美ヶ原

さて、6月に入った最初の日曜、
好天に誘われ、信州のビーナスラインまで、MINIで行ってきました。

飛騨高山からビーナスラインに向かうには、
ほぼ真東に……、まずは長野県松本市に進路をとることとなります。

通常、岐阜県北部から、長野県の松本市方面へ行くためには、
県境の平湯温泉に安房トンネルを通るルートが一般的です。
ですが、私は、いつも、旧道である「安房峠」-あぼうとうげ-を好んで通ります。

この「安房峠」は、トンネルが開通する以前、
岐阜県北部と長野県中部を結ぶ、数少ない貴重な道路のひとつでした。
が、立派なトンネルが存在するいまでは、
ほとんどクルマが通ることはなくなってしまいました。

なにしろ、安房峠は、つづら折れの狭い坂道が続く、かなりの難所なのです。

しかも、11月末から翌年5月末のあいだは、積雪のため通行することができず、
今年は、先月の30日に入って、ようやく通れるようになったとのことです。

というわけで、今年もさっそくこの酷道、安房峠に乗入れてみます。

安房峠入り口

こちらが安房峠のゲート。
深い森のなかへ入っていくような感じで、なんだかワクワクします。
古びた「通行注意」の看板にも、ときめき(?)を感じます。

絶景の安房峠

そして、安房峠を行くと、絶景のパノラマが眼前に広がります。
木々の緑が、空の青さが、目に染みます。
ほんとうに、素晴らしい眺めです。
トンネルを通れば、通行時間は大きく短縮されますが、この美しい景観を、
楽しむことはできません。

雪が残る安房峠

そして、道中には、まだ雪を見ることができます。
6月に入っていながら、一般道の脇にいまだに冬の名残があることに、
驚いてしまいます。

こうして、安房峠を越え、長野県松本市に入ると、
そのまま市街地を抜け、今度は、アザレアラインと銘打たれた山道に乗り、
ひたすら、東に向かって、黙々と走り続けます。

やがて道は、ビーナスラインに行き当たり、T字路となります。
左に向かえば霧ヶ峰。右に向かえば、美ヶ原方面に行くことができます。

今回は、美ヶ原方面に向かってハンドルを切ります。

すると道は、急なカーブと坂が続く厳しい状態に変わっていきます。
(ただ、道幅は充分にあります)
どんどん高度はあがり、やがては、標高2000メートル近くとなります。

そして、頂上付近にある、山本小屋駐車場へ。
ここにMINIを止めて、高原を散歩してみます。

美ヶ原高原

前回、この美ヶ原に来た時には、霧で何も見えなかったのですが、
天候に恵まれたこの日、美ヶ原の魅力を、再発見しました。

地平線いっぱいに牧場が広がり、
あたりにのんびりと寝そべる、牛の姿を見ることができます。

もう、すごくいいところです。

ちなみに、美ヶ原のサイトはコチラです

美しの塔

こちらは、美しの塔という、モニュメント的建造物。
上部に鐘があり、塔内の紐を引くと、鐘を鳴らすことができます。
(もちろん、鳴らしてみました)

あたりの空気はひんやりとして冷たいのですが、
日差しがあるため、寒さを感じることはありませんでした。
ぜひ、もう一度行きたい場所です。

高原のミニ

1000ccのMINIにはかなりハードなドライブコースでしたが、
今回も、我がMINIは、バッチリ走り抜けてくれました。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント

すばらしい!!!
こんな場所がe-420
安房峠魅力的ですねぇ~。
ゥチのMINIでも行けますかねぇ....e-263
もしくわチンクで.....なんて......笑

是非行ってみたいと思います♪♪
毎回思うのですが、行き先チョイスがいいですよね~^^*
こんな素敵なとこ、どぉやって見つけられるんですか??

tamaは賢さん達が行ったとこを参考に、行かせてもらおぅと思ってます《笑》
tama│URL│06/05 09:23│編集

tamaさん、いらっしゃいませ~!。

安房峠、すごくキレイでしたヨ。

この峠は、ウチのミニでも、走れることができるので、
tamaさんのツインキャブミニなら、
楽勝で走れると思います。
(たぶん、チンクでも、だいじょうぶかも……)

でもって、ビーナスラインも、
美ヶ原高原も、サイコーでした。
(しかも、ビーナスラインは、いま、無料ですし…)
ビーナスラインは、霧ヶ峰や白樺湖方面にも伸びていて、
こちらも、チョー絶景です。

長野県には、眺めのいいポイントや、
ドライブコースが、たくさんありますよネ。

そうそう、こうしたドライブコースは、
実際に、いろんなところに出掛けていって、見つけてきました。
(独身のとき、ホントにあちこちに行きましたから)
他にも、いっぱい、景色のいいところ、開拓しましたヨ。

今後も、いろんなトコロに行くと思いますので、
ぜひ、今後のドライブの参考にしてみてくださいネ。
(ちゅうか、いつか、ミニツーリングで行きましょうネ)
KEN│URL│06/05 16:25│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/139-ee17a0cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)