朝日の道

先週の週末は、土日ともにいいお天気。
こんな日は、MINIでドライブに出掛けたい、と、思うところですが、
土曜は、ちょっと訳ありドライブになってしまいました。

というのも、先々週、MINIは、長野県三岳村というところで、
突然のエンジン停止に見舞われてしまったのです。
症状は、走行中、まったく唐突にエンジンが止まる、というもので、
その後、キーを回しても、セルが回るどころか、すべての警告灯が沈黙。
ドアを開けても、ルームランプすらつかないといった、
電気がまったくきていない状態になっていました。

コイツは、またヒューズが飛んだせいかな、と、思い、
ヒューズを替えてみましたが、それでも状態は変わらず…。
で、今度は、バッテリーターミナルを少しいじってみたんですが、
そうすると、なんと、何事もなくエンジンがかかりました。
(いままで、すべてのスイッチやランプが死んでいたのに…。信じられない)

結局、そのまま、長い山道を走破して、無事、我が家に帰り着きました。
ですが、さすがにこのままでは不安なので、
いつもお世話になっている、Sモータースさんへ、MINIを持ち込むことに。
ところが、Sモータースさんによると、
ふたたび同じ症状を出さないと、確実な修理ができないというのです。
(原因は、単にどこかで接触不良が起きて、電気が流れなかった、
 というだけなんですが)
いうことで、MINIを預けることを留保し、適度に走ってみて、
トラブルを出してみる、ということになりました。
そんなわけで、土曜は、トラブル出しのためのドライブとなってしまいました。

高根で小休止

もちろん、トラブル出しのためですから、遠くへは行けません。
ただ近場をひたすらグルグルと走り回るだけです。
が、まったく問題なく走ってしまい、単なるガソリンの無駄遣いに終わりました。

というわけで、これ以上走ってもトラブル出しは不可能と判断し、
月曜に、もういちどSモータースさんに、点検と修理に出すことにしました。

というわけで、翌日の日曜は、ヨメさんにクルマを出してもらって、
信州方面へと向かってみることにしました。

御岳山

まず向かった先は、岐阜県と長野県の境にある、開田高原。
この日は、天候にも恵まれていたため、御岳の姿が、クリアに見えました。
山頂に残る雪が、まぶしいばかりに美しいです。

木曽駒高原

その後、木曽福島に入り、国道19号に乗り換え北上。
途中、木曽駒高原に立ち寄り、ここで、持参したサンドイッチのお弁当を広げることに。
この公園は、小川が流れるなかなかきれいなところで、
マレットゴルフ場やバーベキュー施設なども併設しています。
ですが、いまはまだシーズンオフなのか、あたりには誰もいませんでした。

昼食後、ふたたびクルマに乗り、国道19号をさらに北へ。
途中、東へ向かう国道361号線に入り、
権兵衛トンネルを抜けて、伊那を目指します。

伊那の町

こちらが、国道361号線から見た、伊那の町です。
ここからの眺めは、ほんとうにすばらしいです。
気分も晴れ晴れしますネ。

私が住むここ飛騨高山も、信州と同じ山岳地帯ですが、
こうした、高原的な風景は、まるでありません。
ですから、信州には強い憧れがあります。

伊那では、みはらしファームというところに向かってみます。

みはらしファーム

ここは、生鮮野菜を売る売店、レストラン、公園、温泉施設などが併設された、
道の駅のようなところで、行楽日和のこの日は、とても多くの人で、
賑わっていました。

みはらしファームを散歩

とにかく、眺めのいいところなので、あたりを散策するだけで、
気持ちいいですし、なにより、楽しいです。

次は、桜で有名な高遠に向かってみたかったのですが、
どうせ駐車場が混んでいるから、という理由で、ヨメが拒否。
なので、広域農道を通って、かんてんぱぱの本社に向かってみます。

ほどなくして、かんてんぱぱの本社に到着。
いつもここは素通りしていたのですが、
今回は、ついに、寄って見ることにしました。

かんてんぱぱ到着

実際入ってみると、かなり大きな敷地で、駐車場も広く取ってあります。
それでも、かなりの人出で、クルマを止めるのに少し苦労しました。

花壇もあって…

敷地内には、売店、工場、などのほか、レストランや蕎麦屋、花壇やホールなど、
いろいろな施設がありました。

ここで、はからずも、植物の細密画(ボタニカルアート)と出会うのですが、
その模様は、また、次回に、ご紹介いたします。





コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking