福井市美術館

今年の夏、北陸の美術館では、私にとって、
魅力的な企画展が行われていました。

そのうちのひとつが、金沢21世紀美術館で行われていた、
ロン・ミュエック展です。

以前、富山市の紀伊国屋へ行ったさい、
私は、美術書コーナーで、たまたま、ミュエックの作品集を手に取りました。
そして、紙面に掲載された作品の数々に目を見張ったものです。

それは、驚くほどリアルで、そして巨大な、人物オブジェだったのです。

こうした作品をじかに見ることができるとあって、
この企画展は、私にとって、ぜひとも訪れたいものでした。

また、時期を同じくして、福井市美術館では、
プラモデルのパッケージとなったリアルイラストレーションの、
原画展が行われていました。

こちらも、私にとっては、とても興味深いもので、
この機会に、なんとしても見ておきたいものでした。

ですが、気がつけばすでに8月も終わりに近づき、
それぞれの企画展の会期である8月31日になってしまいました。

というわけで、それぞれの企画展のどちらかをあきらめざるを得ないかな、
と、思っていたのですが、どちらも、北陸地方で行われているものであり、
一度に回ろうと思えば、できなくはない、ということで、
美術館を巡る北陸行脚の旅に、8月最後の日曜、出掛けたのです。

それぞれの企画展の終了時間を確認すると、
21世紀美術館が午後6時まで。福井市美術館が午後5時過ぎまでとなっており、
いくらか遅い時間まで空いている21世紀美術館を、
後で回ることとしました。

したがって、先立つ目標は福井。
ここ飛騨高山から福井市に向かうには、国道158号線を、
ひたすら西に向かうことなります。

なにしろ、かなりの強行軍が予想されるため、
朝5時には起床。6時過ぎには出発しました。

油坂峠のあたり

ここのところ、ゲリラ豪雨が東海地方を襲い、この日も、天候が心配でした。
案の定、朝のうちは霧が立ち籠め、雲も多かったのですが、しだいに、
空模様はすこぶるよくなり、ついには、絶好のドライブ日和となりました。
(今回の出動車はヨメのプジョーです)

道も空いていて、快適なドライブを続けること3時間半。
めざす福井市美術館に着きました。

美しい美術館

逆円錐形の、なかなか、モダンな建物です。


さて、この続きは……。
ボックスアート展の詳細は、また、次回、アップします。



●ブログランキングに参加しました。
コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/162-e8a2ec5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)