広重展

ここ飛騨高山にある「光記念館」という施設で、いま、
「広重名所江戸百景展」という企画展が行われています。

広重とは、東海道五十三次などの作品で、つとに有名な浮世絵師で、
今回の企画展は、彼が描いた江戸の風景画を展示したものです。

この企画展の会期は18日の日曜日まで…。
というわけで、今日、あわてて、会場へと行ってきました。

光記念館

こちらが、会場である光記念館。
とても立派で大規模、そして重厚な施設です。

この施設は、ミュージアムと銘打たれていますが、
美術館というより、巨大なモニュメント的建造物といったほうが、
いいのかもしれません。
広重の作品群は、この建物内の一室で、
静かに、そして厳かに、展示されていました。

会場に足を踏み入れ、居並ぶ作品群を丹念に見て行くと、
まず、それらの構図の妙味に、目を奪われます。
しかも、多くの作品が、景観を俯瞰するかたちで描かれています。

実際には、このような高い位置から、風景を見ることができないのでは、
と思われるものもあります。
ということは、広重は、
現実に目の当たりにした景色を見ながらデッサンを起こしたのではなく、
上空からの視点を想定しながら、筆を運んだのではないかと思われます。

なぜ、このような高い視点にこだわったのか…。
それは、一枚の画面のなかに、可能な限り多くの情報を
つめこもうとしたからなのかもしれません。

人々の生活や町並み、そして、遠景の田畑や川、
それらが遥かな山や空に向かって収斂するさまは、
見る側をぐいぐい引き込んで行きます。

また、少ない色と、繊細な輪郭線で描かれた光景は、
シンプルで、かつ洗練されており、現在のアニメにも、
どことなく、通じるものがあるように思います。

ゴッホは、広重らの浮世絵を模写したそうですが、
そうした試みは、絵画に対して、
西欧とはまったく別のアプローチをしていた日本文化に対する、
リスペクトだったのかもしれません。

というわけで、広重の世界にひたったひとときを過ごしてきました。

さて、次は何を見に行こうかな…。





コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking