節分の国分寺

今日は節分。
旧暦では、この節分を、一年の終わりの日と定め、
翌日の立春から、新しい一年が始まる、という決まりになっていたといいます。

つまり、節分は、大晦日にあたるわけで、
暦のうえでは、特別な意味を持つ日でもあります。
そのため、この日には、各地で、さまざまな行事が行われます。
私が住む飛騨高山の「飛騨国分寺」でも、節分のこの日に、毎年、
「北斗大護摩供」という、厄除のための法要が営まれています。

私は、毎年、この行事に参加させていただいているので、
今年も、飛騨国分寺まで、足を運んでみました。
(ヨメは仕事のため、今回は、私ひとりでの参加となりました)

節分は雪

そんな節分の朝は、なんと、久しぶりの雪。
でも、まあ、このほうが、飛騨の節分らしいのですが…。

国分寺の門

そしてこちらが、飛騨国分寺です。
ここは、JR飛騨高山の駅にほど近く、観光名所としても、広く知られています。
今年は、節分と日曜が重なったため、カメラを手にした観光客の姿もあり、
敷地内は賑わっていました。

国分寺の三重の塔

ここ飛騨国分寺の敷地には、三重の塔があります。
雪景色の中、天に向かって屹立する塔が、じつに美しく見えました。
また、この寺には、ほかにも、大イチョウの巨木があり、秋ともなれば、
見事な黄色に染まります。

私が寺に着いたのは午前9時45分。
大イチョウの傍らで、昨年、このお寺でいただいたお札をお炊き上げしていただき、
そのあと、北斗大護摩供が行われる大師堂へと向かいました。
法要は10時から始まるとのことでしたが、
すでに、部屋の中にはたくさんの人がいました。

そして待つこと10分、寺の住職と思われる方を筆頭に、数人のお坊さんが入場し、
おごそかに儀式が始まります。

やがて、繰り返し唱えられる般若心経のなか、護摩が炊かれます。
熱気とともに炎が踊り、立ち上る煙が室内の隅々にまで立ち籠めます。
(この場で、カメラのシャッターを切りたい誘惑にかられましたが、
 それはあまりに不謹慎なため、護摩供の模様を納めることはできませんでした)

炎、煙、読経、この三つがあいまって、
高揚感を伴った独特の雰囲気が醸し出されます。

そして、法要のあとは豆まき。
室内は、荘厳な雰囲気から、楽しげでくつろいだものに変わります。

こうして、今年の法要を無事すませ、
新たにいただいたお札を、家に持って帰りました。

さて、明日から立春。気持ちも新たにがんばります。



●ブログランキングに参加しました。
コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント

夜に行ってきました国分寺。
七福神が豆をまいてくれました。
久しぶりに興奮しましたよ。
銀杏は拾えませんでした。
でも?と思いました。国分寺のイチョウは銀杏がなりません。
まあ、いいですが。あの銀杏は一本杉のですと勝手にきめました。
雪の三重の塔はいい雰囲気ですね。
立春になりましたが、あったかい春が待ち遠しいです。
ねさま│URL│02/05 22:03│編集

ねさまさん、こんにちは。

あっ、やっぱり、
ねさまさんも、国分寺に行ってきたんですネ。
僕は朝いちばんで国分寺にいったのですが、
夜の国分寺星祭りも、なんだか、風情がありそうな感じです。
いつか、いってみたいです。

ところで、
国分寺の大イチョウには、銀杏がならないんですか?。
ぜんぜん知りませんでした。
(僕も一応高山市民ですが、郷土のこと、あまり知りません)

ちなみに、一本杉は、子供の頃、よく行って遊びました。
懐かしいなあ~!!。

ホントに、春が待ち遠しいですネ。
KEN│URL│02/06 15:55│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/117-06ac1058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)