玉さん個展リーフレット

昨日、飛騨市古川町の「飛騨市美術館」で開かれていた、
玉賢三さんの個展「玉賢三デザインの仕事展」に、行ってきました。

玉さんは、飛騨高山在住のイラストレーターで、
水彩による、繊細で美しいリアルイラストレーションを描く方です。
また、作品のすばらしさだけでなく、その人柄においても、
広く慕われ尊敬されている方でもあります。

会場となった飛騨市美術館は、私が住む飛騨高山の北に位置する、
飛騨市古川町にあり、ここ最近、建設されたらしく、
とても清潔感のある建物でした。
(このような施設があること自体、私は、いまのいままで、
 まったく知りませんでした)

会場に足を踏み入れると、
まず、常設展示となっている郷土の画家の方々の作品が並んでいて、
その奥に、玉さんのイラストを展示した部屋があります。

居並ぶのは、B1サイズのポスター原画、そして、
美人画、風景画、高山の祭などをモチーフにした作品、
記念切手の原画、などなどが、ところせましとならんでいます。
また、玉さんがデザインされた、ロゴや包装紙など、
グラフィックデザイン作品なども、あわせて展示されていました。

いつもながら、玉さんの技術力には、ほんとうに圧倒されてしまいます。
私などは、まったく足下にも及びません。
どの作品も、思わず、息を呑んで、見入ってしまいます。

ディティールを繊細に描き込むイラストもあるかと思えば、
大胆な画風の作品もあり、玉さんの持つタッチの幅広さと深さが、
ひしひしと伝わってきます。

同時に、玉さんは、
猫といった動物や、女性、そして少年に至るまで、
洗練された手法で生き生きと描くかと思えば、
風景画や祭の山車(屋台)といったものまでをも難無く描き切り、
さらには、クルマといった硬質なメカニックまで、こなしてしまうのです。

身近に、こんなにすごい方がいらっしゃるのだと、あらためて感じる次第でした。

玉さんの作品群をまえにして、私は、自分の未熟さや不勉強さを、いやがうえにも、
痛感してしまいました。
加えて、デジタル化されてしまったデザイン業界にあって、
ハンドメイドイラストレーションが持つパワーを、再認識させられてきました。

ひょっとしたら、玉さんご本人が、会場にいらっしゃるかも、と、
期待していましたが、平日でもあったためか、玉さんはいらっしゃいませんでした。
うう?ん、残念です。

ですが、会場には、玉さんへのメッセージを記すノートが置いてありました。
が、字がとてもヘタな私は、そこに記入するのがためらわれて、
結局、何も記してきませんでしたが、
いま思えば、ひとこと、何か書いてくればよかったと、ちょっと後悔しています。

とにかく、今回は、素晴らしい作品を拝見させていただき、
ありがとうございました。

飛騨市美術館周辺

本個展は、今月15日まで、ここ飛騨市美術館で開かれているそうなので、
高山、及び古川にお住まいの方は、ぜひぜひ、足を運んでみてください。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking