モーガンスリーホイラー前面

昨日の日曜、MINIでお出かけをしてきました。
今回、出掛けたのは、北陸は石川県の小松市にある、
日本自動車博物館です。

この博物館は、個人がコレクションした国内外の名車を、
一堂に展示した施設とのことで、
その展示台数は、トヨタ博物館を上回るともいいます。

白川郷付近のミニ

天候は好天。
絶好のドライブ日和です。
世界遺産白川郷を経由して、小松まで行きましたが、
豪雪地帯であるはずの白川郷は、暖冬の影響で、極めて雪が少なく、
おかげで、道中、難無く走破できました。
(ただ、クルマの大敵、融雪剤がたくさん撒かれていました)

日本自動車博物館

こちらが、その自動車博物館の建物です。
赤煉瓦作りの、大きくて重厚な建物です。

場所は、先にも触れたように、石川県小松市にあます。
粟津温泉からもほど近く、
北陸の大動脈である国道8号線からもよく見えることから、
地域のランドマーク的存在となっているのではないでしょうか…。

館内の様子

建物は三階建てて、各フロアに、カテゴリー別に分類されたクルマが、
展示されています。

ただ、それぞれのクルマの展示方法は、
限られたスペースに無理にクルマを押し込めた、という感が否めません。
展示車の多くは、車体の左右前後は、あまり間隔がなく、
各クルマを鑑賞するには、少し不満が残ります。

また、コンディションのよくないクルマも多数あり、
館内の照明もどことなく暗く、いささか残念な気がします。

もっとも、この博物館は、個人のコレクションの展示ということであり、
自動車メーカーなどが運営する自動車博物館と比べるのは、
ちょっと酷かもしれません。

でも、この博物館には、ここにしかない、貴重なクルマも存在します。

くろがね四起

それが、コチラ。くろがね四起です。
旧陸軍でも使用した四輪駆動車で、つい最近、タミヤやハセガワ、
ピットロードなどで模型化され、戦車マニアのあいだでは、
つとにポピュラーな車輛です。

展示車輛は、模型化された型式とは、フェンダーなどのかたちが、
ちがうようですが、この目で、くろがね四起の実車が見られることに、
ちょっと感動してしまいます。

ただ、こんなに高い位置に…、
天井ぎりぎりの位置に展示する必要が、どこにあるのでしょうか。
せっかくの貴重な車輛も、下から見上げるようにして、見物するしかありません。

メルセデス190SL

さて、こちらは、俳優である夏木陽介氏所有の、
メルセデス190SLです。
こちらは、個別の展示ブースを設けて展示してあり、
また、車輛のコンディションも格段にすばらしく、マニア垂涎の的になっていました。

このスパルタンでセクシーなデザイン…。
もう、見とれてしまいます。

モーガン・スリーホイラー

モーガン・スリーホイラーです。
その名の通り、三輪車で、しかも、エンジンが前面に露出する、
独特のデザインです。
クルマでありながら、バイクの魅力を兼ね備えたような、ユニークな車輛です。

トッポリーノ

こちらはトッポリーノです。
ローマの休日で、このトッポリーノの姿を見た人も、多いのではないでしょうか。
この時代のクルマには、なんだか、愛嬌がありますネ。

国産車、外車、ともに、各時代のものがあり、
しかも、軍用車やバイクの展示までもありました。

こうして、館内を一通り見て回ってきました。
クルマ好きには、(クルマ好きでなくとも)楽しめる施設です。

ちなみに、融雪剤のなかを走り抜けてきたMINIは、
今朝、下回りを洗車しておきました。





コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/215-49725da6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)