人とクルマ-パンフ

さて、永平寺をあとにして、次に向かった先は、
福井県立歴史博物館です。
この施設で「昭和 - 人とクルマのオールディーズ」、という展示が行われおり、
せっかく福井まできたのだから、
それを見にいこう、ということになったのです。
しかも、永平寺から歴史博物館までは、クルマで二十分ほど。
かなり近いのです。

現地に到着したのは、四時を少し過ぎ。
閉会時間の五時まで、残り一時間もありませんでしたが、
展示そのものが小規模だったため、すべての展示品をくまなく見ることができました。

スバル360

さて、では、展示されたビンテージな車輛を、ご紹介します。
まず、こちらが、スバル360。
キレイにレストアされています。
後方に写っている黒塗りのクルマは、日野ルノーです。

ビンテージバイク

クルマだけではなく、ビンテージなバイクも展示されていました。
この枯れた色合いが、なんともいい味を出しています。

昭和の商店

また、この博物館には、今回の企画展とは別に、
常設展示となっているらしい、昭和の町並みの実物大ジオラマがありました。
こちらは、細部にまでこだわった力作です。

昭和の台所

郷愁を誘うたたずまいです。
しかも、各家は、室内まで再現されています。
家電品がなつかしい。

…と、なかなか楽しめました。
(ただ、せっかく写した写真の多くが、
 ブレていました。う?ん、残念)


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking