朝の宮村

昨日からゆうべにかけて、ここ飛騨高山は晴天でした。
が、そのせいで放射冷却現象がおきたのか、今朝は、もう格別の冷え込みでした。

まず、朝、目が覚めて、ビックリ。
なんと、窓の内側についた結露が凍り付き、ガチガチ状態!。
たしかに、冬場は、部屋の中でさえ窓が凍り付くことが、しばしばあるのですが、
今回は、サッシのロック部分さえも、ガチガチ。
さすがに、ここまで冷え込むのは、ちょっと珍しいです。

凍結したサッシ

写真ではよくわからないかもしれませんが、
濃いブラウンのサッシが、粉を吹いたように白くなっています。
また、窓には、断熱用にビニールのプチプチ(梱包材)を張ってあるんですが、
それさえも凍結していました。

しかも、浴室のシャワーも凍結していて、お湯も水も出ません。
私が住むこのマンションは、凍結防止用の水道管ヒーターが全戸に入っていますが、
それでも、浴室の水道設備は凍ってしまったようです。

さいわい、シャワーのホースや蛇口などに、
洗面所から酌んできたお湯をかけたら、
なんとか使えるようになりましたが、こんなことをするのは、
この冬、初めてです。

風呂の水滴も凍って…。

こちらは浴室天井の水滴。
写真を見ると、ただ水滴が付いているだけのように見えますが、
じつは、すべて、凍っています。

聞けば、今朝の飛騨高山の市街地の気温はマイナス11.8度だったそうで、
私が住む、ここ飛騨高山のはずれ(旧宮村)では、
マイナス18度くらいまで冷え込んだといいます。

まあ、以前なら、このような冷え込みは、稀にあったのですが、
ここ最近は、比較的、暖冬傾向だったので、
今回の冷え込みは、よけいに、こたえたのかもしれません。
(ただ、今年も、積雪量自体はとても少ないです)

とはいえ、暖冬というのも、なんだか調子が狂いますから、
こうして、ぐっと冷え込むのも、冬らしくてイイかな、などと、
思っています。




●ブログランキングに参加しました。
コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
朝日の道

昨日の日曜日、
昨年の12月に行った、長野県大桑村の「道の駅」に、再度、行ってみました。
この道の駅には、リンゴが丸ごと入ったアップルパイが売られていて、
前回、買ってみたらとてもおいしかったので、
もう一度、買いにいこうということになったのです。

というわけで、一路、長野県へ。木曽福島方面へ向かってみます。
ですが、山岳地であるここ岐阜県北部から信州へ至るには、いくつもの、
峠を越えなければなりません。
やがて、道は真っ白に。しかも、空は晴れてはいても、
前夜からの冷え込みがかなり厳しく、雪道は固く締まっています。
上り坂はいいのですが、下り坂はちょっと注意が必要です。

高根の道

この日は、ヨメのプジョーで出掛けたので、ヨメ運転です。
ここ最近、雪道にも慣れ、楽しそうにハンドルを握るヨメでした。
(以前は、雪道に恐れをなしていたんですが…)

高根のダム湖

道の途中にはいくつものダムがあるのですが、
ダム湖は、完全に凍り付いていました。
思わず、クルマを止めてパチリ。
晴天の下に広がる白い湖。とても美しい光景です。

そして、長野県側へ。
このブログに何度も登場している、長野県開田に入りました。
ここからは、御岳が一望できます。

開田の御岳

息を呑むすばらしい眺め。
私と同じように、カメラを構えている人もちらほらいました。

大桑の道の駅

そして、ドライブすることおよそ二時間強。
目指す大桑の道の駅にたどり着きました。
ここは、名古屋と長野を結ぶ国道19号に面しているため、
スキー客などでごったがえしていました。

道の駅「大桑」

大桑のアップルパイ

これが大桑のアップルパイ。
りんごが2.5個使われています。
まだ食べていないので、
今夜あたり、しっかり味わって食べてみようと思います。

その後は、岐阜県に戻り、私の自宅のそばにある、
モンデウススキー場へ寄ってみました。

モンデウスのゲレンデ

ゲレンデは白銀の世界。しかも冷え込みがきついせいで、
雪質は最高です。まさに、パウダースノーです。

このときは、すでに夕暮れ時で、あたりにはもう人影はありませんでした。
が、なんと、たたずんでいる雪上車を発見。

雪上車

カッコいいので何枚も写真を撮ってしまいました。
そのとき、背後に人影が…。
なんと、近くにいたこの雪上車の運転手さんが、怪訝な目で私を見ていました。

その後、この雪上車は動き出し、
ゲレンデを意味もなくウロチョロする私に向かって、迫ってきました。
(というか、私が雪上車の進路上にいただけなのでしょうが…)
ちょっと怖かったです。


そして、この日の夜から今朝にかけて、さらなる激しい冷え込みが…。
その模様は、次の日記で…。



●ブログランキングに参加しました。
コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking