合掌造りの家

さて、昨日の続きです。

トンネル内での思わぬスリップにもめげず、
私たちは、一路、白川郷を目指してひた走りました。

一時は晴れ間が垣間見えた空が、
ふたたび、鈍色の雲に覆われ、雪もちらつき始めました。
ふだんなら、行楽日和とはいえませんが、
雪深い白川郷を見るには、絶好の天気と、いえなくもありません。
(去年の冬、白川郷に行ったときには、好天だったんですが)

そしてようやく、白川郷にたどり着いたのですが…。

なんと、ヨメは運転に疲れたといい、
クルマの中で休んでいるというのです。
せっかくここまで苦労してきたのにもったいない…。

というわけで、白川郷集落の手前にある駐車場に止めたクルマの中にヨメを残し、
私ひとりで、カメラ片手に、白川郷の合掌村集落へと、
トコトコ歩いて行ってきました。

かなりの積雪

今年も昨年に引き続き雪は少ないのですが、
白川郷は、まとまった降雪量があるようです。
道の脇の雪は、ゆうに1メートルを超えています。

でも、これでも、例年に比べれば、少ないのかもしれません。

観光客で賑わう

そして合掌造りの家が居並ぶ集落の中心地にやってきました。

この日は月曜だというのに、大勢の観光客で賑わっていました。
白川郷が世界遺産に指定される前は、これほど多くの観光客が、
この地を訪れることはなかったはずです。

やはり、「世界遺産」と銘打たれると、観光客の集客に、
抜群の効果を発揮するようです。

雪の白川郷集落1

それにしても、やはり、冬の白川郷はとても美しい。
合掌造りの建物に、雪は似合いますネ。
苦労して来た甲斐がありました。
(といっても、苦労したのは運転手のヨメですが)

豪雪に埋もれる家

ただ、雪が深さには目を見張りますね。
この地で生活する人の苦労が忍ばれます。

こうして、しばしあたりを散策して、クルマに戻りました。
そして、ふたたびヨメがハンドルを握り、帰路につきます。

でも、あいかわらず、勢いのいい運転をするヨメ。
いや、勢いがいいのは、ヨメだけではありません。
けっこうみなさん、飛ばします。

路面は、雪があったりなかったり、といった状態なのですが、
カーブやトンネルの多い道ゆえ、スピードを出すのは禁物なのですが…。

見れば、飛ばしているクルマのほとんどは、他県ナンバーでした。
軽快に飛ばす他県ドライバーは、単に雪道の怖さを知らないのかも。

日本一のかまくら

帰り道の途中、高山市清見町にある、日本一のかまくらに寄ってみました。
このかまくらのなかでは、プラネタリウムが上演されるそうです。

さすがに、すごい大きさ!!。
(プジョーと比べてください)
ただ、残念ながら、ドアが閉められていて、中には入れませんでした。

というわけで、何事もなく、無事、
我が家に帰還しました。
いろいろありましたが、楽しい(?)ドライブでした。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント

合掌造りは冬と養蚕のための建物ですから、白川郷は冬がいいですね。といっても、行ったことはありません。
運転がこわいですから。
スリリングな行程、橋やトンネル、日向と日影といった道の状態が変わるときが要注意ですね。
ねさま│URL│02/21 07:02│編集

あっ、ねさまさん、こんばんは~!!。
コメント、ありがとうございました。

そうですネ。
合掌造りの家は、
雪の季節を乗り切るために考えられた建物でもありますから、
やっぱり、冬がいちばん似合うと思います。

といいつつ、冬場に、白川郷に行くのは、たいへんです。

今回は難なく行ってこられましたが、その昔、
真冬の白川郷ライトアップに行ったところ、帰り道、
すごい吹雪になり、ホントに死ぬかと思いました。
(クルマの窓から前方がぜんぜん見えないんです)

それでも、やっぱり、冬の白川郷って、
行きたくなっちゃウですよネ。
(でも、道はこわいです)
KEN│URL│02/21 20:39│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/119-5cdd2934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)