木曽福島関所

先週の日曜、信州の木曽福島まで、MINIで出掛けてみました。
私が住むここ飛騨高山から、木曽福島まで、クルマでおよそ1時間半ほどの距離です。

今回は、まず、木曽福島までの道の途中にある、小さな公園に立ち寄り、
持参したお弁当を食べることにしました。

この公園は、朝日村(現高山市朝日町)という村落にあります。
公園の中央には、山に向かって長く伸びる石段があり、
その姿は、国道からも一望できるため、以前から、気になっていたのです。

朝日の階段-1

これが、その石段です。

公園に着いた時には、すでにお昼近くで、
あたりの気温は、ジリジリと上がり始めていました。
(といっても、都市部に比べたら、遥かに涼しいのですが)
こんな陽気のなか、石段を上まで登るのは、なかなか、骨の折れる作業でした。

朝日の階段-2

石段を登り、下を眺めると、公園がはるか下方に見えます。
写真では、たいして高低差があるようには見えないんですが、
実際には、思わず手すりに手を伸ばしてしまうほどの、傾斜と高さを感じました。

石段を登り詰めた先には、新緑のなかにうずくまるように、
小さく古い神社がありました。

訪れる人も少ないのか、社殿はいくらかさびれてみえましたが、
深い森のなかに溶け込んでいくかのようなその姿は、
寂寥感とともに、独特の存在感を放っていました。

この社がいったいつからあるのか、皆目、分かりません。
(石段のほうは、比較的新しく、神社よりもかなり歴史が浅そうです)
ただ、古来、村の人々は、自分たちを囲む山々にたいする、恐れと敬いの思いを、
こうした社殿を作ることで、表していたのではないかと思います。

自然に対する畏怖と畏敬の念は、いまこの時代にも、
必要なものなのかも、と、ふと、感じた次第です。

さて、その後、ふたたびMINIに乗り、一路、木曽福島へ。
途中、御岳山の雄大な姿や、白樺の林を横目に見ながら、

木曽福島の上ノ段

こちらが、木曽福島の上ノ段と呼ばれる地区で、古い町並みなどが、
見られるところです。

木曽福島の街道

こちらは、同じ上ノ団地区にある、美しい路地。
この街には、あちらこちらに、細く入り組んだ路地があるのですが、
この場所が、最も整備された、観光名所的通りです。

突然の大雨

ここをしばらく散策しよう、と思っていたら、不意にいきなりの大雨。
というわけで、近くにあった、郷土資料館に避難し、雨脚が弱まるまで、
しばしの休憩となりました。

そして、待つことおよそ40分。
やはりというべきか、雨は通り雨で、すっかり上がってしまいました。

というわけで、町中散策を続行することにしました。

崖屋作りの風景

こちらは、木曽福島の中心部である、崖屋作りの町並みです。
立ち並ぶ家々が、川に向かって、せり出すように建っています。
以前訪れた郡上八幡でも、同じような町並みを見ることができましたが、
ここ木曽福島では、観光マップにも記されているほどの、
有名な景観のようです。

また、木曽福島には、関所資料館もあります。
が、門を撮影したところで、デジカメのバッテリーが力尽きてしまいました。
(冒頭の画像が、その最後の画像です)

今回は、思わぬ雨で、観光が中断されたりと、いろいろありました。

次回は、もう少しじっくりと、この街を散策したいものです。




●ブログランキングに参加しました。
コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking


関連記事
  
コメント

ややや。
ココはどの辺でしょうか?
次回行った時に気をつけて見てみよう!
sau│URL│07/15 21:56│編集

あっ、sauさん、こんにちは~~!!。
お元気ですか!??。

あっ、ところで、ココ(石段のあるところ)は、
朝日の上ケ見というトコロです。
国道361号線ぞいの道の駅「ひだ朝日」から、
木曽福島方面に、1kmほど行ったアタリになります。
(でも、小さい公園ですヨ)

また、高山においでのさいには、
チェックしてみてクダサ~イ!。
KEN│URL│07/16 18:12│編集

古い町並みが素敵ですね。(*^^*)

そうそう、私ったら間違え?て去年の7月の記事にコメントしてしまいました。
今年の7月の最新記事だと思ったの。
どうかおきになさらずに。><)
どこからいったのかしら?
ほんとお騒がせでごめんなさい。
ともいゆみ│URL│07/24 10:04│編集

ともいゆみさ~ん、こんにちは~!!。

そうそう、古い町並み、いいですよネ。
僕の地元、飛騨高山にも、こうした、古い町並みが、
あるんですヨ。
(木曽福島より、もっと規模も大きいです)

あっ、ところで、ともいゆみさん、
去年の日記には、なんと、間違えて、
行ってしまったデスカ!??。

そうだったデスカ!!。

でも、古い日記へのコメントも、ワタクシ、大歓迎ですヨ。
(そのコメントにも、これから、レス、書きにいきます)

ホントに、いつも、ありがとうございま~す!!。
これからもぜひぜひよろしくお願いしますデス。
KEN│URL│07/24 14:02│編集

あのですね、
たぶん、自分のところブログのアクセス解析からきたのだと思いまする。

その記事をみていた人がいらっしゃった。
 ↓
その後、うちのブログのリンクを見つけた。
 ↓
その方がおそらくうちに来てくださった。
 ↓
ともいがアクセス解析をみたらKENさんのブログだった。
 ↓
わ♪KENさんとこのブログからだ!きゃ♪(*^^*)と書き込む

でした。(笑)

>ホントに、いつも、ありがとうございま~す!!。
>これからもぜひぜひよろしくお願いしますデス。
こちらこそ、いつもいつもいろいろほんとにありがとです。(^◇^)/
KENさんとお話させて頂くだけでとっても楽しい&幸せでっす♪
ありがたやありがたやでございます。

ともいゆみ│URL│07/29 11:37│編集

な~るほど!。
ともいゆみさんのブログのアクセス解析をたどっていったら、
うちのブログの昔の記事に行き着いちゃった、
と、いうわけなんですネ。

でも、ウチでは、アクセス解析って、入れていないので、
そうやって辿っていくことができるんだああ~、と、
ちょっと感心してしまいましたデス。
(昔は入れてたこともあったんですが…)

でもって、
こちらこそ、いつも、コメントいただいちゃったりして、
も、ホントに、ありがとうございマ~ス。
ワタクシも、ありがたや、ありがたや、と、
いつも、思っておりますヨ。
KEN│URL│07/30 11:52│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/151-b4a0992a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)