきたのは鬼でした。
とはいっても、鬼の姿は、神社を出発する時には、見えなかったんですが…。
途中から隊列に加わったのでしょうか…。
とにかく、この鬼、子供たちから、絶大な人気(?)でした。

我が家の前にもいきびなさまが

そのあと、太鼓の音もにぎやかに、いきびなさまたちが、
おごそかに通ります。

すごい人出

とにかく、すごい見物客です。
一行が向かう先にある歩道橋は、鈴なりの人だかりでした。

こうして、今年の生きびな祭は、穏やかな春の日差しに恵まれ、
大盛況のうちに幕を閉じることができました。

この村の次のイベントは、樹齢千年といわれる、
臥龍桜の開花です。
その模様も、このブログでご紹介できれば、と、思っています。
(そのときには、FC2が安定していることを願っています)





コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking


おにぎり

ここ飛騨には「和仁農園」さんという、
とてもおいしいお米を作ると評判になっている農園があります。
そのお米の味は、権威あるお米のコンクールとして知られる、
米・食味分析鑑定コンクールの場でも認められており、
いままで、数々の賞を受賞しています。
なかでも昨年は、和仁農園さん出品したお米(ミルキークイーン)が、
最多の得票を得て、最高賞である金賞を獲得し、
名実共に、日本一おいしいお米という栄誉を、獲得しました。
(過去にも、和仁農園さんの”黄金のきらめき”というお米が、
 金賞を獲得しています)

その和仁農園さんのサイトはコチラです。

● 米・野菜栽培 / 和仁農園

こうしたおいしいお米のブランドを多数持っている和仁農園さんが、
それぞれのお米のおいしさを食べ比べてもらおうと、
「三種のおにぎり食べくらべ会」を企画しました。
会場は飛騨高山の上宝町というところにある、
ウェンディというレストランです。
このウェンディさんは、和仁農園さんのすぐそばにあり、
室内も広く、おにぎり食べくらべ会の会場としては、
まさにうってつけです。

開催の日は、1月30日の日曜だったのですが、折しもこの日は、
寒波が襲来しており、北陸などでは、記録的な大雪ともなっていました。
ここ飛騨地区は、北陸ほどではないにしろ、朝から雪が舞い、
また冷え込みもきびしく、どうにもあいにくのお天気となってしまいました。

その朝、私は、ヨメといっしょに、おにぎり食べくらべ会に行くべく、
ヨメのクルマで出掛けようとしたのですが、一度かかったはずのエンジンが、
エンスト後に、まったくかからなくなってしまい、
時間通りに出発できなくなってしまいました。

その後、なんとかエンジンはかかり、
家を出ることはできたものの、予定より一時間遅れとなってしまいました。
しかも、北上するに従い、降る雪の量も、あたりを埋め尽くしている積雪量も、
しだいに多くなってきました。

数河峠

こちらは、飛騨北部にある、数河峠というところです。
冬場ともなれば、かなりまとまった降雪のある地区です。

この画像は、まだ登り口のため、積雪量もたいしたことはないのですが、
標高が高くなるにつれ、道路の周囲の雪が、ぐんぐん多くなっていきます。

雪景色はときに美しいのですが、さすがにこうなると、
ちょっと閉口してしまいます。
ただ、除雪はかなり頻繁になされていて、道自体は、
クルマの通行が困難というほどにはなっていません。

どうにか到着

というわけで、かなり遅れたものの、無事、会場に到着。
この天候にもかかわらず、店内には、すでに多くの方たちがいて、
たいへん盛り上がっていました。

おいしいおにぎり

というわけで、さっそく、
三種類のおいしいお米を使ったおにぎりをいただくことに。

どれもほんとうにおいしいです。
その味には、甲乙付け難いです。
モチモチ感、舌触り、どれも、すばらしいです。

いま思うと、もっとじっくり味わって、吟味して、
食べればよかったと思うほどです。

そして、米粉から作った味噌を使ったというお味噌汁もいただきましたが、
これもまた絶品。
こんなおいしいお味噌汁は、いままで、いただいたことがありません。
(なのに、写真を撮るのを忘れてしまいました)

米粉のケーキも

こうして食事が済むと、そのあとは、
こちらもまた米粉から作ったというシフォンケーキをいただくことに。
米粉から、あらゆるものが作れることに、びっくりしてしましました。

ティータイム

その後も、米粉から作ったクッキーや、パンをいただきました。
クッキーはサクサク。そしてパンは、
通常のパンよりずっとモチモチ感があり、もう、とてもおいしいのです。
こんなにおいしいパンができるのなら、これからはもう、
米粉のパンばかり食べたい気がします。
(このパンも、写真に収め忘れ、痛恨の極みです)

にぎわう会場

また、この場で、たくさんの方々にお会いすることができ、
楽しく談笑させていただくことができました。

こうして、日曜の午後のひとときを、有意義に過ごすことができました。

和仁農園のみなさま、
今回はありがとうございまいた。
この場を借りて、厚く御礼申し上げます。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

ライトに映える並木

新しい年、2011年がやってきました。
このブログをご覧になってくださっているみなさま、
あけましておめでとうございます。

このブログが始まったのは、2006年の暮れ…。
ということは、すでに丸4年も、このブログを続けていることになります。
事務所兼自宅の引っ越しで多忙を極めた2010年9月には、
投稿記事がふたつのみという、さみしい状態になってしまいましたが、
それ以外は、月に最低4つの記事を、毎年、ずっとアップし続けてきました。
ズボラで面倒くさがり屋の私が、ここまで、
こまめにブログを更新し続けられたことは、まさに、軌跡といってもいい事態です。
(ただ、他のふたつのブログは、ほぼ放置状態になっていますが…)

できれば今後も、いままでと変わることなく、この同じペースを守って、
ブログを続けていけたら、と、思っています。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、話は、大晦日に戻りますが、
12月に入って、ときに厳しい冷え込みはいくらかあったものの、
積雪量自体はさほどではなく、過ごしやすい年末となっていました。
ところが、31日になると、いきなり寒波が襲来し、それまでと一転して、
天候は大荒れ。突然の大雪となってしまいました。

もっとも、大晦日のこの日は、ここ飛騨地区だけでなく、
全国的に大雪となったようで、テレビのニュースも、
ヘッドラインは、雪の情報一色となっていました。

それにしても、ここ最近の天候はほんとうに極端ですね。
(2010年の夏の暑さも、これまた極端で、厳しいものでした)

そんな大晦日の午後、私たち夫婦は、降りしきる雪の中、
高山市の町中にある、私の実家へと向かいました。
実家の両親と、みなで夕食をとるのが、我が家の年末の恒例行事です。

本来なら、ここで年越しをしたいところなのですが、
年が変わる一時間半ほど前に、実家をあとにし、早々と自宅へと帰宅しました。
というのも、自宅がある高山市一之宮町には、
水無神社という、とても立派な神社があり、正月ともなれば、
ここには、高山市を含む飛騨地区一円から、たくさんの参拝客が訪れるのです。
年が変わる時間帯には、多くのクルマが、水無神社を目指すため、
自宅に帰ろうにも、身動きがとれなくなります。

というわけで、いつも、実家で年越しをすることなく、
自宅へと帰ってきてしまうのです。

雪がいっぱい

折しも、この日は大雪でしたから、帰りの道はもう真っ白。
しかも、自宅に着くと、家の前も、すぐ裏にある細い堤防道路も、
ドッと雪が降り積もっていました。

これはもう放置できる状態ではないので、年明けを目の前にして、雪掻きを開始。
じつは私は、年末に、この雪掻き作業のために腰を痛めてしまったのですが、
もはや、そんなことはいってられず、腰痛を抱えながらの作業となりました。

雪掻き完了

その後も、雪はどんどん降り続け、頭も肩も、雪が積もるほどでしたが、
なんとか、家の前はきれいに雪を掻いてしまうことができました。

次いで、年が明けてしまう前に、件の水無神社へと急いで向かい、
2010年という年を、平穏無事に、健康に、暮らせたことに感謝する意味を込めて、
参拝しました。

これも、私たちの毎年の恒例行事なのですが、年が明ける前の神社は、
参拝客もまだ少なく、ゆとりをもってお参りすることができました。

水無神社

そして、いったん家に戻り、新年が来てから、
もう一度、あらためて神社に出掛け、初詣をしました。

この間、雪はドッと降ったり、小康状態になったりと、
そんな状態を交互に繰り返していましたが、この雪のせいか、
例年よりもずっと参拝客は少なく、我が家のすぐそばに設けられた臨時駐車場も、
クルマは少なめでした。

例年、この一之宮は、年が明けたその時には、かなりにぎやかになるのですが、
今年は、ことのほか、静かだったように思います。

とにかく、新しい年がやってきました。
2011年という年を、できるだけ実りあるものにするよう、
いまから、計画を立てて、歩みはじめなければいけない、
と、元旦である今日、思った次第です。
(昨年は、諸事渋滞しがちで、思うように、進みませんでしたから)

みなさまにとっても、この2011年が、よい年でありますように。






コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking