ヴァーヴのペーパー

ビル・エバンス没後25周年を記念して、
昨年秋、二枚組アルバムが、ふたつ、リリースされました。

ひとつが、リバーサイド編、
さらにもうひとつが、ヴァーヴ編です。

私は、まだまだジャズビギナーで、
それぞれのジャズレーベルの違いや成り立ちなどは、
よくわかりませんが、リバーサイド編には、
ワルツフォーデビイ、マイフーリッシュハート、
グロリアスステップ、アリスインワンダーランド、
といった、いかにもビル・エバンス!、という雰囲気の、
有名な曲が入っています。

リバーサイド編

私が、初めて聞いたビル・エバンスは、
マイフーリッシュハートだったように思います。

この曲は「美しいジャズ」という言葉が、
ビッタリとくる、まさに、癒し系の曲です。

いまでも、静かな夜に、この曲を聞くと、
くつろいだ気持ちになります。

ヴァーヴ編

もう一方のヴァーブ編は、
聞いてみると、なかなかシブいです。

ビル・エバンスをたっぷり味わえる、
ふたつのアルバム。
これからも、堪能したいと思います。

関連記事
JAZZCM2. TB0 TOP▲
  
コメント
遠きにありて
私はJAZZは詳しくありませんので無駄話をひとつ。昔ビジネスホテルに勤めていた時、アメリカからの宿泊客が、名古屋城とどこか孫にお土産を買える所に行きたいと所望されたので、名古屋栄三越に行きお土産を物色して1階に降りると、ちょうど楽団がデキシーランド・ジャズを演奏していて、「儂の田舎の音楽じゃ」と大層喜んでいました。生まれ故郷がニューオーリンズかどうかは聞きそびれました。
帰国してからデキシーランド・ジャズのカセットテープを送ってくれました。
アメリカのナッツベリーファームで郡上節パレードを見るようなものでしょうか。
ほにゃにゃわら│URL│07/01 22:16│編集

あっ!、ほにゃにゃわらさん!、
コメント、ありがとうございます。

名古屋三越の1階で、デキシーの演奏をやることなんて、
あるんですネ。
たしかに、異国で、故郷の音楽の生演奏を聴いたら、
カンドーしてしまうかもしれません!。

しかも、そのアメリカ人は、帰国後、
わざわざ、デキシーのテープを、ほにゃにゃわらさんのもとへ、
送ってくださったんですね。
う~ん!、とっても、いい人ですネ。
きっと、本場のデキシーを、日本の人にも、聞いてほしかったんでしょうね。

あっ、ところで、JAZZ、いいですよぉ~!。
このビル・エバンスもいいんですが、
マイルス・デイビスなんかも、とってもいいです。
夜、聞いていると、浸っちゃいますヨ。


KEN│URL│07/03 22:23│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/14-440b4a3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)