信州の青空

さて、12月も半ばをすぎました。
今年も、残すところ、あと半月です。
一年が経つのは、早いものですネ。

さて、今年は、11月の終わりに、時ならぬ寒波が襲来し、
ここ飛騨地方では、例年より早く、雪が舞うこととなりました。
が、12月に入ってからは、冷え込みも緩んでしまい、
比較的、暖かい日が続いていました。

とはいえ、さすがに、12月の半ばとなると、本格的に、雪が舞い始め、
今日(16日)の朝には、ついに、というべきか、
やっと、というべきか、あたりは、完全に雪景色となってしまいました。
しかも、雪は降りしきっていました。

こんな日は、とても「お出かけ日和」とはいえないのですが、
雪道の運転に挑戦するには、いい機会かもしれません。
というわけで、今日は、
うちのヨメさんの「雪道練習運転」の旅に出ることになりました。

なにしろ、ヨメさんは、
ここ飛騨高山の出身ではなく、雪の少ない地域に住んでいました。
こちらに嫁いで、すでに一年半になりますが、前回の冬は、
記録的な暖冬で、雪道を運転する機会もあまりないまま、春になってしまいました。
ですから、雪道の運転には、今も、あまり慣れていないのです。

というわけで、そんなヨメさんに、
一刻も早く、雪道ドライバーになっていただくために、
ヨメのプジョーで、出発しました。

位山への道

まずは近くの山道へ。
かなり雪がありますが、それでも、まだまだ本格的な冷え込みとは、
いえないようです。
この程度の雪なら、根雪にはならないでしょう。

高根の道

その後は、信州方面へ向かってみました。
標高があがるにつれ、雪質も変わっていきます。
路面は、固く締まった雪道になり、さらに滑りやすくなります。
ですが、路面は平坦で、まだまだ、走りやすいかもしれません。

ヨメのハンドルさばき

華麗なハンドルさばきをみせるヨメ。
といいつつ、じつは、ものすごくビビってました。

さて、信州に入ると、天候は劇的に回復。

国道19号線

木曽福島から国道19号線に入ると、雲ひとつない好天に。
しかも、路肩にもほとんど雪がありません。

遠くに見える山が、青空のしたで、白く輝いていました。

その後、国道沿いの道の駅で、名物のアップルパイを購入。
このアップルパイが、なかなかの絶品でした。

さて、これで、ヨメも雪道には慣れたことだし、
今後は、雪にもめげず、お出かけができそうです。
(もちろん、私のミニも、雪があっても出動します)



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking