五老タワー

さて、前回の続きです。
なにしろ、コロナ渦の影響で、ブログにするネタが極端に少なくなっているため、
ひとつのネタを、ふたつに分けてご紹介したいと思います。
当ブログは、最低月に二回はアップしたいと考えていますので、
これで一応、自らに課した規定をクリアしたことになりますね。
(そのぶん、内容が薄くなってなければいいんですが……)
でも、来月三月からは、もう少し、ネタが増やせるんじゃないかと思います。

さて、とりあえず、西舞鶴に戻ってきて、まず行ってみたのが細川藤孝の城です。
もっとも私は、ここ西舞鶴に細川藤孝の居城があったことを知りませんでした。

しかもこの城は、関ヶ原の戦いの前夜、西国にあって東軍についた細川藤孝は、
ここ田辺城で、数のうえではるかに上回る石田三成の軍勢と退治したいいいます。
(この話を、私は詳しく知らず、今回、はじめて学びました)

が、城はなかなか陥ちず、事態は膠着状態になり、ついには、
朝廷の仲介によって、石田方は城の包囲を解いたとのことです。
(息子の忠興は関ヶ原合戦に布陣しましたしね)

田辺城

前回の大河ドラマ『麒麟がくる』でも、細川藤孝については比較的詳細な描写がありました。
ですが、当然のことながら、ドラマは本能寺の変までで終わってしまいますので、
天正十年以後の細川藤孝の動静については、語られません。
司馬遼太郎の『国盗り物語』も、本能寺の変がラストとなるため、
以後、登場人物がどうなったのか、詳しく知ることはできませんでした。
こうして、西舞鶴に来ることで、わずかですが、細川藤孝のその後を知ることができ、
また、籠城戦の現場も見学ができて、感無量です。

城跡は公園に

もっとも、城跡は公園になっていて、平和そのものです。
かつての戦いを偲ばせるものは石垣くらいでしょうか。
園内には資料館もあったのですが、今回はパスしてしまいました。
次回、もし舞鶴に来ることがあったら、見学したいです。

ひゅうが

そのあとは、東舞鶴に行き、赤れんがパークにやってきました。
駐車場がちょっとわかりにくくて、周辺をグルグルしてしまいましたが、
よくよく見れば、ちゃんと道路のうえに看板が出ています。

その駐車場からは、海上自衛隊の艦船を見ることができました。
いまは見学できませんが、通常であれば、自衛隊桟橋と呼ばれる場所から、
間近に、船を見ることができるそうです。

ただ、赤れんがパークの駐車場でも、けっこう近くに船が見られました。
向こうの空母みたいな船は、ひゅうがでしょうか……。
すみません、戦車などの車両なら、すぐ判別できるのですが、
どうにも艦船系はよくわかりません。

明治期の海軍施設

そしてこちらが、赤れんがパークにある、明治期の煉瓦造りの倉庫です。
通常の建物だと、経年劣化すると見栄えが悪くなるかと思いますが、煉瓦造りの建物は、
逆に風合いが出て、独特の美しさが生まれるような気がします。
あたりには、こうした倉庫が林立しており、一部は、
立ち入りができない自衛隊施設内にも及んでいます。

レンガ通り

とはいえ、立ち入りが許されている箇所だけでも、複数の赤煉瓦倉庫があります。
しかも、そのうちの多くが、建物内に入ることができます。
写真の建物は、立ち入りができないものになりますが、こうした建物のほうが、
昔ながらの状態を保っています。
こちらの建物は電柱まで明治期を彷彿とさせるもので、とても風情があります。

このあたりでは、映画の撮影もよく行われているそうです。

明治期のトンネル

ちなみにこちらは、赤れんがパークから十分ほどいったところにある、
明治期のトンネルです。
かつては鉄道のトンネルだったようですが、
いまでは、遊歩道のトンネルとして使われています。
こちらも、赤煉瓦がふんだんに使われた建築で、独特の風情があります。

トンネル内の照明

トンネル内の照明も当時の雰囲気を伝えています。
このオレンジがかった照明の色が、いいですね。
赤煉瓦の壁面に現れる光と陰が、ドラマチックです。

絶好の眺め

そのあとは、東舞鶴と西舞鶴の中間的な場所にある、五老スカイタワーに、
ちょっとだけ行ってみました。
とにかく、もう、すごくお天気がいいので、眺めは最高です。
(もっとも、ちょっとガスがかかっていたような感じでしたが)
眼下にはリアス式海岸が見え、海と空の青が目に痛いほどでした。
行楽客も、多数、訪れていました。

というわけで、舞鶴の名所を見て回りましたが、
目当てにしていた、自衛隊施設、旧海軍の資料館などは、
新型コロナの影響で、のきなみ、見学不可となっていました。
これはとっても残念です。

コロナが完全に収束したら、また、行ってみたいと思っています。
(というわけで、ギリギリになってしまいましたが、この二月も、
なんとか、ふたつ、ネタをアップできました。やれやれ)


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

天橋立周辺

複数の都道府県にまたがって発令されていた、緊急事態宣言も、
どうやら、一部、前倒しで解除になるとの話が出ています。
感染者の数も大きく減ってきましたし、また、日本ではいくらか遅れそうな雲行きですが、
各種のワクチンについても、世界各地で、接種が進んでいるようです。
新型コロナウイルスするとの戦いも、丸一年以上が経過し、
いま、新しい局面を迎えそうな感じですね。
それにしても、そのワクチン接種が、いつ、できるのか、
そのあたりが、まだまだ不透明な感じです。

さて、そんな今日この頃ですが、先日、好天に誘われて、
舞鶴市まで足を伸ばしてみました。
というのも、この二月は、雪が降ることが多かったものの、
晴れる日もまた、比較的あったのでないかと思います。
(なにしろ、年が明けてから、ほとんど出かけていませんでしたし……)

この舞鶴には、以前、シベリア抑留者の資料館を訪ねて、一度、
行ったことがあるのですが、今回は、2回目の舞鶴訪問となります。
とはいえ、このご時世ですから、人との接触をできるだけ避けるかたちで、
行ってみました。

舞鶴というと、なんとなく、とても遠い気がしてしまうのですが、
実際には、さほどに遠距離でもないという感じです。
直線にしたら、100キロと少しというところでしょうか。
前回の舞鶴訪問ではわからなかったのですが、
この街は、西舞鶴と東舞鶴のふたつから成り立っているようです。
しかも、そのふたつは、山に隔てられていて、まるで別の街のような感じがしました。
福井県に近いせいか、なんだか北陸のようなイメージです。

というわけで、さっそく、舞鶴周辺を散策してみます。
今回の出動車はヨメのプジョー。まずは宮津というところに向かってみます。

長い鉄橋

その道中、このようなとても長い鉄橋がありました。
由良川橋梁という名前らしいです。
鉄道マニアの方だったら、きっとその名を知っていらしゃるんじゃないかと思います。
この日は、とにかく天気がよかったので、列車が通ったりしたら、
とてもいい写真が撮れたんじゃないかと思います。

天橋立を遠くに眺め

こちらは道の途中にあるショッピングセンターから撮ったものです。
ショッピングセンターといっても、道の駅と併設されていて、館内には、
周囲の景観が楽しめる展望デッキがありました。
ここからは、遠く天橋立が垣間見えます。
でも、目を凝らしてみないと、ちょっとわかりませんでした。

そして、ふたたび車に乗ることおよそ15分。
ついに天橋立へとやってきました。
駐車場の料金はまちまちで、天橋立に近い場所は1000円、
遠い場所は300円となっていました。
ただ、このときは、思いのほか雪が多く、入るのがたいへんそうな駐車場も、
ちらほらしており、結局、民家の前にある500円の駐車場にプジョーを入れることに。
(無人の駐車場に勝手に止めて、傍のボックスにお金を入れるというシステムでした)

雪と泥道

で、さっそく、天橋立に向かってみたのですが……。
道はドロドロな感じで、すぐに靴の中に水が侵入してきました。
これはかなりツラい感じです。

雪の砂浜

でも、真っ青な空と海、白い雪が積もった砂浜はとても綺麗でした。
とはいえ、あまりにドロドログシャグシャなので、対岸まで行くことなく、
早々に引き返してきました。
以前、四月に長野県の戸隠神社に行ったさいも、かなりの雪道だったのですが、
戸隠の場合はガッツリとした踏み固められ雪道だったので踏破もできましたが、
今回はあまりに水っぽいので、断念しました。

知恩寺

そのかわりといっては語弊がありますが、近くの知恩寺に参拝してきました。
なんだか閑散としている印象がありますが、観光客の姿は、ちらほらとありました。
それでも、通常に比べれば、きっとかなり少ないんじゃないかと思います。

参道の猫

こちらの参道には、なぜかじっとして動かない猫がいました。
どれだけ参拝客が来ても、この位置を完全にキープしています。
なかなか根性があるというか、堂々としていますね。
しかも、かわいいです。

その後は、海沿いの道の眺めのいい場所で、
ときどき車を止めたりしつつ、ふたたび舞鶴方面に戻ってみましたが、
そのときの模様は、また、次回、詳しくご紹介したいと思います。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
トンネルからの眺め

前回、当ブログに、北陸、福井の朝倉氏遺跡についての記事をアップしましたが、
またしても、北陸ネタをいってみたいと思います。
今年は、コロナの影響であまり出かけることができないのですが、
そんな数少ないお出かけネタは、どうも北陸が多くなっています。
今回、取り上げるのは、明治期に建造された山岳鉄道トンネル『山中トンネル』です。
もっとも、行ってきたのはすでに二週間以上もまえの、6月28日になります。
(ズボラなので、なかなかアップできませんでした。すみません)
この日は、時折、雨が降るあいにくの空模様ではありましたが、
午後3時を過ぎるあたりから、しだいに晴れ間が覗くようになり、
総じて、まあまあの行楽日和となりました。

私が、この『山中トンネル』というトンネルを知ったのは、
TBSの『マツコの知らない世界』という番組でした。
番組には、古いトンネルマニアの方が出演していていて、
この山中トンネルを、日本屈指の名所トンネルとして、紹介していました。

北陸であれば日帰りドライブで行ける範囲ですし、
そんなトンネルがあるのならぜひ見てみたいと思っていたのですが、
前回、北陸にいったさいに、たまたまこの山中トンネルの看板を発見していたので、
近いうちに、ぜひ行ってみたいと思っていました。
今回、そんなこともあって、行ってみることにしました。

今回の出動車はヨメのプジョーです。
いつものように西の隣県滋賀県に入り北上、国道365号線に乗って、
余呉から福井県へと入り、そのまま道なりに進むと、
山中トンネルへ向かう看板が、頭上に見えてきます。

山道ドライブ

というわけで、看板に従って左折……。
やがて民家はなくなり、道はぐっと細くなりますが、そのまま西へと進みます。

駅の跡

そして最初に見えてくるのが、廃線の駅『大洞駅』跡です。
立て看板や蒸気機関車の車輪などが展示してありますので、
廃線マニアならずとも、すぐに発見できます。
ホームの跡もきちんと残っていますし、手入れもされているようです。
ほかにも、見学客の方達がきていました。

かつての駅

この駅は、デゴイチを二重連で使っていたとか……。
山岳地なので、そういうこともあるのでしょうが、そもそもなぜ、
山の中のこのような場所に、鉄道を通す必要があったのでしょうか。

というわけで、ふたたびプジョーに乗り、さらに西を目指しますが、
行く道のところどころに、廃線の遺構が残っています。
かつては賑わった路線のようですね。

こちらも明治期のもの

こちらは、土砂から線路を防護するためのロックシェッドだそうです。
通過した当初は、新しいものかと思っていましたが、
国の重要有形文化財の銘板が取り付けられており、
古いものだということがわかりました。
線路はもうないので、こうして車で通ることとなります。

トンネル到着

そしてついに、山中トンネルに到着。
深い山の中に、ぽっかりと、左右ふたつのトンネルが口を空けています。
曇天で、少し霧が出ているため、なんとも幻想的な、不思議な感じでした。
でも、トンネル見学には、この怪しげな雰囲気はとてもマッチしているかも……。

美しいレンガ

しかも、レンガを積んで作ってあり、それだけでもう、遺跡的な魅力があります。
褪せたレンガの色と、取り巻く緑が相俟って、なんとも幻想的な雰囲気です。

文化財銘板

しかも、このトンネルにも、先に通過したロックシェッド同様、
重要文化財であることを示す銘板が、左右両方に埋め込まれていました。
絡まる植物の蔓がまた、いい雰囲気になっています。
(なんとなく、ラピュタみたいですね)

で、トンネルのなかにも歩いて入ってみましたが、
灯りは乏しく、かなり暗い感じでした。
しかし、トンネルの壁面はレンガでびっしりと組まれており、
古いトンネルながらの、趣にあふれていました。
トンネル内部の写真や壁面の写真も撮ったんですが、
ピンボケになってしまいました。
トンネル内の模様をお見せできないのが、とても残念です。

しかも、出口はまったく見えません。
思いの外、長いトンネルのようで、進む先は闇です。
どのくらいの長さがあるのか、また、対向車が来たら、どうなるのか、
避ける場所があるか、そのあたりが、なんとも不安なところです。
歩いて出口まで行ってみようかと思いましたが、距離が不明なので、
途中で引き返してきました。
あのまま歩いていたら、別の世界に行っていたかも、などと思わせます。

トンネルの説明

蒸気機関車に引かれた列車は、ここでスイッチバックをして、
きつい勾配を上っていたそうです。
まさに交通の難所ですね。

隣のトンネル

こちらは、山中トンネルのすぐ隣にある、もうひとつのトンネルです。
どうやら、スイッチバックをするために、設けられたもののようです。
こちらもまた、独特の雰囲気がありますが、出口はなく、
内部で行き止まりになっているとのことでした。

というわけで、プジョーでトンネルを走ってみることも考えたのですが、
道幅が狭く、先がどうなっているかわからないこともあって、
運転手のヨメは、このまま先へ進むのを拒否。
というわけで、今回はこの山中トンネルで、引き返すことにしました。

天候回復

そのあと、東の今庄に戻り、今度は、越前海岸へと出てみることにしました。
途中、ひどい大雨に降られることもありましたが、進むうち、
しだいに天候は回復し、海に出るころには、すっきりとした青空に。
ここのところ、どうも空模様が安定しませんね。
でも、青空を見ると、気持ちも晴々、スッキリします。

帰りには、木の芽峠を探したのですが、こちらもまた、不発に終わってしまいました。
(木の芽トンネルは見つけたのですが、峠道にはどうやっていったらいいものか、
よくわかりませんでした。ちょっと残念)

というわけで、もし、また機会があれば、今度は、山中トンネル、
通過してみたいと思っています。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking


坂を上り……

なんと、気がつけばもう10月。
2019年も、あと残り三ヶ月ほどとなってしまいました。
ほんとうに、時の経つのは早いものですネ。
しかも、今月からは消費税が10パーセントの大台に乗ったということで、
いつもよりも、印象深い月初めになるかと思います。
それにしても、経済状態があまり芳しくないいまの日本で、
増税をおこなっても、だいじょうぶなのでしょうか。

……と、そんな話はさておき、先月のこととなってしまいますが、
(当ブログの特徴は、記事アップの遅さ、レスポンスの悪さです!)
岐阜県恵那市明智町にある『日本大正村』に、MINIで行ってきました。
日本大正村には、以前にもいったことがあるのですが、
はたしていつのことだったのか……。
ちょっと記憶が定かではないので、いまあらためて調べたところ、
前回の大正村訪問は、どうやら結婚して間もないころだったようです。
そうなると、いまから、十二年か、十三年も前のことになります。
えっ、そんな前だったっけ?、と自分でも驚いてしまいました。

といった思い出話はさておき、いつものように、この日も出発が遅く、
当初は、『この調子では大正村までは行けないかも』などと考えていました。
ですが、東濃へ向かう国道19号は、交通量もほどほどでスムーズに走ることができ、
また天候にも恵まれ、しかもMINIも快調ということで、
なんとか、目的地の大正村まで足を延ばすことができました。

大正村到着

こちらは、大正村の観光駐車場です。
以前来た時には、この駐車場は有料だったのですが、
いまでは、休日も無料開放されていました。
これはとってもありがたいですね。
駐車場がタダならば、またこの場にきてみたい、と思ってしまいます。
(なんだかんだいって、ただのケチです)

すばらしい天気

そしてこちらが、浪漫亭というお土産店です。
この地域は、どうやらこんにゃくが名産品らしく、
館内では、男性ボーカルによる『こんにゃく女~』といった歌声が流されていました。
どうやら、この地域のローカル応援ソングのようです。
(VTRをみているうちに、不覚にも、サビのメロディを覚えてしまいました)

それにしても、背景の青空がとてもきれいですね。
まさにドライブ日和、行楽日和です。

橋を渡って

そして、十数年ぶりに大正村へ……。
ですが、前回の来訪からあまりにも時間が経っているためか、
村のランドマークともいうべきこの場所にきても、
あれ?、こんな景観だったかな、と思ってしまいました。
(というわけで、ただいま、昔撮った写真を確認してみたのですが、
このあたりの風景は、まったく変わっていないようです)

大正村のランドマーク

橋を越えると、このように細い路地が伸びています。
記憶に残っていなかったとはいえ、この通りの眺めは風情がありますね。
そして道はさらに登りになります。
ちょうどいいお散歩コースですね。

旧役場

こちらは、旧明智村役場だそうです。
入場料がいるのかどうか、よくわからなかったので、入りませんでした。
(そうなんです。ケチなんです……)

城跡へ

このさらに東の山の上には、白鷹城 (明知城) の城跡があるとのことで、
さっそく、行ってみることにしました。

登山道

といっても、細く急峻な登山道を目の前にしてビビるヨメ。
以前登った美濃金山城がことのほか道のりが長く厳しかったために、
今回も怖気付いているようです。

本丸到着

ところが、実際に登ってみると、美濃金山城ほど厳しくはなく、
さほど時間をかけることなく、本丸跡まで登ることができました。

もっとも、この城の由来を、私は詳しく知りません。
地理的にいうと、武田勢から攻められそうな場所かと思いますが、
すみません……、そのあたりのことはよくわかりません。
明智光秀とゆかりのある城なのかどうかも、浅学ゆえ、まったくわかりません。
(明智光秀といえば、可児にある明智城が、ゆかりのある城ではないでしょうか)

本丸からの眺め

こちらが本丸跡からの眺めです。
まさに、堅固な山城といったところですね。
ここを落とすのは一苦労かと思います。

本丸跡

というわけで、城跡を散策後、今度は下山。
たいした距離ではないですし、下り坂ですので、あっという間に、
大正村の集落まで戻ってきました。

MINIで行く東濃

それにしても、この日は終日好天で、ほんとうに、気持ちのいいドライブ日和でした。
これから、もっと涼しくなってくるでしょうし、
(といいつつも、10月に入ってもエラく暑いんですけど)
また、MINIでお出かけしたいなあと思っています。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

能登金剛

今年のGWは、五月一日をもって、新元号『令和』への改元があったためか、
いつもの年より、なにかしら晴れやかな雰囲気があふれていたように思います。
しかも今回は、最大で10連休という、かつてない長期の休みとなったことや、
連休後半は天候にも恵まれたために、行楽地は、どこも例年以上に賑わったといいます。
しかし、これだけ長い連休となると、海外に出掛けるわけでもない限り、
さすがに、ちょっと時間を持て余してしまうかもしれません。
我が家も、結局のところ、旅行などに行くこともなく、
実家の飛騨高山に二度に分けて行き、不用品の処分やゴミ出し、
また、お墓の掃除などをするという感じで、行楽は二の次という感じでした。

まあ、旅行に行ってもどこも混んでいるだけですし、
この時期であれば、ホテル代も高騰しています。
もし泊まりで何処かに行くのなら、もっと別の機会を選んで行きたいな、
などと思ってしまいます。

とはいっても、さすがにこれだけの長い休みを、
単に実家に行くだけで終わらせるのは、なんとももったいないものです。
しかも、先にも申し上げたように、連休後半は天候にも恵まれました。
寒くも暑くもないいまの時期は、お出かけにもぴったりです。
というわけで、今月の三日に、飛騨高山の実家から、長野県方面へと少し出かけてみました。
行き先は伊那市のグリーンファームです。
このグリーンファームは、いわゆる産直市場のようなところなのですが、
いつもたいへんな人出で、駐車場は常に満杯状態。
店内は活気にあふれています。

グリーンファーム

今回、グリーンファームに行くのは久しぶりだったのですが、到着してびっくり!。
なんと、建物も駐車場も、すべて真新しいものに変わっていました。
以前は、古びたバラックのような、なんとも粗雑な建物だったのですが、
きれいな外観を見ると、なんだか、拍子抜けするというか、
あのガチャガチャした雰囲気が失われたことに、ちょっとがっかりする思いでした。
が、そこはグリーンファーム。
建物が新しくなっても、昔のテイストは、店内にしっかりと残っていました。
さすがです。

晴天のGW

グリーンファームのあるあたりは、胸のすくような高原の景観を楽しむこともできます。
この景観も、多くの人を呼び寄せる理由のひとつかもしれません。
しかも、ヤギやウサギなども昔と変わらず飼われていて、
ちょっとした動物園状態になっています。
日差しのしたでのんびりと餌を食べているヤギをみていると、思わず、
心も和んでしまいます。

その後はさらに南下し、かんてんぱぱガーデンへ。
ここで、寒天をいただいて、ボタニカルアートの作品を展示した、
私設のミュージアムを見学。
ついで、近くにある『きのこ王国』というところにも、ちょっと寄ってみました。

きのこ王国

この『きのこ王国』はスキー場でもあり、山の中腹にあるため、
こちらもまた、素晴らしい眺めが楽しめます。
飛騨高山のあたりは、地形的に山と谷が連続する見晴らしがきかない状態ですが、
長野県は、広々とした高原が続くという感じです。
信濃も飛騨も、同じ山国でありながら、双方の景観は大きく異なりますね。
こうして、ふたたび飛騨高山の実家へと戻りました。

翌日の土曜、今度は、北陸の能登金剛へと行ってみることにしました。
岐阜市から能登方面に向かうのはなにかとたいへんですが、
飛騨高山が起点であれば、それほど遠いというわけではありません。
とはいえ、ほぼ丸一日がかりのドライブとなりました。

今回は、実家にある不用品を、リサイクルセンターに持ち込むという作業があったため、
キャパシティの大きいヨメのプジョーで飛騨高山に行きました。
よって、連休中のドライブは、すべてヨメ車の出動と相成りました。

飛騨高山から能登方面に向かうには、まず、北の富山市を目指し、そこから、
国道8号線に乗り西へ向かいます。
その後、氷見市で国道160号線に乗り換え、能登半島の東側を通って北上。
石川県の七尾市を目指します。
七尾氏から田鶴浜を経由して、能登金剛の巌門へと向かおうとしたのですが、
道を間違えてしまい、北の志賀町へと向かってしまいました。

ヤセの断崖

というわけで、とりあえず、志賀町ではヤセの断崖へと行ってみました。
ここも、巌門と同様、以前にきたことがあります。

その後、南に進路をとると、道の途中、変わった岩が見えてきました。

トトロ岩

この巨大な奇岩は、トトロ岩という別名がついているそうです。
(正式な名称については、失念してしまいました。すみません)
また、たしかに、トトロに似ていますよね。
目もつけられていますし……。

雲ひとつない空

それにしても、この日は、雲ひとつない晴天。
これ以上ないほどの好天で、まさにドライブ日和でした。
ああ、できれば、MINIできたかったなあ。

などと思いを巡らせながら、能登二見や海岸を見物しつつ、なんとか巌門到着。
以前にこの場所に来たのは、2010年の4月ことでしたから、
じつに、丸9年ぶりの来訪となります。
(そのときの模様も、当ブログで紹介していました。なつかしい……)

海辺へ降りて驚いたのが、以前にはなかったおみやげ物屋や遊歩道などがあって、
周辺の景観が、いろいろと様変わりしいることでした。
9年という時間はさすがに大きいですね。

能登金剛巌門へ

この洞窟は、以前と変わりなく存在していました。

巌門の光景

もちろん、海も昔のままです。
それにしても、岩場の続くこの景観は、能登金剛独特のものですね。
近くの砂浜などには、打ち上げらたゴミの姿が垣間見え、
ちょっとがっかりもしてしまうのですが、この巌門には、
そういったものは見られず、そのせいか、海の青さが際立って見えました。

遊覧船がいく

また、この海岸からは、遊覧船も出ています。
海から見る巌門の景色も、きっと素晴らしいと思いますが、
今回も船に乗ることはありませんでした。

松本清張歌碑

こちらは松本清張の歌碑です。
この巌門は、松本清張の『ゼロの焦点』の舞台になったところで、
ゆえに、清張の歌碑があるとのことです。

ということは、鵜原憲一が自殺に見せかけて殺されたのは、
この付近という設定なのでしょうね。
ゼロの焦点では、巌門を含めた能登の景観を、暗く陰鬱に描写していますが、
絶好の好天に恵まれたこの日、そんな気配は微塵もありませんでした。

こうして、ひととおり巌門を散策したあと、高山へと戻りました。
今回はいけませんでしたが、次回は、輪島方面にも行ってみたいものです。

MINIの出番は……

五日の夜に岐阜市に戻り、連休最終日の六日には、MINIでプチドライブしてみました。
もっともこの日、天候が不安定で、午後からは,
雷を伴った雨が降るという予報が出ていました。
ですので、ほんとうに、近場をグルグルするだけの短距離走で終わってしまいました。
(一見すると綺麗に見える我がMINIですが、けっこうサビがひどく、ガックリします)

今年で16年の付き合いになる我がMINIですが、
(年式は1985年式なので、製造から34年が経っていますが……)
これからも、まだまだ、ずっと元気に走らせます。
(ちなみに今年は車検です)


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking