いただいたナス

私が住んでいるのは、飛騨高山のはずれの、山の中のマンション。
そんな土地柄のおかげか、秋のこの時期には、
大家さんが、自分の畑で収穫した農作物を、店子である私たちに分けてくれます。

マンションの階段のしたには、座卓が置かれ、
そこに、大家さんが、とれたての野菜を「ご自由にどうぞ」と、
置いていかれるのです。
(ときには、玄関ドアのドアノブに、架けられていることもあります)

これこそまさに地産地消。
ありがたい話です。

すくなかぼちゃ

こちらは、先日いただいた、宿儺(すくな)かぼちゃ。
もう、すっかり平らげてしまいましたが…。

枝豆

そしてこちらは、枝豆。
ひと枝いただいてきたのですが、それでも、かなりの量。
とてもおいしいので、一度食べ出すと、止まらなくなります。

ペットボトルのお米

ちなみに、うちのお米は、兼業農家を営むヨメさんの実家からの頂き物です。
こうして、ペットボトルに、鷹の爪とともに密閉しておかないと、
すぐに虫がわいてしまうのですが、安全でおいしいお米です。

ここ最近、食の安全を脅かすニュースが、よく聞かれ、
いまや、何を信じて食品を買っていいのか…わからない時代となりました。

こうした、作った人がわかる食物こそ、なにより安全。
いつも、ありがたくいただいています。

田舎暮らしは、なにかと不便なこと、たいへんなことがありますが、
このような恩恵に預かれることも、すくなくありません。

というわけで、みなさまに感謝しつつ、今後も、
田舎暮らしを満喫することにします。
(トップ画像のナスは、今日いただいたものです)




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking