モザイクタイルミュージアムを側面から

新型コロナウイルスの脅威が間近に迫っていることもあって、
ここのところ、人の多いところに出かけることに、ちょっとためらいを感じてしまいます。
とはいっても、天気のいい休日に家でじっとしているのは、なんとももったいないです。
そんなわけで、先々週の日曜 (9日)、
岐阜県多治見市にある『モザイクタイルミュージアム』という施設に行ってみました。
ここならば、それほどひどく混雑しているわけでもなさそうですし、
かといって、人気がなく寂しいという感じでもないようです。
同じ岐阜県内ゆえ、距離的にもさほど遠くありません。
ふだんなら、家から近すぎて、ちょっと物足りなく感じるのですが、
遠出をするとスタッドレスタイヤをひどく消耗してしまう今の時期は、
近場を選んでおいたほうがよさそうです。
県内にあるモザイクタイルミュージアムは、そんな冬場のお出かけのスポットとして、
最適かもしれません。

岐阜県多治見市といえば、日本一暑い街として、全国に名を馳せています。
今年も御多分に洩れず猛暑になるでしょうから、おそらく、夏場になれば、
一度や二度は、マスコミで取り上げられるのではないかと思います。
そんな多治見の観光スポットといえば、虎渓山永保寺、と、多治見修道院くらいでしょうか。
観光できる場所が多い街とはいえないようです。
ですが、四年前、多治見市の笠原町(旧土岐郡笠原町)というところに、
モザイクタイルを展示した博物館が造られ、
地域の新たな観光名所となっているというのです。

○ モザイクタイルミュージアムの情報はコチラヘどうぞ ~

なにしろ、建物のデザインが、とても目を引きます。
この建物を見るだけでも、ちょっと行ってみる価値がありそうな気がしてしまいます。
しかも、先にも述べましたように、このモザイクタイルミュージアムは比較的近場。
ここ岐阜市からは車で一時間半くらい走れば行くことができます。
お出かけにはいつも片道二時間以上のドライブをしていた私達からすると、
このくらいの所要時間であれば、かなりの近場といっていい感じです。
というわけで、絶好の好天に恵まれたこの日、いつものように遅がけに出かけました。

プジョーに乗って

今回もまた、出動者はヨメのプジョーです。
駐車場は思いのほか混んでいて、やっと駐められたという感じでした。

モザイクタイルミュージアム外観

そして、建物を間近に臨むことに……。
山の稜線のような曲線を描くこの建物は、やはりとても印象的です。

公民館

ミュージアムは、多治見市笠原町公民館に隣接しています。
駐車場はこの公民館と共用になっているようで、そのため、
公民館でイベントなどがあると、駐車はかなりしづらくなるようです。
この日も公民館でなんらかの催しがあったようで、車が止めづらかったようです。

入り口

建物の玄関は、すり鉢状になったいちばん下の部分にあります。
建物の規模に比べて、入口も、窓も、極めて小さく、このアンバランスな状態が、
デザイン上のおもしろさともなっています。

玄関を入ると、まずは受付があり、その向かって左手には、
タイルをメインに扱ったショップがあります。
このショップだけの利用であれば、料金はかかりません。
(ですが、ショップ利用の場合でも、受付だけはしておかなくてはなりません)
当初はショップだけの利用といって建物内に入り、のちに、上階を見学したい、
ということになっても、受付では対応してくれますので、
まずはショップを見学してみるのが、よいかと思います。
実際、私たちも、当初は、ショップ見学ということで無料入場し、そのあと、
入場料を支払って、上階に行ってみました。

階段を登って

見学の順路は、まず最上階に行き、そのあと、順に下の階へ下がって行くかたちになります。
こちらは、最上階に行く階段です。
仄暗い照明で、ピラミッドの通路を思わせるような雰囲気になっています。

切り取られた空

最上階 (4階) はワンフロアのみの広い部屋で、空を丸く切り取った開口部があります。
最初、この開口部にはガラスが嵌まっているのかと思いましたが、
そうしたものはなく、完全に穴状態になっていました。
天気がよかったので、青空が見えて、気持ちよかったです。

モザイク壁画

また、ここには、さまざまなモザイク画が展示されていました。
なんとなく、銭湯みたいな感じで、懐かしい雰囲気ですね。

3階展示室

続いて三階を見学です。
こちらのフロアでは、タイルの製造方法などの展示がありました。
また『世界のモザイク 今』という、企画展も行われていました。
この企画展は、海外の作家の作品も多数展示した、見応えのあるものでした。

なつかしいガラスケース

また、タイルを多用した懐かしいショーケースの展示もありました。
実際に使われていたものだそうで、私などは、子供の頃を思い出してしまいます。

二階展示室

こちらは二階展示室です。
とはいっても、こちらは、単なる企業ショールームで、
展示品と呼べるようなものはまったくありません。
ここは無料ゾーンでもいいのではないかと、ふと思ってしまいました。

とはいいつつも、モザイクタイルミュージアムを、思いっきり堪能してきました。
とにかく、建物のデザインがユニークで、それだけでも見応えがあります。
また、岐阜や名古屋に住んでいる方にとっては、
日帰りのお出かけスポットとして、ちょうどいい場所だと思います。

こうして、帰路についたのですが、あまりに天気がいいので、
そのまま家に帰るのはなんだかもったいないということになり、
ちょっとだけ寄り道してみることにしました。

絶好の好天

こちらは、河川環境楽園という公園です。
写真で見ると人がぜんぜんいないように見えますが、こちらは公園の最奥エリアなので、
人が少ないだけで、実際には、家族づれなど、かなりの人でありました。
(でも、時節柄、人混みは避けたいので、この最奥エリアにきてしまいました)

河川環境楽園

それにしても、雲ひとつない絶好の好天。
こんな日は、もっと遠くに出かけてもいいのかも、などと、
思ってしまいました。
(でも、どこかに行くとしても、やっぱり、人混みは避けたいですが……)


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking