名もなき池

先週の土日、所用のため、家 (実家) のある飛騨高山に行ってきました。
岐阜市に事務所を移してすでに1年と半年近くになりますが、
折りをみて、できるだけ家には帰るようにしています。
12月のこの時期、いつもの年であれば、高山にはすでに雪が積もっているのですが、
記録的なほどに雪の少なかった去年に引き続き、
今年も、いまのところは、さほどの降雪もなく、
(この先のことはどうなるかわかりませんが…)
雪に苦しめられる高山の人も、ほっと胸を撫で下ろしているのではないかと思います。

それにしても、岐阜市から高山に行くと、冬の寒さは、ひとしお身にこたえます。
もっとも、高山のいつもの冬から見れば、
まだ冷え込みもさして厳しくはないのですが、
それでも、岐阜市とは寒さとは、レベル違うという感じで、
いままで、こんな寒いところにいたんだなあ、と、ふと思うほどです。

ちなみに、この土曜の夜、高山市の観光名所である『古い町並み』では、
提灯の明かりによる、通りのライトアップが行われるということで、
せっかくの機会ですので、寒さをおして、
ヨメと実家の母親とで、出掛けてみることにしました。

私の実家から、高山の古い町並みまでは、歩いてほんの10分ほどで行くことができます。
古い町並みの西にある陣屋前まで行くと、ホテルの送迎バスが何台か停まっており、
どうやら、提灯ライトアップを見物させるため、宿泊客をこちらまで、
送迎しているようでした。
冬場の高山は、観光面においては、少し人出が鈍る時期でもあるためか、
ホテルも、この時期に高山に来てくれたお客さんに、
こうした手厚いサービスをしているのかもしれません。

提灯ライトアップ

ちなみにこの日、私は、いつも持ち歩いている愛用のカメラ『オリンパスXZ-1』を、
岐阜市に置き忘れてきてしまっていました。
出がけにカメラを忘れたことに気がついたのですが、
どうせ実家に行くだけだから、などと思い、取りに戻ることもしませんでした。
提灯ライトアップのことを知っていたら、絶対にカメラを取りに戻ったのですが…。
そんなわけで、今回はすべてスマホでの撮影となってしまいました。

街の雰囲気

こちらが夜の古い町並みの様子です。
写真だとあまり人がいないように見受けられるかもしれませんが、
実際には、けっこうな人出で、夜の観光が乏しい飛騨高山にとって、
この提灯ライトアップは、新たな観光イベントのひとつになるかもしれません。

それにしても、やっぱりスマホでは、うまく写真が撮れませんね。
ああ、とても残念です。
やっぱり、とりたてて予定がなくとも、クルマで出掛けるときは、
カメラを持っておきたいものです。

酒蔵

また、酒蔵では、できたての甘酒を無料で振る舞ってくれたり、
獅子舞があったりと、単なるライトアップだけではなく、
さまざまな催しもなされていました。
ジャズのコンサートもあったといいますが、
そちらの演奏時間には間に合いませんでした。

獅子舞

こちらが獅子舞の様子です。
冬場のこの時期に、町中で獅子舞を見るのは、なんだか不思議な気がします。

さて、翌日は、岐阜市に戻らなくてはならないわけですが、
ちょっと寄り道をして、いま、テレビなどでなにかと騒がれている、
通称「モネの池」というところに、行ってみることにしました。
この場所は、岐阜県関市というところにあり、高山市から岐阜市への帰り道に寄るには、
まさに最適といったところにあります。

とはいっても、モネの池のあるあたりは、
関市とはいえ、旧板取村という山のなかに位置していて、
実際にいってみたとしても、正確な場所が分かるかどうか、
ちょっと不安に思っていました。
(もちろん、googleで調べればすぐわかるでしょうが…)
ところが、道中、各所に見物客を誘導するための看板が出ており、
難なく到着することができました。

到着して初めて知ったのですが、この場所は以前、
ヨメのプジョー106テンサンラリーに乗って、花見にきた場所でした。
その当時から、モネの池と称される池はあったのかもしれませんが、
もちろん、いまのように有名ではなく、人の姿もまったくありませんでした。
ところがいまでは、駐車場にはたくさんのクルマが止まり、
天候はいまひとつだったものの、そこかしこに見物客の姿が見受けられます。
あまりの人の多さに、付近の印象まで変わったかのように見えました。
(お天気に恵まれていたら、駐車は難しかったかもしれません)

水鏡

駐車場から歩いて五分ほどで、モネの池と称される『名もなき池』に着きます。
こちらは『根道神社』という神社のふもとの池という感じで、
それほど規模も大きくはありません。

ただ、その水の美しさは息をのみます。
非常に透明度が高く、池の底が…、泳ぐコイの姿が…、クリアーに見ることができます。
当初は、実際にいったらちょっとがっかりするかも、などと、内心思っていたのですが、
そんなことはまったくなく、予想以上の美しい光景でした。
モネの池という愛称も、伊達ではありません。

名もなき池

とくに、色鮮やかなコイの姿が、水底の深い緑色と相まって、
絶妙な色のバランスを生んでいます。
スマホの写真でさえも、けっこうきれいに見えてしまいます。

鯉

ちなみに、コイたちは橋のしたで休息してました。
ヨメの話によると、この池にはハートのついたコイがいるとのことで、
見ることができれば、恋がかなうとか、幸せになるとか、
そんな伝説が作られているそうです。

というわけで、その後は、池のすぐうえにある、根道神社に参拝をさせていただき、
次いで、近くの観光案内所に寄って、ちまきを買ってきました。

高山から岐阜市への、ちょっとした寄り道でしたが、
思った以上に、楽しく有意義でした。

その後はホームセンターなどへ立ち寄って買い物をしたりしつつ、帰宅。
午後八時からは、じっくりと『真田丸』の最終回を見ました。
大河ドラマが終わると、いつも、この一年が終わるんだなあ、という感じがします。

というわけで、今回は、当ブログにしては、
写真がとても少ないものとなってしまい、
あらためて、カメラをもって出掛けなかったことを、
ふか〜く反省するばかりです。
今度は、ちゃんと愛用のカメラを持って、モネの池に出掛けたいものです。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking