ミニで行く高根、開田

先日、雪道をミニでドライブしがてら、カレーを食べにいってきました。
行った先は「高根町」という、岐阜県と長野県の県境にある場所です。

この地は、市町村合併が行われたいまでこそ、飛騨高山の市内となっていますが、
かつては「高根村」と呼ばれる、山村でした。
(すでにお気づきの方もみえるかもしれませんが、
 高根町は、私のお気に入りのドライブコースであり、
 当ブログではたびたび登場しています)

さて、そんな高根町には、いまや名物となっているうわさの調味料があります。
その名は「うま辛王」
山奥の廃トンネルの中で、唐辛子を熟成して作る、ピリ辛系の液体調味料です。

このうま辛王を使ったカレーが、高根町の道の駅レストランで出されていて、
カレー食べたさに、雪の山道にミニで挑んできました。

高根の道の駅

こちらが、その道の駅です。

うま辛王

そしてこちらが、うま辛王。
見た目にはタバスコに似ていますが、タバスコほど辛くなく、
味にコクがあります。
この他にも、うまっ辛ほっと、うまい辛かけヨ!、などの姉妹商品があります。

うま辛王カレー

そして、コレが、うま辛王カレーです。
(相方はうま辛王ラーメンを頼みました)
カレーの色は赤みを帯びていて、なんだか、食欲をそそられます。

で、カレーの味は、コクのある辛口、といった感じで、
とてもおいしかったです。
ぜひ、また食べにこなくては…。

ちなみに、うま辛王ラーメンもイケました。

雪だるまツインズ

食事が済んだ後、長野県側にドライブしてみました。
長野県開田村には、なんと、二つ並んだ雪だるまが、道路を見下ろしていました。
なんだか、かわいい、というか、妙に悲哀を感じさせる顔をしていました。

氷の柱

そして、走ることしばし…。
道の反対側に、まるで氷の壁のように見えるつららの群れを発見。
そういえば、以前にも、同じ場所で、氷の壁を見たことがありました。

氷の柱の看板

どうやら、この氷の壁は、毎年、この場所に現れるようです。
なんと、解説用の看板がすぐそばに立っていました。

それにしても、2月も下旬にさしかかったいま、
こちらでは、少しまとまった積雪がありました。

ここ飛騨高山では、春の足音は、まだわずかしか聞こえないようです。
ああ、春が待ち遠しい…。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking