雪山を臨む

今年は稀に見る暖冬。
ここ飛騨高山は、
十二月の終わりから、まとまった積雪に見舞われるのですが、
今回の冬は、雪に悩まされることもないまま、
過ぎようとしています。

ところが、三月も中旬にさしかかろうとするこの時期、
不意に、冷え込みが戻ってきました。

日曜の朝になると、窓の外は、白く染まっていました。

ひょっとしたら、もう、このまま雪を見ることはないのかも、
などと思っていたのですが…。

とにかく、せっかくですから、雪景色を眺めに、
ちょっと出掛けてみました。

雪の宮峠-1

ここは、私の住む場所からクルマで五分ほどの距離にある、
宮峠という場所です。
ヘアピンカーブが続く道は、冬場の交通の難所でもあり、
事故多発地帯でもあります。

雪の宮峠-2

でも、峠の雪景色は絶景でした。
木々の枝に降り積もった雪に、陽光があたって、
白く輝いています。

なんだか、雪景色が名残惜しいですね。