紅葉した山


10月も半ばを過ぎ、いよいよ秋らしさが増してきた今日この頃ですが、
ここ飛騨高山では、いままで以上に、
朝晩の肌寒さが厳しく感じられるようになってきました。
そんなわけで、先日、とうとうストープを出してきてしまいました。

これから日を追うに従って、どんどん寒くなっていくのかと思うと、
少々気が滅入ったりもします。
あとひと月もすれば、初雪が降ると思いますし、そうなると、
いよいよ師走ということになるかと思います。
一年というのは、なんとも早いものですネ。

さて、そんな話は置いといて本題に…。
ちょっと前のこととなってしまいますが、
今月のはじめに、MINIのオイル交換 / グリスアップをしました。
前回のオイル交換が春のことでしたから、
およそ半年ほどの期間を経ての交換ということになります。

オイル交換風景

前回は、夏を前にしていましたので、
オイルの粘度は、20W-50という、ちょっと固めにしていましたが、
今回は、このまま冬を越すであろうことも考え、
10W-40という低い粘度のオイルを選びました。

バルボリン/プレミアムコンベンショナル

使用するオイルは、ここ最近ずっと使っているバルボリンです。
ただ、前回は、VR-1レーシング20W-50 (鉱物油) という品種を使ったのですが、
同一商品に粘度の低い10W-40がないため、今回は、プレミアムコンベンショナル、
というものにしてみました。
このプレミアムコンベンショナルは、粘度10W-40となっています。


プレミアムコンベンショナルも、VR-1レーシングと同じ鉱物油で、
以前にも冬場に使用したことがあります。
もちろん、オイル自体に何の問題もありませんでしたが、
ギヤオイルとエンジンオイルを兼ねているMINIの場合、
使用するオイルの種類や銘柄を変えると、シフトの感覚は少し変わるように思います。

個人的な感想ですが、VR-1レーシングのほうが、
シフトの入り具合や感触は、良好なように思います。
かといって、ここ飛騨高山は寒冷地で、冬場に20W-50のオイルを入れるのは、
適当とはいえず、結局、ふたたび、プレミアムコンベンショナルを、
チョイスすることとなりました。

このオイルは、安価なのも魅力のひとつです。
BPのコースクラシックなんて、かなり高額ですからね…。

オイルエレメント

前回もオイルエレメントの交換はしましたが、
今回のオイル交換は、前回より半年を経ていて、
インターバルとしては、少し長くなったため、ふたたび、
エレメントも交換することとしました。

その後はグリスアップをするため、タイヤを外したのですが、
(タイヤを外さずともグリスアップはできますが、
 確実なグリスの注入を確認する意味で、いつもタイヤは外して作業しています)

が、ここで、ステアリングラックのラックブーツが破れていることを発見。
タイヤを外さなければ、おそらく、未発見のままだったと思います。
やっぱり、タイヤを外してよかったですネ。

そんなわけで、MINIはまた修理に行くこととなってしまいました。
ただいま、部品の到着をまっているところです。

MINIエンジンルーム

さて、MINIの出動はかないませんでしたが、先週末、
紅葉を眺めてみようと、ヨメのプジョーで、ちょっと出かけてきました。
行き先は、長野県塩尻市の「高ボッチ高原」というところです。

この高ボッチ高原、いままでにも何度も行ってみようと思っていたのですが、
なぜか、いつも素通りとなってしまっていて、今回、初の来訪となりました。

安房峠

こちらは、その高ボッチに行く途中に通った、安房峠です。
この峠は、岐阜県と長野県の県境にあり、当ブログでは
すでに何度も取り上げている場所なのですが、秋のこの時期、
まさに紅葉が真っ盛りで、絶好の好天のなか、
すばらしい眺めを楽しむことができました。

ふだんは、クルマの往来も少ない峠ですが、この紅葉のためか、
この日は、思いのほか多くの対向車と擦れ違いました。

その後、安曇野、波田、塩尻市を経由して国道20号線に入り、
塩尻と岡谷を結ぶ塩尻峠から細い脇道に入り、およそ20分ほどで、
高ボッチに到着しました。

高ボッチ高原

ここからの眺めは、高原らしい胸のすくものですが、
ただ、紅葉を楽しむには、少し不向きだったかもしれません。
あたりに広葉樹の姿はほとんどなく、色付く山々も見ることはできませんでした。
ですが、ススキの原が一面に広がっていて、秋らしさを満喫することはできました。

諏訪の街が見下ろせる

遊歩道を通って高ボッチ山の頂上に立つと、
好天のため、彼方の諏訪湖を見渡すことができました。
こうした景観を眺めていると、日々のストレスから解放される思いです。
夜であれば、すばらしい夜景を眺めることができると思います。

● 塩尻市 / 高ボッチ高原

今度は、MINIでドライブしたいところです。





コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking