Mac G5

私が普段使っているのは、Macintosh G5 Dual 2Ghzです。
MacがインテルCPUに移行する前の、Power PCの最終モデルです。
このモデルでは、
旧Mac OSがエミュレーション的に起動できる、クラシック環境が使えます。
(クラシック環境って、ときに重宝するんです)

さて、このMacに、今回、データのバックアップをさらに円滑に行うために、
内蔵ハードディスクドライブを増設することになりました。
(なんと、いままでは、デフォルトの内蔵ハードディスク160GBだけだったのです)

内蔵ハードディスクは、昨年末、秋葉原にいったさい、
ソフマップのMac専門店で買ってきました。
といっても、私は、こういう機器については、ほとんど知識がなく、
お店の人に、いろいろと相談に乗ってもらって、買ってきました。

製品は、Seagate社というところのもので、600GB、
なのに、値段は、6000円くらいでした。
驚くほど安い……。不安になるほど安いですね。

でも、買ってきたことはいいのですが、私は、ハードをいじるのが大の苦手。
Macの側面板を開けるのも、なんだか、こわいのです。

愛車MINIのエンジンルームはしょっちゅう見たりいじったりするのに、
ハイテク機器は、わけがわからなくて、私にとっては、ブラックボックスみたいなものです。

そんなわけで、内蔵ハードディスクを買ってきたというのに、
年をまたいで、ずっと押し入れに眠らせておきました。
(バカみたいですネ)

が、こんなことをいつまでもしているわけにはいかず、先日、
ついに意を決して、禁断のMac側面板を開けました。

カバー開閉

開けると、内部はこうなっています。
内部は、もう、ほこりだらけで、このほこりを掃除機でおそるおそる吸い取りました。

説明書を見ながら

内蔵ハードディスクやメモリの増設については、
Mac付属のマニュアルに、詳細な図解入りで載っています。
これをたよりに、作業を進めることにします。

というわけで、マニュアルとにらめっこしながら、
上部のHDD収納部分に、買ってきた内蔵HDDを押し込むように搭載、
データケーブルや電源ケーブルをつなぎますが、
下から出ているデータケーブルの位置と、
HDDのデータケーブル差し込み口が、微妙にずれていて、
データケーブルがうまく差し込めません。

データケーブル

ちょっと無理して差し込んだのですが、ケーブルの根元に、
過剰なテンションがかかっていそうで、こわいです。

なので、再度ケーブルを外し、
できるだけ無理のないように、ケーブルの取り回しを考え、もう一度、装着。
それでも、ケーブルの根元にいくらか無理な力がかかっているかもしれません。
(でも、この程度ならだいじょうぶだという話です)

HDDの取り付け

ことのほか、かなりあっけなく作業は終了。
ひょっとしたら、メモリの増設よりも、簡単かもしれません。

その後、Macを起動し、MacOS内蔵のディスクユーティリティーを立ち上げ、
新規内蔵ハードディスクをフォーマットし、ついで、いままでの内蔵HDDの中身を、
そっくりそのまま、新規HDDにコピーします。

復元

これは、ディスクユーティリティーの「復元」を使えば、できるそうです。
(ただ、この復元作業には、二時間近くかかってしまいました)

こうして、辛抱強く待つこと二時間。
ついに、復元が完了しました。
これで、データのパックアップがとれ、しかも、新規内蔵ハードディスクを、
起動ディスクとしても使用できるようになりました。
(いま、外付けハードディスクがあるのですが、こちらからは、起動できないんです)

で、試しに、新規内蔵ハードディスクから起動してみると…。
バッチリ、起動できました。ヤッタ!。
(ハードに弱い私にとっては、こんなことでも、素直にうれしいのです)

が、新規ハードディスクの中を見ると、見慣れない、エイリアスのようなものが、
いくつかあります。

こんなもの、どうせいいらないんだろうと思い、捨ててしまいました。
他にも、いろいろいじったのですが…。

そのせいですね。再起動してみると、

なんと、起動しない。画面は真っ暗。
そして、謎の、
/etc/master.passwd: No such file or directory
-sh-2.05b#
という文字が…。
数分後、ブォ?という大きなファン音。

はあ?、なんでこうなるの、という感じです。
とりあえず再起動し、その直後、MacOS DVDをすかさず入れて、DVDから起動し、
起動後、いままでのハードディスクを「起動ディスク」に選択して、
通常通り、起動できるようにはしたのですが、
もう一度、新規ハードディスクから起動させるためには、
どうすればいいのか、わかりません。

というわけで、Macに詳しい友人に相談すると、
新規ハードディスクの内容をぜんぶ消去して、もう一度、
フォーマットして「復元」からやりなおして。とのことでした。
ええっ、また、二時間もかかるではないですか。
でも、ここは辛抱して、もう一度、同じ作業を繰り返しました。

そうして、なんとか作業終了。
もとどおり、新規内蔵ハードディスクから起動できるようになりました。

わけのわからないものでも、フォルダを勝手に捨てると、
痛い目に遭うということを、身を持って体験してしまいました。





コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/214-6b93789c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)