戸隠バードライン

そして、今回もまた、前回の続きです。
(今回で、最終回です)

戸隠神社での参拝を終え、
帰路につこうとしたのですが、ここまで来た道を……、
あの、くねくねと曲がりくねった林道を、延々とMINIで引き返すことを思うと、
気も重くなります。

というわけで、
戸隠から長野市方面に伸びている
「戸隠バードライン」という道を通ってみることにしました。
岐阜県に帰らねばらならない私たちにとって、長野市に向かうことは、
いわば大回りになるのですが、林道を通るより、快適そうだと判断したためです。

いったん長野市に出て、そのあとは、
美麻経由で白馬、大町方面へ向かい、そこから飛騨を目指すことにしました。

バードラインで長野市へ

このバードラインと呼ばれる道は、さすがに、整備されたいい道です。
車線もちゃんと2車線あり、軽快に走ることができました。
遅まきながら、
なんだ、こんなきちんとした道があったんだ、と、思いました。

が、しばらくすると、頭上に、
鉄骨でできたトンネル状の構造物(スノーシェッド)が設けられた地点に、
行き当りました。
その入り口には「七曲がり」と、書かれていたのですが…。

このスノーシェッドに入ったとたん、道はものすごい急勾配に!!。
もう、常規を逸した坂道といってもいいほどです。

恐怖の七曲がり-1

しかも、坂道の先は、これまたすごい急カーブ。
メチャメチャ怖いです。

カーブを超えると、また、激しい下り坂。
そしてふたたび、急カーブ。
このつづら折れ状態が延々と続きます。
そのとき、はじめて「七曲がり」という名前の意味を知りました。

恐怖の七曲がり-2

ヒィ??。もう勘弁して?って感じです。
(写真では、勾配のすごさがわかりにくいかもしれませんが)
しかも、カーブでは対向車が来るし…。

セカンドギアでエンジンブレーキを使っても、
思い切り加速してしまいます。
ローギアにしようにも、クラッチを踏むのが怖い…。
仕方なく何度もポンピングさせてブレーキを踏むのですが、
それでも、ベーパーロックしないかと心配になります。

そしてようやく、七曲がりを抜けました。
もう、恐怖でした。
この道は、もう、二度と通りたくありません。
MINIには過酷すぎます。

長野市の街

というわけで、長野市に到着。ホッとしました。
できれば、善光寺にも行きたいところですが、すでに夕方なので、
今回はパスしました。

その後は、快適なドライブとなりました。

長野市から国道19号線に乗り、松本方面に向かいます。
ですが、この道は、走っていてもあまりおもしろくないので、
途中、白馬方面に向かう有料道路へと入り、そこから、
大町へと進路を取りました。

大町から安曇野アートラインという道に入り、上高地方面へ。
景色が美しく、しかもほとんど信号がない、快適な道です。

このままどこかで夕食を、と、思っていたのですが、
なんと、携帯のメールをチェックすると、
お得意先から、先日納品したイラストに、修正が発生したとの知らせが…。
しかも、納期は翌日の朝。

というわけで、食事の予定はとりやめ、一路、飛騨高山へ。
夜九時前には無事に帰宅しました。
(そして、この日は、深夜まで仕事することとなってしまいました)

なんだか、すごくハードな、結婚(入籍)記念日となってしまいました。

戸隠そば

ちなみに、これは、おみやげです。
(他にも、焼きネギ味噌、野沢菜なども買ってきました)




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking