岐阜駅周辺

26日の土曜、岐阜県岐阜市に、出張のため、いってきました。
今回は、夜の宴席も予定されていたために、泊まりがけの出張となりました。

ただ、猛暑日の続く七月も終わりのこの時期に、
岐阜市に出張するのは、仕事とはいえ、なかなかどうしてたいへんなことです。

私の住む飛騨高山は岐阜県北部の山岳地帯にあり、
標高も高いせいもあって、夏場は、比較的すごしやすい地域です。

ですが、同じ岐阜県でも、南部となると、事情がまるで違います。
岐阜県多治見市や揖斐川町などは、
全国的に名の知られた猛暑地で、県庁所在地である岐阜市も、
これらの町に匹敵する、極めて暑い場所なのです。

そんな灼熱の地へ、エアコンもないMINIで出掛けるのは、
もう、無謀といってもいい行為かもしれません。

でも、私のクルマはこのMINIだけですので、
(プジョー306はヨメさんのクルマです)
MINIで出掛けるしかありません。

しかも、26日は幸か不幸か快晴。
午前中から、気温がじりじり上がり始めました。

お昼前に家を出て、国道41号を南下。
日差しは強かったのですが、しばらくは快適なドライブでした。
しかも、ガソリン高騰の影響もあってか、路上を行くクルマの数も少なく、
スイスイと走ることができました。

が、岐阜市の北にある関市に入ったあたりから、状況が一変します。
見れば、路肩に設えられた温度計は35度となっています。
しかも、市街地に入ったため、信号が多く、すんなりとは進めなくなりました。

こうなると、気になるのが、MNIの水温計です。
私のMINIには、冷却ファンが付いていません。
そのため、炎天下のなかで信号待ちをしていると、
水温系がじわりじわりとあがってきます。

このままではオーバーヒートの危険があるため、
仕方なく、ヒーターのスイッチを入れることとなります。

こうすれば、エンジンルームの熱を、運転席側に逃がすことができ、
オーバーヒートの危険をわずかながらですが回避することができます。

ですが、乗っている人間は、大変なコトになってしまいます。

着ている服は、もう汗でびっしょり。
そればかりか、汗が目に入って、目を開けているのもつらい状態です。
手で顔の汗を拭っても、もう、追いつきません。

さいわいにも渋滞はなく、水温計も危険なほどあがることなく、
なんとか、岐阜市内に突入しました。
ただ、車内は、窓を開けていてもサウナ状態です。
溶けるような暑さです。

当初の予定では、ホテルにチェックインする前に、
市内のホビーショップなどに寄っていくつもりだったのですが、
もう、MINIに乗っているのが限界状態でした。
サイドブレーキやシフトの基部なんて、
触ればやけどしそうなほど暑くなっています。

というわけで、どこにも寄らず、
岐阜駅脇にあるホテル指定の駐車場にクルマを入れ、
矢も盾もたまらず、外に飛び出しました。

もう、Tシャツは水をぶっかけたみたいに、
汗でびっしょり濡れています。
恥ずかしいです。

岐阜駅の駐車場

まあ、こんな猛暑日に、
ヒーターをつけてクルマに乗っているんですから、
それも無理もない話です。
(ここまでくると、もう、クルママゾです)

しかも、猛烈に喉が渇いて、もう、いてもたってもいられません。

というわけで、岐阜駅に駆け込み、自販機で飲み物を買い、
そのまま一気飲み。

整備中の岐阜駅

その後、歩いてホテルにチェックインに行ったのですが、
(ホテルは、画面右端です)
汗だくでヘロヘロの格好が、かな?り恥ずかしかったです。

というわけで、部屋に入ってシャワーを浴び、着替えをすませ、
やっと人心地ついたのですが、今回はホントにしんどかったです。

夏場のMINIドライブは、
健康を損なうこともあるので、ほどほどにしないといけないと、
身にしみて思いました。
(ちなみに、この日は、岐阜の繁華街である柳ケ瀬で、
 夜中の3時過ぎまで飲んでしまいました)





●ブログランキングに参加しました。
コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
MINICM4. TB0 TOP▲