ハンドルを握るヨメ

今月末の土曜日から、全国の高速道路料金が、
ETC付きの自家用車に限り、どこまで走っても一律千円となりました。
(この割引が適用されるのは、土日祝日だけだそうですが…)

とはいうものの、我が家には、ETCを搭載したクルマはなく、
せっかくのこの朗報も、ただ静観するのみになるはずだったのです。
いくら割引があるからといっても、だからといって、
そのためにわざわざETCを付ける予定はないですし。

ところが、今回、いろいろと事情があって、我が家でも、
このETC割引を体験できることとなりました。

さて、その事情なのですが…。

今月で、ヨメさんのプジョー306の車検が切れることとなり、
再度、車検を受けるべきかどうか、で、ヨメさんが、
いろいろと悩みはじめたのが、そのきっかけでした。

ヨメさんのプジョーは、すでに走行10万キロを超えていて、
しかも、これだけの距離を走っていながら、
タイミングベルトの交換を一度もしたことがなく、
さらには、ブッシュのヘタリによって、足回りからは時折異音がしており、
なおかつ、マフラーには何度も穴が空き、もはや付け焼き刃的な修理は不可能となっていました。
しかも、事態は、さらに進行し、どうやら、
クラッチさえも滑り始めているのではないか、という、症状も出始め、
もはや満身創痍といった状態でした。

このプジョーを、今後も安心して乗れるように、
きちんと整備すると、かなりの金額がかかってしまいます。
と、まあ、そんなわけで、
プジョーを廃車にすべきか、あるいは、費用をかけてきちんと修理するのか、
二者択一を迫られていたわけです。

その結果、結局、ランニングコストがかかりすぎるということで、
プジョーは、泣く泣く廃車にすることにしました。
ヨメさんにとっても、私にとっても、このプジョーは、愛着があっただけに、
まさに、苦渋の決断でした。

その後、ヨメさんは、いま現在、
お兄さんが所有していたプジョー106を借りてきて乗っているのですが、
このプジョーには、なんと、ETCが取り付けられていたのです。

というわけで、晴天の日曜、割引にもなることだし、
高速道路に乗ってみることにしました。
行き先は愛知県の岡崎市です。

ドライブの目的地を岡崎市に選んだわけは、
岡崎市に在住する、かみかぜいのうえさんという画家の方が、
29日まで、自宅画廊で個展を開いているとのことで、
この機会を生かして、作品を拝見させていただければ、と、思ったわけです。

ここ飛騨高山から愛知県岡崎市に向かうには、
地元の高山インターから、中部縦貫道に乗って南に走り、
美濃関ジャンクションで、東海環状自動車に入るというルートを辿ることとなります。

いざ、高速道路へ

というわけで、まずは高山インターへ。
運転手はヨメです。
こちらは、まだ、無料区間で、この先の飛騨清見ICからが有料区間です。
この飛騨清見ICに、料金徴収ゲートがあります。

ETC専用ゲートへ

そして、間近に迫るETC専用ゲート…。
これは、ほんとうに、開くのでしょうか…。
もう、ドキドキです。開かなかったらどうしよう。

ゲート通過

が、無事、シャキーンとゲートオープン。
緊張のあまり、ゲートが開く瞬間の画像が撮れませんでした。残念。
(シャッターを切った時には、すでにゲートは後方に去っていました)

高速料金が安くなる最初の日曜とあって、かなりの混雑が予想されたのですが、
まったくそんなこともなく、スイスイと走れました。

雪を見つつ

さすがに清見(高山市清見町)のあたりは、冷え込みが厳しいらしく、
まだ、かなりの雪が周囲にはありました。
プジョーは通常タイヤを履いているので、もし、路上に雪があり、
チェーン規制が出ているようなら、岡崎行きはあきらめるところでした。

好天の高原

絶好の好天のなか、スムースに飛ばし、目的地にいちばん近い目指すインターまで、
結局のところ、二時間強で到着しました。
高速道路を使わない場合は、五時間はかかる距離です。さすがに、早いですネ。
高速道路の恩恵を身にしみて感じました。

目的地に到着

そして、かみかぜいのうえさんのギャラリーを難無く発見。
このあたりは、岡崎市の市街地からは離れていて、自然のとても豊かな場所です。

かみかぜさんは、もともと、サラリーマンをなさっていたそうですが、
プロの画家に転向し、いまでは、ヨーロッパで、いくつもの賞を獲得し、
また、パリ国際サロン、スペイン国立・プラド美術館財団にも、
会員として、名を連ねていらっしゃるとのことでした。

作品の多くは、アクリルで描かれていて、ビビットな色使いと、
パワフルな筆のタッチのなかに、繊細さが見受けられる、すばらしいものです。

突然の訪問にもかかわらず、私たちに、
気さくにお話をしてくださり、とても楽しく有意義な時間を過ごすことができました。
ギャラリーもアットホームな雰囲気で、癒しの空間といった感じです。

さて、夕方四時を回り、かみかぜさんのところをおいとまして、
一路、飛騨高山を目指します。

いままで来た道を逆に辿るのですが、いつもなら、
行きと帰りのルートを変える私たちですが、今回は、素直に、
同じルートを辿って帰ることにしました。

帰り道も、行きと同じようにスムースでしたが、
反対車線は、いくらか、車列が繋がっている箇所もありました。
おそらくは、飛騨高山に観光に行ったクルマが列を成していたと思います。

高速道路料金で、観光地、行楽地は、賑わったのではないかと思いますが、
その他の地域では、さしてふだんの日曜と変わらなかったのではないでしょうか。

テンサン・ラリー

というわけで、料金一律千円制度を満喫したドライブとなりました。




●ブログランキングに参加しました。
コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント

その料金制度を、私も満喫したいと…


独身の頃でなくて、よかったのか残念なのか…(笑)
sau│URL│03/31 23:58│編集

sauさん、こんばんは~!!。
レスがすっごく遅くなってしまって、ホントにスミマセン。
4月1日に熱を出してしまって、以後、ふせってました。

で、高速道路料金のETC割引ですが、
ぜひとも、この制度を、満喫してください!。
渋滞もさほどしてないし、ホントに快適です。

sauさんが独身の時にこの制度があったなら、きっと、
高速に乗りまくっていたかもしれないですネ。
(そんなこと、ないのかなあ~)

KEN│URL│04/03 21:45│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/224-1425fafb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)