タイヤ交換の風景

雪国では、毎年、春になると、雪道を走るためのスタッドレスタイヤを外し、
通常のタイヤに戻す作業をします。

というわけで、四月に入りすでに十日以上が過ぎ、
さすがにもう、雪の心配はなくなったため、
今日の午後から、愛車ミニのタイヤ交換に励みました。

もちろん、タイヤ交換だけでなく、この機会にグリスアップも行います。
そのため、いつものように、ちょっと重労働になります。

タイヤを外して

ジャッキアップして、まず、前輪タイヤを外します。
そして、各ブーツなどに亀裂などがないかをチェック。

次いで、グリスアップを行います。

愛用のグリスガン

こちらがいつも愛用しているグリスガンです。
蛇腹チューブを使う、カートリッジ式のタイプです。

で、前輪ジョイント部分にグリスを入れようと思ったら…。
とにかく、もう、固くてぜんぜん入りません。
グリスニップルが詰まっているのかと思うくらいです。

この箇所は、昨年の車検のさい、分解して組み直してもらったところです。
おそらく、シビアに組み直してあるために、パーツ同士のクリアランスがなく、
グリスがぜんぜん入らないのだと思います。

ほかの箇所は、スムーズにグリスが入ったんですが…。

グリスが入らないジョイント部分は、
後日、プロの方にグリスアップをお願いすることになるかもしれません。

その後、ブレーキクリーナでローターなどを清掃し、
最後に、タイヤハウス内に、まんべんなく、しかも勢いよく水をかけて、
冬のあいだに付着してしまったかもしれない融雪剤を洗い流します。

夏タイヤ

リアのラジアスアームにもグリスアップを行い、新しいタイヤを組み付けます。

スタッドレスタイヤ

ちなみに、こちらが、いままで履いていたスタッドレスタイヤです。
(地面に落ちる謎の人影は、私です)
ブリジストンのブリザックです。
やっぱり、ブリサックがいちばん信頼度が高いように思います。

その後、車体下部にも水をまんべんなくかけ、融雪剤を洗い落とし、
さらに洗車もしてピカピカになりました。

さて、春だし、これからは、どんどんドライブに出掛けたいです。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
MINICM2. TB0 TOP▲
  
コメント

タイヤが外れてバスの運転手さんがなくなりましたね。
自分でメンテナンスできません。
車がお好きなのですね。
タイヤ交換は主人にまかせっきりです。
交換してもらってすぐに、なんだか変な音がするので
見てみたらゆるんでいました。
あぶないあぶない。
ねさま│URL│04/19 20:34│編集

ねさまさん、いらっしゃいませ。

トラックのタイヤが外れる事故、ありましたね。
なので、僕も、タイヤ交換のさいは、何度も、
ボルトがきちんと締め付けられているか、
確認してしまいます。

ただ、僕も、はじめてタイヤを交換した時は、
走っているさいに、ボルトが緩んで、
へんな音がしたこと、ありました。
(最後のボルト締め付けを忘れていたんです)

タイヤ交換がすんだので、これからはガンガン走りたいです!。
KEN│URL│04/20 08:27│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/129-27e0b94b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)