奥社の小川

さて、前回の続きです。

林道を延々と……、ひたすら延々と走り続け、
ようやく、目指す戸隠に到着しました。
(いや?、ホントに遠かったです!!)

ここ戸隠にある戸隠神社は、
奥社、中社、宝光社、九頭龍社・火之御子社の五社から成っているそうで、
それぞれが、戸隠山の中腹に点在しているといいます。
ただ、現地にあった立て看板には、
当神社は、奥社、中社、宝光社の三社から成る、といった趣旨の文言が書かれており、
どうやら、この三つの社が、メインとなっているようです。

ちなみに、戸隠神社の詳しい情報はコチラ

なにしろ、各社は、山の斜面に点在しているため、
それぞれを結ぶ道路は、ほとんどすべてが坂道となっています。

また、各神社のあいだは遊歩道で結ばれているようですが、
思いのほか距離があり、さらには勾配もあるため、
歩いて巡るのはいささか困難です。

というわけで、安易ながら、クルマで各社を巡ることとしました。

中社の大木

まずは、中社から参拝していくことにします。
こちらは、中社のまえにあった、杉の木です。

本来なら、古式ゆかしい中社のたたずまいも撮影するべきでしょうが、
私は、このような場所に来ると、いつも、
社殿に不躾にカメラを向けることにためらいを感じてしまい、
今回も、ご多分に漏れず、周辺ばかりにレンズを向けていました。

そして、次に、奥社へと向かいます。

この奥社が、戸隠神社で最も神聖な場所のように思えます。
というのも、この奥社は、中社とは趣がまったく異なるのです。

奥社参道-1

まず、奥社の鳥居をくぐると、
どこまでもまっすぐ伸びる参道を歩くこととなります。
こんなに長い参道を、私は、いままで、見たことがありません。

道の左右は、白樺の林で、豊かな自然に囲まれた、美しい場所です。

取りのさえずりと、小川の流れる水音が相まって聞こえ、
心が洗われてゆくようです。

やがて、参道の向こうに、暗い朱色をした門が見えてきます。
この門をくぐると、景観は、劇的に一変します。

奥社参道-2

天高く伸びる杉の並木道が、目の前に現れます。
枝のあいだをすり抜けた陽の光が、いくつもの束となって斜めに差し込み、
息を呑む美しさと荘厳さがあります。

思わず、ここでしばし立ち尽くしてしまいました。

あたりの空気は凛として張り詰め、
俗世とは隔絶された、まさに神秘的という表現がぴったりな空間です。

そして、奥社への道はまだまだ続きます。
(ホントに遠い道のりです)

奥社参道-3

やがて、目の前に石段が現れます。
この石段が現れたら、奥社まではもう少しです。

こうして、ようやく奥社に到着。

この奥社社殿は、中社に比べれば小さく、ひっそりとしていますが、
長い距離を歩いてこの地まで辿り着いただけに、感激もひとしおです。
というわけで、ゆっくりと参拝してきました。
(奥社に隣接する九頭竜社は、工事中のため参拝できませんでした)

そして、また、来た道を、エッチラオッチラ引き返します。

この奥社は、鳥居から社殿までおよそ2キロの距離があるそうで、
体力がないと、参拝できない神社かも知れません。

駐車場に戻り、ふたたびMINIに乗って、今度は、宝光社へ。

この宝光社の石段はとても長く、しかも急で、ヨメは根を上げていました。
(もちろん、私も息切れしてました)

こうして、中社、奥社、宝光社と、すべて参拝できましたが、
火之御子社という神社は、場所がよくわからず、結局、参拝できませんでした。
残念ですが、次回、この地を訪れる時には、ぜひとも参拝しようと思っています。

こうして、戸隠神社を堪能し、いよいよ帰路につきました。

その帰路も、またまた、珍道中となるわけなのですが…。

その模様は、また次回に!。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/146-605e8129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)