上三之町の家並み

三連休の初日となった22日の土曜日、私の住む街である「飛騨高山」の観光名所を、
ひさしぶりに、散歩してみました。

高山の街で、つとに有名な観光スポットといえば、まず、古い町並みがあげられます。
もっとも、この界隈は、いつも多くの観光客で賑わうものの、
地元の人間は、特に用がない限り、脚を踏み入れることはありません。

ですが今回は、晩秋のわが町の姿を写真に収めてみようということで、
あえて、この古い町並みに、観光客を装って、行ってみることにしました。

賑やかな古い町並み

今回は、市の中心部にある目抜き通り「安川通り」から、
古い町並みに入ってみました。
まずまずのお天気に恵まれた土曜のこの日は、
予想以上に、多くの観光客で賑わっていました。

冬の高山の街はとても風情があって美しいのですが、
雪のために足下も悪くなり、観光には不向きとなります。
その前に、高山の街を見ておきたいという方々が、11月のこの時期、数多く、
この街を訪れるようです。

通りには人力車も繰り出し、賑わいに拍車をかけています。

さらに観光客が増えて…

そうこうするうちに、さらに観光客は増え、
せまい通りは、人でいっぱいになってしまいました。

ここ最近、高山では、日本人ばかりではなく、
外国人の観光客をとても多く見かけるようになり、
なかでも、中国、韓国、台湾、から来たと思われる人たちは、
かなりの数に上るようです。

高山は山の中の小さな街ですが、
グローバルな知名度を持つ観光地になりつつあるのかもしれません。

陣屋前

古い町並みを抜けて、中橋という橋を渡ると、
かつて幕府の代官所だった「高山陣屋」に、辿り着きます。

幕府の代官所が昔のままの姿で残されていることは希で、
ここ高山陣屋は、貴重な歴史文化遺産といえると思います。

こちらにも、多くの観光客が、訪れていました。

というわけで、高山の街を、ぶらりと散歩してきました。
また、機会があれば、ここ高山の観光名所を、ご紹介したいと思います。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking