坂の上の雲

今年2009年の秋から、司馬遼太郎の「坂の上の雲」が、
NHKで放送されるそうです。

この物語の主人公は、
日本騎兵の父と呼ばれる秋山好古(あきやまよしふる)と、
好古の弟で、東郷平八郎の作戦参謀として、
バルチック艦隊を破った秋山真之(あきやまさねゆき)、
そして、正岡子規の三人です。
彼ら三人の目を通して、維新後間もない「日本」と、この若々しくも未熟な国が挑んだ、
日露戦争という、未曾有の国家危機を、描いています。
(もっとも、正岡子規は日露開戦前に亡くなりますが)

私にとって、この「坂の上の雲」は、以前から読んでみたい小説だったのですが、
全八巻という長大さに腰が引け、最初の一巻のみを買ってきただけで、
そのまま、放置していました。
が、NHKドラマとして放送されるというニュースを聞き、
ならば放映前に読んでおこうと思い、年末から、読み始めています。

坂の上の雲 1?4

もっとも、なかなか時間が取れなくて、思うように読み進めませんが、
いま、五巻を読み終わったところです。
(画像では四巻までしか映っていませんが…)

この五巻で、本作品のひとつのハイライトである、
旅順攻囲戦が終了します。
有名な水師営の会見も、この五巻に登場します。

坂の上の雲では、
旅順攻略を担当した第三軍の司令官である乃木希典大将と、
第三軍の参謀長であった砲兵少将伊地知幸介に対して、
かなり批判的な描きかたをしています。

もともと旅順攻撃は、海軍の要請から始まった、と、この坂の上の雲には描かれています。

旅順は、日清戦争後、ロシアが、清国から強引に租借し、
その後、ロシア人たちは、ここに軍港を建設し、
艦隊を碇泊させ、港の周囲を砲と壕とで要塞化しました。
日露のあいだで戦争が始まると、
日本海軍は、この旅順港を根城にしているロシア太平洋艦隊を叩こうとします。
が、旅順港周辺に設置された要塞砲のために、日本の艦船は港に近づけません。
というわけで、海軍側は、陸軍に対して、
旅順の港を背後から攻めて、港内にいるロシア艦隊を陸から叩くか、
もしくは、ロシア艦を外海へ追い出してくれ、と、要請しました。

こうして、乃木大将率いる満州第三軍が、旅順攻略を担当するのですが、
旅順要塞は堅固に防衛されており、攻め手の日本兵はたいへんな損害を出していきます。
そんななかで、旅順の港が見渡せる二○三高地は、要塞のほかの部分と比べ、
比較的防備が手薄で、ここを奪取すれば、旅順港のロシア艦船を狙い打つことが
できるはずだと、海軍側が気づきます。
海軍は乃木軍にこの旨を伝えますが、
乃木軍は要塞のいちばん堅牢な部分を平押しに突くだけで、
同じ失敗を何度も何度も繰り返していった、と、そう描かれています。

第五巻の頁

私の通っていた小学校は、飛騨高山にある「南小学校」というところですが、
この学校の校庭には、乃木希典大将が植えたとされる「乃木松」という松があります。
(日露戦争後、乃木希典は、飛騨高山を訪れたといいます)
私は、子供の頃、乃木大将がいかにすぐれた人物だったかということを、
よく、聞かされたものでした。

ですから、坂の上の雲の「乃木」評は、私にとって、
複雑な感情を抱かせるものです。

もっとも、司馬遼太郎は、作戦家としての乃木を評価こそしないものの、
漢詩人として、また精神家としての乃木については、高い評価を与えていますし、
(司馬は、乃木よりも、参謀長の伊地知幸介少将に、批判を集中させています)
昨今は、旅順攻囲戦について、再評価をする書物や論評も数多く出てきているようです。
(私が以前読んだ、日露戦争がよくわかる本、という書籍も、
 乃木擁護の立場をとっていました)

さてさて、ここ飛騨高山にも、乃木松をはじめ、
日露戦争にまつわる石碑やモニュメントが残っています。
旅順港閉塞作戦で戦死し、日本初の軍神になった「広瀬武夫中佐」は、
ここ飛騨高山で幼少期を過ごしており、市の中心にある城山公園というところには、
銅像もたっています。

今後、機会を見て、郷土に残る日露戦争のモニュメントを、
このブログで、紹介できれば、と、思っています。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/209-3b642cfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)