大イチョウ

私の住む飛騨高山の市街地には、飛騨国分寺という、古い寺があります。
この寺は、高山の街の観光スポットとして、常に多くの観光客で賑わうのですが、
晩秋のこの時期になると、寺の敷地内にある大きなイチョウの木が、美しい黄色に染まり、
さらに多くの人を集めることとなります。

今日、たまたま、買い物に出かけた時に、この国分寺に、立ち寄ってみました。

国分寺の門

こちらが、その国分寺の正門です。
正門は、国分寺通りという広い通りに面しており、また、高山駅からもほど近く、
場合によっては、この地を訪れた観光客が、
いちばん先に見物する観光名所であるかもしれません。

風情のある正門は、眺めていると、心が休まる思いです。

巨大な大イチョウ

門をくぐると、すぐに、大きなイチョウの木が視界を圧倒します。
今がいちばん見頃かと思いましたが、イチョウの上部はまだ、ほんの少し、
緑の葉が残っているようです。
まだ、いましばらくは、この大イチョウの美しい姿を楽しむことができそうです。

ちなみに、このイチョウ。
樹齢1200年を超えるそうで、国の天然記念物にも指定されているといいます。

見物客

イチョウのまわりには見物客もちらほら。
この日は平日だったので人もまばらでしたが、土日ともなれば、
多くの人で賑わいます。
ここ最近は、海外からの観光客が、たくさん訪れるようです。

三重の塔

こちらは、国分寺の名物「三重の塔」です。
美しい建築物です。

このお寺で、私は、毎年、節分になると、厄除のお札をいただいています。
そのときの日記はコチラ。

国分寺の節分星祭

そして、飛騨国分寺のサイトはコチラです。

醫王山-飛騨国分寺

この秋は、もうちょっと、地元の散策をしたいと思います。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking