アート和傘

先日の土曜日、
JR岐阜駅アクティブGの「TAKUMIミュージアム」で開かれている、
アート和傘JAPAN展に行ってきました。
この催しは、岐阜県内で活躍する、
グラフィックデザイナーやイラストレーター、フォトグラファーなど、
総勢15人のアーティストたちが、
日本古来の和傘に、新たな息吹を吹き込んだ、非常に興味深いものです。

会場には、デザイナーの奔放なイマジネーションを受け止めた、
色とりどりの和傘が、大輪の花を咲かせていました。

その、どれもが、作り手の「情熱」と「その人らしさ」に溢れ、
思わず、ひとつひとつの作品に、引き込まれるように、見入ってしまいます。

また、四本の傘を一組にまとめた展示方法も、
美しくキマッていました。

会場も、また、ひとつの作品となっているかのようです。

私は、かねてから、
メディカルイラストの制作をさせていただいていますが、
同じメディカルイラストの制作に携わっていらっしゃる方々が、
このグループ展に、多数、参加しています。

今回は、みなさんの作品を拝見させていただき、
ほんとうに、有意義でした。

また、当グループ展のオープニングパーティーにも参加させていただき、
とても、楽しいひとときが過ごせました。
みなさま、ありがとうございました。
(会場の模様やパーティーの様子など、画像があればいいのですが、
 当日は、デジカメを持っていきませんでした。スミマセン)

それにしても、こうして、自らの作品を作り、
発表していくことの大切さを、今回も、ひしひしと感じました。

日々、仕事にかまけていると、
なかなか、自分自身の作品作りって、できないことだと思います。

岐阜県内のクリエイターのパワーとバイタリティーを、
大いに感じた一日でした。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking