郡上の唐辛子

水郷の里として知られる街、岐阜県郡上市。
そのすぐ北には、
ハムの産地として有名な、郡上市明宝(旧郡上郡明宝村)があります。

郡上市中心部と明宝とを結ぶ国道472号線には、
磨墨(するすみ)の里、という名の道の駅があり、
その一角には『和食ところ/おかみさん』という、小さなお店があります。

このお店は、ご飯を五穀米をするといった、
独自のこだわりがあり、私は、郡上周辺を訪れたおりには、
いつも、この店に立ち寄っています。

和食処『おかみさん』

また、このお店では、明宝の郷土料理『つぎ汁』というものを、
お味噌汁の代わりに出してくれます。
(もちろん、普通のお味噌汁を選択することもできます)

このつぎ汁、具は豆腐だけのシンプルなすまし汁なのですが、
かなりのピリ辛で、一度飲むと、けっこうクセになります。

実を言えば、この汁がいただきたくて、
私は、たびたび、ここを訪れているのです。

で、このつぎ汁がどのような材料から作られているのか、ですが…。

それは、郡上南蛮と呼ばれる唐辛子(素焼きにするらしいです)と、
干し椎茸、煮干し、昆布、などだそうです。
これらを、袋に入れて煮出し、最後に、醤油、砂糖を加えて味を整える、
とのことです。
(おかみさんのテーブルに、そう書かれたペーパーがありました)

というわけで、このつぎ汁を、我が家でも作れないか、と、思い、
昨晩、挑戦してみました。
(といっても、挑戦したのは、ヨメですが…)

つぎ汁の材料

まず、こちらが材料です。
唐辛子は、郡上で手に入れたものです。
その他は、近くのスーパーなどで買ってきました。

もっとも、材料はわかっていても、それらの分量はまったくわかりません。
というわけで、勘のみで作業を進めていきます。

つぎ汁、完成!

味見をしつつ、試行錯誤することおよそ1時間、
こちらが、できあがった、自家謹製『つぎ汁』です。

で、肝心の味ですが、味そのものは、少しばかり、薄いものとなってしまいました。
かといって、これ以上、醤油を足すと、つぎ汁とは呼べないものになってしまいそうです。
もっとだしを煮出す必要があったのかもしれません。
ただ、ピリ辛感はかなりあり、おかみさんのそれよりも若干辛いくらいです。

これはこれでおいしいのですが、おかみさんで出されているつぎ汁には、
やはりおよびません。

今後も、つぎ汁作り研究を、さらに深めてみたいと思います。




●ブログランキングに参加しました。
コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント

「つぎ汁」という料理があるのですね。
ちょっとだけ辛そうだけどおいしそう。
ちなみにうちの県には
「ひや汁」という郷土料理があります。
ご飯にかけて食べるとです。味噌ベースで
家庭によって味が微妙に違うので
みんな自分んちの
んまい!と思うております。(笑)
ともいゆみ│URL│09/28 15:27│編集

あっ、ともいゆみさん!、こんにっちは~!!。

そ~なんです。
つぎ汁という料理(汁)が、うちの県にはあるデス。
でも、県内でさえも、そんなにポピュラーになってなくて、
まさに、知る人ぞ知るモノみたいです。

でもって、ともいゆみさんの県では、
ひや汁というものが、あるデスカ?。
それって、やっぱり、冷たい汁なんでしょうか…。
それにしても、家庭によって味が違うってトコロが、
「我が家の味」ってカンジで、エエです。

ひや汁を、ドドっとご飯にかけて、食べてみた~いですぅ。

KEN│URL│09/29 12:21│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/169-35272fad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)