メトロポリスのマリア

私の住む飛騨高山には、
SF映画などの撮影に使われた、
模型やクリーチャーなどを展示しているお店があります。

先日、かねてから行ってみたいと思っていたこのお店に、
ついに行ってみました。

お店の名は留之助商店といい、店内には、
SF映画マニア垂涎の品が、溢れていました。
(もちろん、私も、そのマニアの一人です)

ロビー

まず、店内に入って最初に目を引くのが、
このロボット。
映画「禁断の惑星」に登場する、ロボット「ロビー」です。

私にとって、この「禁断の惑星」という映画は、
SFに目覚めるきっかけとなった作品で、
そのストーリー、ビジュアル、ともに、いまでも極めて印象深く脳裏に残っています。

この「ロビー」は、残念ながら、映画の撮影に使われたものではなく、
レプリカだそうですが、その巨大な姿には、圧倒されます。

しかも、このロボットは、
半世紀前にデザインされたものなのに、今でも色あせない造形美を誇っています。

ターミネーター内骨格

写真はちょっとピンぼけですが、
こちらは、ターミーネーター(1作目)に登場する、人造人間の骨格です。
(プレス工場で、しつこくサラを追いつめるヤツですネ)
実際に撮影に使用された、本物とのことでした。

店内には、そのほかにも、プレデターや、エルム街の悪夢のフレディ、
ギャラクティカのサイロンレイダーなどが、所狭しと置かれていました。

また、玩具や模型などの品揃えも充実しており、
オモチャ好きにも、たまらないものがあります。

ギーガーの造形物

こちらは、売り物として展示されていた、
HRギーガーのイラストの立体像景物です。

これはすごい!。
造形、塗装、ともに、ギーガーのイラスト、そのままですね。
ギーガー好きの私には、たまらないものがあります。
(が、お値段も、なかなかすごいです)

ちなみに、このお店のオーナーは、
SF映画の書籍を数多く出版していらっしゃる、
あの、中子真治さんだそうです。
(オーナーは、お店には、お見えになりませんでしたが)

私も、中子さんの本は、数多く持っています。

こうして、地元で、非常に貴重な品々を見学できるというのは、
とてもありがたいことであり、感激もひとしおでした。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/143-2fc8d77b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)