俺のロボ展2019ガイドブック

気がつけば12月。しかもクリスマスも過ぎてしまいました。
2019年ももう終わりですね。
毎年、いつも思うことですが、時が過ぎるのはほんとうに早いものです。
今年は、11月に父が亡くなったりと、年の後半はほんとうにたいへんで、
そのために、ブログに書くネタについても、ほとんどなくなってしまい、
以後は更新もあまりできませんでした。
ですが、今月の21日に、ようやく四十九日法要も無事終えることができ、
いまは、一段落がついたというか、気持ちのうえでも、少し落ち着きがでてきました。
(もっとも、これから先もいろいろとたいへんだとは思うのですが)

そんな事情なので、土日は飛騨高山の実家に帰っていることが多く、
お出かけなどもほとんどできませんでしたが、年が明けたら、折を見て、
MINIでどこかに行ってみたいと思っています。

というわけで、今回は、去る11月に行われた、
ゆけ¡¡ 俺のロボ展 レトロフューチャー編の作品を掲載したガイドブックについて、
ご紹介したいと思います。

ガイドブック表面

なんだかんだで結局見に行くことができなかた本企画展ですが、
このガイドブックのおかげで、参加されたみなさんの作品を拝見することができました。
ほんとうに力作ぞろいで、しかも、立体作家さんがとても多いので、
私のような平面作品を手掛ける作家は、少しインパクトが薄くなってしまうように思います。

もっとも、私も、模型好き、プラモ好き、ですので、立体作品には心惹かれますし、
プラ板工作やパテ盛りなどは大いに経験していますので、いつかは、
立体作品に挑戦したいなあ、などとも、思っています。

立体作品

それにしても、みなさんの作品にかける熱量というのは、ほんとうにすごいもので、
このガイドブックをはじめて見たときは、たいへんな衝撃を受けました。

これだけのオブジェクトを作るのに、いったいどれだけの時間と手間がかかるのでしょうか……。
こうして緻密に作られているからこそ、じっくり見ているうちにも新たな発見が次々とあり、
作品世界に引き込まれていきます。
やっぱり、立体は楽しいですね。

平面作品

こちらは、私と同じ平面作品を手がけていらっしゃる方の作品です。
夕焼けの色や逆光状態の陰影のつけ方、また構図も素晴らしく、思わず見入ってしまいます。

立体作品

こちらも立体作品です。
作者の方は著名な作家さんで、クオリティもものすごく高いです。
しかも細部のきめ細かな仕上がりなど、メカ好きにはたまらないものがあります。
実物をぜひ、拝見したかったです。

私の作品

ちなみにこちらは私の作品ですが、ちょっと色が浅めというか、明るく印刷されていました。
(濃くダークなほうが、私の好みなのですが)

バリエーション

ガイドブック用に製作した補助作品についても、掲載していただきました。
3Dだと、アングルを変更したり一部のパーツを外したりすることが容易にできるので、
こうしたバリエーション作品を作るときには、極めて都合がいいです。

とにかく作品点数が多いので、このブログではすべて紹介しきれないのですが、
ほんとうに、とても見ごたえのあるガイドブックに仕上がっています。
こうしたガイドブックは、過去二回の『俺のロボ展』でも発行されていますが、
今回のものが、ボリューム的には、段違いに増えている印象です。

さて、話は変わりますが、
先月の終わりの好天の日に、少しだけですが、
久しぶりにMINIを走らせてみました。
(なにしろ、ここのところ、ぜんぜんMINIに乗れてないですから……)

MINIで走ってみた

この日は美濃加茂アピタに買い物に行き、そのあとで、
清流里山公園にちょっと寄ってみました。
この公園は、かつては有料でしたが、現在では無料で入園できます。
ポカポカ陽気で家族連れなどでたいへん賑わっていました。
MINIも快調で楽しいドラブでしたが、遠乗りには程遠く、
ちょっと物足りない気持ちもありました。

年が明けたら、今度こそ、遠乗りしたいですね。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking