MGコクピット

今日(21日)の午後、「ブリティッシュクラシックマラソン」というイベントを、
見学してきました。

このイベントは、1970年以前に製造されたイギリス車で、
愛知県岡崎市から、岐阜県飛騨市までを走る、というもので、
ゴールとなっている飛騨市役所駐車場には、
午後3時あたりから、参加車輛が集うとのことです。
(私が住む飛騨高山から、この飛騨市までは、クルマでおよそ40分ほどの距離にあります)

無類の旧車好きである私たち夫婦が、このイベントを見逃すはずはありません。

もっとも、今回は、うちのヨメの知り合いである、岐阜のとある業者さんが、
スタッフのひとりとして、このイベントに参加していたため、
いち早く、情報をゲットできたのですが…。

というわけで、さっそく飛騨市へ。
(今回は、ヨメのチンク号で出動しました!)
会場には2時45分頃に着いたのですが、
この時は、さすがに、まだ、一台も現場には来ていませんでした。

ですが、3時を15分ほど回ったあたりから、
爆音を轟かすイカしたクルマたちが、
チェッカーフラッグと拍手を浴びながら、会場駐車場に入ってきます。

というわけで、私たちも、部外者ながら、
居並ぶクルマたちに近づき、デジカメのシャッターを押しまくりました。
(勝手に写真を撮ってしまい、すみません)

ラゴンダ

こちらは、ラゴンダというクルマだそうです。
1935年製とのことですが、サビもなく、ピカピカ。
戦前のクルマなのに、状態はすさまじく良好です。
しかも、このクルマは、品川ナンバーなのです。
オーナーは、関東から、コレに乗ってきたのでしょうか…。

黄色のエラン

他のクルマも、ホントにキレイ。
(もちろん、なかには、適度にヤラれているクルマもいましたが)
みな、愛されているんですネ。

ジャガーEタイプなど

ジャガーEタイプ、MGB、トライアンフTR-A4、ミニ・マーコス…。
もう、ヨダレものです。狂喜乱舞です。
やっぱり、英車はいいです。サイコーです。

カニ目など

コチラは、スプライト、オースチンミニクーパーMk1、ライレーエルフ、etc。
ライレーエルフなんて、すごくキレイ。
かわいいです。

というわけで、私たち夫婦は、部外者であるにもかかわらず、
解散の時まで、ずっと会場にいました。

場内は、旧車オーナーたちの、社交場と化していました。
クルマ談義に花が咲き、どの方も、みな楽しそうです。

イベント終了後、初老の夫婦が、磨き上げられた愛車に乗って、
会場を去っていくさまは、とても印象的でした。

いつか、私たちも、
こうしたイベントに、当事者として、参加したいなあ、と、
強く思った次第です。



●ブログランキングに参加しました。
コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking