せせらぎ街道のミニ

先週の土曜、ようやく、MINIのオイル交換を行いました。

今月初め、来るべき降雪に備え、タイヤをスタッドレスに交換したのですが、
できればそのとき、オイル交換もいっしょにやってしまいたいと思っていました。
が、そのときはまだ、規定の走行量まで達しておらず、ようやく、
今回、オイル交換の時期を迎えることとなりました。

とはいえ、今回は、オイルの他に、オイルエレメントの交換もしなくてはなりません。
ちょっと作業が面倒なのですが、今回も、夫婦共同で、この作業に挑みます。

グリルを外して

エレメント交換のためには、
フロントのラジエーターグリルを完全に取り除かなくてはなりません。
このために、ビスを10本以上、外します。
(この間、廃油を受け止めるパックをミッション下部にセットし、
 ラチェットを使ってドレンボルトを外し、エンジン内の古いオイルを抜きます)

オイルエレメント取り外し

そして、露出したオイルエレメントを、フィルターレンチを使って外します。
エレメントを締め付けるさいは、工具を使わず、手だけで絞めてあるのですが、
これが、工具を使ってもなかなか外れない…。

固い…。ホントに固いです。

何度も、フィルターレンチが空回りしてしまいます。
かといって、やみくもに力任せに作業すると、オイルエレメントを固定している、
ブラケットに負担をかけてしまいそうな気がします。
(ブラケットはそんなにヤワではないのでしょうが…)

というわけで、慎重にトライすること数回…。
ようやく、オイルエレメントが、緩み始めました。
一度緩めば、あとは、手で回して取り外せます。

そして、今度は、新しいオイルエレメントを用意し、
上部のゴムパッキン部分に、新品のエンジンをオイルを指で塗り付け、
所定の場所に取り付けます。

ドレンボルトを絞める

そうこうするうちに、古いオイルはほぼ排出されてしまいました。
というわけで、ドレンボルトをふたたび締め付け、
エンジン上部のタペットカバーの注油口から、エンジンオイルを入れていきいます。
(使用するオイルはBPの鉱物油。固さは10W-40です)

今回は、オイルエレメントも交換したので、およそ5.2リットルのオイルが入りました。
(オイルは大食いですネ)

その後、エンジンをかけ、オイルレベルゲージでオイル残量をしっかり確認し、
ドレンボルト、オイルエレメント双方から、オイル漏れがないかどうか確認して、
一連の作業はすべて終了となりました。

こうして文章にすると、かんたんにも思えますが、
作業開始から終了まで、結局、二時間近くもかかってしまいました。

毎度毎度、この作業には手を焼きますが、
終わると、ホッとします。

そして山道へ

その後は、すっかり冬の装いになった「せせらぎ街道」にテストドライブ。
木々はすっかり枝だけとなり、寒々とした光景となっていました。

というわけで、これでようやく、MINIの冬支度がととのいました。
でも、今年の冬も、雪が少ないことを祈るばかりです。





コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
MINICM0. TB0 TOP▲
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/192-7c3eb1ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)