旧車イベント

昨日の日曜(14日)、ここ飛騨高山で、旧車のイベントがありました。
イベントの正確な名称は、ちょっとわからないのですが、
昭和のクルマが集合、といったようなキャッチフレージがつけられていたように思います。

このイベントに、
ヨメのクルマ仲間(フィアット500チンクエチェントのオーナー)のみなさんも、
来てくださるとのことで、ごいっしょさせていただくこととなりました。

もっても、ヨメのチンクは、いま、車検切れでガレージに保管中となっているので、
私のMINIで、待ち合わせ場所に。
現場に着いたのは、待ち合わせの午前十時ギリギリの時間。
みなさん、すでに集まっていました。

チンクが行く

その後は、旧車イベントの会場まで、チンク軍団といっしょに走りました。
ほんの五分ほど走って会場である、ショッピングセンター「ピュア高山」の駐車場に到着。
旧車の展示会場となっているのは、ピュア高山の北側に位置する駐車場なのですが、
とりあえず、みなで、東の大きな駐車場に車を乗り入れました。

ミニも並んで

ここで、チンクが一列に並ぶこととなりました。
一応、MINIも、遠慮がちにその隣に…。

すると、すぐさま、見物の人たちがあちこちから寄ってきました。
これだけのチンクが並ぶと、やはり、人目をひきますネ。

さて、いよいよ、旧車イベント会場に行ってみることに…。

イベントの規模は、さほど大きくはなかったのですが、
それでも、かなり珍しいクルマが集まっていました。

ディーノ

まず、こちらは、フェラーリ・ディーノ。
私たちの世代なら、おそらく、このクルマを見て、
漫画「サーキットの狼」を思い出すのではないかと思います。
実際、私は、サーキットの狼で、ディーノや、
ロータスヨーロッパなどのクルマの名前とカタチを覚えました。

それにしても、美しくセクシーなボディラインです。
古い車ですが、その優美なデザインは、時代を経ても色褪せません。

シンガーヴォーグ

こちらは、シンガー・ヴォーグというクルマらしいです。
見たことがないクルマなのですが、なんでも、
日本に一台しかないとのことで、すごい希少車です。
そんな希少車だと、部品入手などにかなり苦労しそうです。

とにかく、塗装もなかなかきれいでした。

ウイリスMB

そして、私としてはいちばんのお気に入り車輛、ウイリスMBです。
(なにしろ私は、軍用車輛マニアですから…)

俗にジープと呼ばれる車輛ですが、ウイリスMBと、
フォードGPWは外観上の違いはほとんどなく、判別は難しいのですが、
オーナーの方にお話をうかがったところ、この車輛は、最後期型のウイリスだそうです。

生産年は1945年。もともとは、沖縄にあった車輛で、
MPが使用していた、とのことでした。
塗装はオリジナルのままで、オリーブドラブの色見本といえるかもしれません。
(経年変化で色は変化してしてまうので、見本とはいえないのでしょうが)

MBのエンジン

MBのエンジンは、いまでは絶滅してしまった、サイドバルブエンジンです。
ですが、この車輛のエンジンは、
ヘッド部分を改造してOHVエンジンになっているそうです。
聞けば、サイドバルブエンジンを調整できる職人は、いまの日本にはすでに少なく、
実用性を持たせる意味で、このような改造をしたとのことでした。

ほかにも、このMBは、現代の交通事情に合うように、ミッションを改造してあり、
また、初代ジムニーのパーツや三菱ジープのバーツなども、使ってあるとのことです。

なにしろ、古い車ゆえ、パーツがないものも多く、
オリジナル性にこだわりすぎると、実働状態にならなくなるとのこと。
このあたりは、旧車マニアの悩みかもしれません。

このあと、チンクオーナーのみなさんと、板蔵という飛騨中華そば屋さんへ移動。
ところが、私は、ウイリスMBオーナーの方と長話をしてしまい、
ちょっと出遅れることに…。
というわけで、急いで、チンクのあとをミニで追いかけます。

途中でなんとか追いつき、チンクといっしょに、隊列を組んで走りました。
(部外者にもかかわらず、すみません)

板蔵というのは、国道158号線に面したおおきな中華そば屋さんです。
信州と飛騨とを結ぶ安房トンネルが出来て以来、ここは、日曜ともなると、
観光客で賑わいます。

で、中華そばを食べ、雑談。
というわけで、みなさんと、楽しいひとときを過ごすことができました。
ありがとうございました。

また、ご一緒させていただく機会があるかと思いますが、
その節は、よろしくお願いいたします。






コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking