クラーク作品文庫版

昨日(19日)、テレビを見ていて、
SF作家、アーサー・C・クラーク氏が亡くなったという報に接しました。
この訃報は、二十代の頃、翻訳物SFをよく読んでいた私にとって、
特別の感慨を抱かせるものでした。

私が最初に読んだクラーク作品はいったい何だったのか、
いまでは、まったく思い出せません。
ですが、「幼年期の終わり」「都市と星」「2001年宇宙の旅」といった、一連の作品は、
四十代半ばになった今でも、鮮烈な印象を持って記憶しています。

氏の作品は、綿密な科学知識によって裏付けされた物語ながらも、
フィロソフィーが存在し、氏独自の宗教観のようなものまで感じさせます。

「2001年宇宙の旅」に登場する「モノリス」や、
「幼年期の終わり」で語られる「オーバーマインド」は、
科学という視点から定義された「神」と、いえるように思います。
また、「都市と星」で描かれた「ヴァナモント」は、
どこかしら霊的な存在でもあります。

SF作家とはいえ、クラークは科学者であり、
常に、科学的考証に沿うストーリテリングを行ってきました。
そんな氏が描く「神的存在」や、その思想や世界観に、
私は、いたく興味をそそられてきました。

そういえば、かつて、著名な天文学者であったカール・セイガン氏が、
コンタクトというSF小説をものし、私もさっそく買って読んだのですが、
この作品においても「画家の署名」という章で、
神がかり的な意思の存在に触れています。
(この部分は、ロバート・ゼメキス監督の映画版では省かれています。
 興味のある方は、ぜひ、原作小説を読んでください)

コンタクトは小説であり、フィクションですが、
劇中で描かれた世界観は、単なる物語ではなく、氏の持つ思想のあらわれであり、
最先端の科学研究にあたる人が、じつは、無神論者ではない、
という証でもあるように、私は思います。

科学をつきつめていけばいくほど、
「人間は何者か。どこから来てどこへ行くのか」という根源的な問いに、
向き合わざるを得なくなってくるのかもしれません。

クラーク作品ハードカバー

と、なんだか、話が脱線しましたが、
とにかく、もはや、新たなクラーク作品を読むことはかなわなくなり、
(といっても、ここ最近、新作の発表はなかったですし、私も、
 SFを読むことは、なくなってしまったのですが…)
なんとも、残念です。

氏のご冥福を遠い日本の地から、お祈りいたしております。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/125-cecdd832
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)