ゼロ地場へのドライブ

先週の連休(14日、15日)は、絶好の行楽日和でした。
が、我が家では、私もヨメもそれぞれ仕事で、結局、どこにも行けずじまいでした。

ですが、昨日(17日)、やっとで、互いに時間がとれたので、
MINIで、ちょっと遠出してみることにしました。

今回、行ってみたのは、長野県伊那市にある「分杭峠」というところです。
ここは、見たところはごく普通の峠なのですが、
磁場がゼロになっているという、特殊な場所だといいます。
しかも、風水で言うところの「龍穴」-気の溢れる場所-でもあるそうです。

かねてから、この場所に行ってみたいと思っていた私たちは、
この日、意を決して向かってみました。

道順は、まず、ここ飛騨高山から、国道361号線に乗って、木曽福島に向かい、
その後、国道19号に乗り換え、北上します。
そしてふたたび、国道361号線に乗り、権兵衛トンネルを通って、
茅野市に入ります。
そこから、駒ヶ根を目指し、県道49号線に乗り換え、分杭峠に至る、という、
ものでした。

分杭峠への道

県道49号線は、最初こそ道はよかったのですが、
しだいに、曲がりくねった細道に。
対向車が来たら、すれ違いが困難と思われる箇所も、各所にありました。

分杭峠に到着

こうして、ようやく、分杭峠に到着。
峠のすぐ手前には駐車場があり、有料ですがトイレも併設されています。

平日でありながらも、すでに何台かクルマが止まっており、
そのナンバーを見ると、みな、かなり遠方から来ていることが伺い知れました。
やはりというべきか、ここは、知る人ぞ知る、かなり有名なスポットのようです。

ゼロ地場へ

遊歩道を降りて

そして、駐車場の脇には、磁場ゼロ地点に向かう細い遊歩道が…。
この道を、下へ下へと降りてゆきます。

ほどなくすると、急斜面に、ベンチ状の板を設えた場所が見えてきます。
すでにこの場所には、初老の方のグループが、何組か陣取っていました。

急斜面にたたずむ

というわけで、私たちも、その斜面の一角に座ってみました。
写真ではよくわかりませんが、かなりの急斜面で、
高いところが苦手な私は、恐怖を感じてしまいます。

この場所が、どうやら「磁場ゼロ地点」ということらしいです。

周囲の人たちの会話をそれとなく聞いていると、
どうやら、みなさんは、健康上の問題を抱えており、
この場所に来ることによって、それらが解決に向かっているらしいことが、
知れました。

この場所が持つ特殊なチカラのなせる技かも知れません。

かくいう私は、この場所に来ても、残念ながら、気や、ゼロ磁場の効果を、
確信的に体感するには至りませんでした。
ですが、こうして、森のなかで、静かに時を過ごすのは、
とても心が休まるものです。

このまま、しばらく、この場に留まりたかったのですが、
ブ?ンという大きなハチの羽音がすぐそばから聞こえ始めると、ヨメが戦線を離脱。
ほどなくして、私も、斜面を離れました。

分杭峠からの眺め

その後、あたりを散策。眺めもよく、気のチカラは感じられなくとも、
充分楽しめる場所でした。

せっかく、長野県中部まで来たので、帰りに、
桜で有名な高遠に寄り、高遠城趾公園を見物したあと、家に帰ってきました。

地場ゼロの水

ちなみにこちらは、分杭峠のふもとで売っていた、
磁場ゼロ地点で汲み出された水、と、銘打たれた水です。
記念に買ってみました。

いま、その水を飲みながら、このブログを書いています。



●ブログランキングに参加しました。
コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント

磁場ゼロ地帯には興味あります。
以前TVでやってたのも真剣に見てました。
今週はPCやりすぎでダウンしたので、
こういうとこへいって、気を入れてこないといけないかも・・。
その後、何か気をうけた効果はありましたか?
ねさま│URL│09/20 08:26│編集

ねさまさん、いらっしゃいませ。

ねさまさんも、磁場ゼロ地帯に、興味がおありですか!。
僕も、以前から、磁場ゼロといわれる、この峠が、
チョット気になっていました。
(でも、テレビで放映されていたことは、知りませんでした)

で、実際に、磁場ゼロ地点へ行って、その後、何か変わったことがあったかといわれると、じつは、何もないです。
(もう、トホホです)

でも、分杭峠のゼロ磁場地点は、深い森のなかで、
その場にいるだけで、とても、気持ちが落ち着くところでした。
(気の効果かどうかは不明ですが…)

また、ぜひ、いってみたいと思っています。
KEN│URL│09/20 11:23│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/167-f345082d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)