道の駅にて

今日、10月1日は、私たちにとって、結婚記念日になります。
(もっとも、入籍したのは、7月1日なんですが…)

いろいろありましたが、こうして、無事、一年を迎えることができました。

一年前の今日の出来事を思い出すと、なんだか、気恥ずかしいばかりですが、
どれも、いまでは、いい思い出です。

結婚式の写真

さて、そんな「結婚一周年」が間近に迫った先月29日の土曜日、
ヨメさんと、一周年記念に、泊まりで、どこかに行ってみようか、という話になりました。
で、唐突に、能登の突端「輪島」に、行くことになったのです。
(これが、土曜の朝の9時くらいの話です)

というわけで、それから、ネットを使って慌ただしくホテルを捜し、
当面の仕事になんとか目処をつけ、MINIに乗って、能登に向け出発しました。
(とはいっても、時刻はすでに昼過ぎでした)

なんとか、宿は確保できましたが、
こんなことなら、事前にきちんと計画しておくべきでした。

旅先に輪島を選んだのは、当日の天気予報で、能都方面が「晴れ」と、
なっていたからです。

ちなみに、この輪島を含む能登半島先端は、
今年の3月に、大きな地震に見舞われています。
このような地に、観光で遊びに行くのは、いささか不謹慎なのではないか、
という気持もありましたが、地元経済にわずかながらでも寄与できれば、
(そんなことがいえるほど、たいしてお金も使わないのですが…)
と思い、能登行きを敢行した次第です。

進路は、とにかく北へ。
飛騨高山から国道41号線を北上し、富山市へ。
そこから国道8号線、160号線を通って能登半島へ。
七尾市、穴水町を経て、能登半島の奥座敷、輪島に至るというコースです。

出発した当初は、かなり雲行きがあやしかったのですが、北上するにつれ、
どんどん、天候は回復し、やがては、日も射すようになりました。

国道160号線

こちらは、能登半島にある道の駅です。
秋の空気がさわやかでした。

そして、輪島の街につく頃には、日も暮れかかる時刻でした。

ホテルにチェックインして、一息つくと、
夕闇に包まれつつある街に、出掛けてみました。

こちらが、その輪島の街。風情のあるたたずまいです。

輪島の道


日が沈んだこの時間ならではのよさがありますネ。

輪島の町並み


このあと、居酒屋で、輪島ならではの「海の幸」をいただくことに…。
刺身、塩辛、のどぐろ、などなど、とてもおいしかったです。
(会計のとき、予想を上回る金額にびっくりもしたのですが…)


この続きはまた次回に。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking