MINIのアップ画像

8月の半ば…。
この暑いさなかに、MINIのオイル交換の時期が巡ってきました。
MINIのオドメーター(距離計)を見ると、
もうすでに、オイルを交換すべき、規定の距離を走り抜けています。

とはいっても、蒸し暑いなか、汗だくで作業をしなければならない、というのは、
なんとも、気の重い事態です。
が、これからも、MINIに元気に走ってもらうためには、オイル交換は、
避けては通れないものなのです。

というわけで、昨日(17日)の日曜日、
意を決して、オイル交換作業を行うこととなりました。
場所は、実家手前の駐車場です。
(ここは、水道がすぐそばにあったりと、なにかと便利なのです)

さて、まず、いつものように、車体をジャッキアップし、
ラチェットを使ってドレンボルトを外し、古いオイルを抜いていきます。

オイルを注ぐ

そして、古いオイルが抜けきったところで、
新しいオイルをオイルジョッキーに入れ、
タペットカバー上部のオイル注入口から、注ぎ入れていきます。

今回は、オイルエレメントの交換はないため、
(エレメントの交換は、オイル交換2回のうち1回です)
作業も比較的楽で、注入するオイルの量も少なめです。

ですが、エンジンオイルとミッションオイルを併用しているMINIは、
少なめといいつつも、4.7リットルものオイルを飲み込んでしまいます。

こうして、一連のオイル交換作業と平行しつつ
グリスアップ作業も行っていきます。

現在生産されているクルマは、グリスアップ作業など不要ですが、
MINIのような古いクルマは、足回りの可動部などに、
定期的にグリスを注入する必要があるのです。

ふたたび、車体をジャッキアップし、
前輪のジョイント、そして、前後輪のサスペンション部分に、
グリスガンで、グリスを注入していきます。
こうして、やっと、一連の作業を終えました。

この日、天候はすこぶるよかったのですが、時折、流れる雲が日光を遮り、
作業するぶんには、都合がよかったです。

いつものことですが、このオイル交換作業が済むと、
さあ、また、走れるぞ、と、思うと同時に、なんだかホッとします。

さて、作業を終えたあとは、テストドライブに出掛けてみます。
といっても、遠出するわけではなく、近場へ出掛けてみます。

まず、国道158号線に乗り、西の清見村(高山市清見町)へ。
そこから、小鳥峠を越えて、清見村夏厩(なつまや)に入り、
河合村方面へと向かってみます。

そして河合へ

じつは、この道を通るのは今回が初めて。
地元の道でありながら、いまだに、一度も通ったことのない道というものは、
さがせば、まだまだあるものです。

道は、最初こそ二車線ありましたが、すぐに細くなりました。
ただ、交通量が少ないため、走りやすく、景色もよかったです。
夏の日差しのなか、緑が、映えて見えます。

美しい川面

道と平行して伸びる川の水は、とても澄んでいて、
川魚も多く生息しているのでしょうか、釣り人の姿もちらほらと見受けられました。

そして、しばらく進むと、なんだか、不思議な構造物が…。
山に向かって伸びる、スロープ状の橋のようなものが見えてきました。

謎の橋梁構造物-1

そちらは通行止めになっていましたが、これは、道なのか、橋なのか…。
もし、この道を通行できたとしても、MINIを乗入れるのは、かなり勇気がいりそうです。

謎の橋梁構造物-2

横から構造物を見ると、このようなかたちになっています。
この、道とも橋ともつかぬ先は、いったいどこに通じているのか…。
もう、興味津々ですが…。

とにかく、先に進みます。

そして、近場を巡るドライブはまだまだ続くのですが、
それは、また、次回に!。

河合でのMINI



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
MINICM0. TB0 TOP▲
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/158-8b8a6a41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)