高山市図書館

こちらは、わが町「飛騨高山」の図書館である、
煥章館(かんしょうかん-と読みます)の外観を映した画像です。

今でこそ、このような立派な図書館がわが町にもできたわけですが、
ほんの数年前まで、ここ高山市の図書館は、とても粗末で、
蔵書も極めて少ないものでした。

それは、いみじくも「市」である町の図書館としては、
不当なほどに小規模で、市民がいかに図書館の必要性を感じていないかを、
如実に表すものだと、私は思っていました。

が、旧市役所跡地に、この煥章館と銘打たれた図書館が建設され、
蔵書は、一気に数倍になり、やっと、町の大きさに見合った図書館を、
わが町も持つに至りました。

しょっちゅう図書館に行く私にとっては、とても喜ばしいことです。

ですが、この図書館、
観光地である飛騨高山の、観光名所である古い町並みにほど近い場所に、
建っているのです。

そのため、休日には、
図書館前の駐車場は、観光客のクルマが数多く止められることとなり、
図書館を利用したい市民が、クルマを止めづらい状況になります。
しかも、いまはお盆の時期。観光客が数多く訪れるシーズンです。

夏の高山市街

こんな時期には図書館に行くのを避けたいところですが、
今回、返却期限が10日の日曜となっていたため、火中の栗を拾うがごとく、
図書館に出掛けてきました。
(ちょっと大げさですネ)

画像ではさして混雑していないように見えますが、
実際には、町中はかなりの賑わい。
クルマも多かったです。

で、図書館に着いたのですが、やはりというべきか、駐車場は満車。

どこか別の場所にクルマを止めて、歩いて図書館までこようかとも思いますが、
ズッシリと重い本が5冊以上もあるため、それも、骨が折れます。

というわけで、駐車場が空くまで、しばし待機。
時刻はお昼過ぎ。エアコンのないMINIの車内でじっと待つのは、
ちょっとツライです。

ですが、意外と早く駐車場が空き、なんとか、クルマを止めることができました。

ただ、駐車場待ちのクルマの列を見て、図書館行きを断念し、
そのまま、帰ったことも何度かあります。
こんな時は、なぜこの場所に図書館を作ったのかと、恨めしく思うこともあります。

日本のトラック・バス

さて、話は変わりますが、今回、図書館で、
ちょっと面白い本を見つけました。

それが、コレ。
日本のトラック・バス、という本です。

戦前から1970年代までのトラックやバスが、網羅された本です。
いずす、日産、三菱、マツダ、ホンダ編と、
トヨタ、日野、プリンス、ダイハツ、くろがね編の、
ふたつの本が出されています。

レトロなトラックたち

中身は、主に、当時のカタログを納めるかたちとなっており、
レトロな外観のトラックやバスが、見ていて、とても楽しいです。

また、シャーシーやエンジンなどのメカニズムに関するイラストも、
数多く掲載されており、
技術の進歩も、ビジュアルで理解できます。

コレは、もう、手元に置いておきたい本ですネ。
本屋さんに、買いにいこうかな。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking